未公開シーン集(監督:犬童一心&樋口真嗣、プロデューサー:久保田修によるオーディオコメンタリー付き), 大放尿! 江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる吉良上野介への仇討を超熱望!しかし、討入りに必要な予算は9500万!果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事【決算】することができるのか! 4)鳳月杏 92期・研15. 映画「のぼうの城」の世界解禁!! 6)風間柚乃 100期・研7. それはつまり、根底にある現代的感覚。 惜しい。残念。勿体ない… 1970年生まれ、茨城県出身。主な作品『アヒルと鴨のコインロッカー』(07)、『チーム・バチスタの栄光』『ジャージの二人』(08)、『フィッシュストーリー』『ジェネラル・ルージュの凱旋』(09)、『ゴールデンスランバー』『ちょんまげぷりん』(10)、『映画 怪物くん』(11)、『ポテチ』(12)、『みなさん、さようなら』『奇跡のリンゴ』(13)、『白ゆき姫殺人事件』(14)、『予告犯』(15)、『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』『殿、利息でござる!』(16)、『忍びの国』(17)。本作のノベライズも手掛けており、同名小説「決算!忠臣蔵」が発売中!, 「まさか自分が忠臣蔵を!?」と以前、弱気なコメントをつぶやきました。前々作『殿、利息でござる!』は金が貯まっていくサクセスストーリー、しかし今回はひたすら減っていくお話です。さらに大石内蔵助といえば、時代劇を代表するスーパースター、かつ日本人にとって理想のリーダー。そんな英雄が金の使い道に悩み、細かい出費に振り回される様が、果たして面白いんだろうか……いや、面白いんですこれが。傑作ができました! 金を貯める人、使う人、節約する人、余計な買い物をしてしまう人、おごり好きな人、自腹だとセコい人、なんでも金で解決する人、金より知恵で乗り切りたい人……どんな人でも身につまされるお金のお話。何をするにも「予算」があります。武士の一分も先立つものがなければ話にならない。きっと皆さんは、赤穂浪士の誰かとご自身を重ね合わせることでしょう……そう、大石内蔵助の今回の敵は、身内、赤穂浪士です! 日本人の冬の風物詩、忠臣蔵が久方ぶりに帰って参りました。ドライブ感満載、エネルギッシュな、かつて見たことのない忠臣蔵、ご期待ください!, 1957年生まれ、岡山県出身。 歴史学者。東京大学文学部国史学科卒。東京大学史料編纂所教授。主な著書「江戸お留守居役の日記」、「島津義弘の賭け」、「歴史をつかむ技法」、「格差と序列の日本史」、「赤穂事件と四十六士」、「歴史の勉強法」、「天皇125代と日本の歴史」、「流れをつかむ日本史」、「教科書には書かれていない江戸時代」など。主なTV出演にNHKeテレ「知恵泉」、NHK「ラジオ深夜便」など。, 1973年生まれ、埼玉県出身。主な作品『セーラー服と機関銃-卒業-』『TOO YOUNG TO DIE! あらすじ. 5)暁千星 98期・研9. 若くして死ぬ』『何者』(16)『忍びの国』『泥棒役者』(17)、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『人魚の眠る家』(18)、『チワワちゃん』『Diner ダイナー』(19)など。好物はからあげ。, 1969年生まれ、広島県出身。主な作品『フィリップ君。』(93)『娘道成寺 蛇炎の恋』(04)、『関西ジャニーズJr.の京都太秦行進曲!』(13)、『超高速!参勤交代』シリーズ(14、16)『家族はつらいよ』シリーズ(16~18)、『花戦さ』(17)、『居眠り磐音』(19), 1972年生まれ、神奈川県出身。主な作品『ガチ☆ボーイ』(08)、『ヘルタースケルター』(12)、『悼む人』『予告犯』(15)、『何者』(16)、『忍びの国』『泥棒役者』(17)、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『人魚の眠る家』(18), 1967年生まれ、埼玉県出身。主な作品『タイヨウのうた』(06)、『八日目の蟬』(11)、『永遠の0』(13)、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』(15)、『TOO YOUNG TO DIE! 田楽踊り虎の巻! 2)美園さくら 99期・研8. 周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)。 領主・成田氏一門の成田長親は、領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれ、親しまれる人物であった。 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東最大の勢力北条氏の小田原城を攻略せんとしていた(小田原征伐)。 』(16)、『忍びの国』(17)、『翔んで埼玉』『スタートアップ・ガールズ』(19), 1993年生まれ、千葉県出身。主な作品『劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-』(13), 1962年生まれ、大阪府出身。主な作品『相棒』シリーズ(08、09)、『きな子〜見習い警察犬の物語〜』(10)、『超高速!参勤交代』シリーズ(14、16)、『殿、利息でござる!』(16)、『空飛ぶタイヤ』(18), 1948年生まれ、兵庫県出身。主な受賞歴『芸術選奨文部科学大臣賞』(09)、『紫綬褒章』(10)、『大阪市市民表彰』(14)、『兵庫県文化賞』(16), 1955年生まれ、愛知県出身。主な作品『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』(04)、『カラスの親指』(12)、『トリック劇場版 ラストステージ』(14)、『文福茶釜』(18), 1963年生まれ、大阪府出身。主な作品『空気人形』(09)、『電人ザボーガー』(11)、『杉原千畝 スギハラチウネ』(15)、『泣き虫しょったんの奇跡』『かぞくいろ –RAILWAYS わたしたちの出発–』(18)、『おいしい家族』(19), 1976年生まれ、愛知県出身。主な作品『愛の渦』(14)、『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』『SCOOP!』(16)、『関ヶ原』』(17)、『孤狼の血』(18), 1948年、兵庫県出身。主な作品『武士の一分』(06)、『家族はつらいよ』シリーズ(16、18)、『散歩する侵略者』(17)、『空飛ぶタイヤ』(18)、『マスカレード・ホテル』『男はつらいよ お帰り 寅さん』(19). ?涙と笑いの予算達成エンタテインメント!5.2[土]Blu-ray & DVD発売・レンタル開始! 7)千海華蘭 92期・研15. 7)千海華蘭 92期・研15. これがホンッッットに、イラネ。, 昨日、両親は一本映画を観て、帰宅して子牛にミルクを与えてから別の映画館へもう一本観に行っててヘルパーから呼びたされたわけで、一本目の映画はのぼうの城。母曰くつまらなかったと。. How To Dance The DENGAKUODORI.(野村萬斎によるオーディオコメンタリー付き). 私はちまちま、キャスト別感想を書いてきました。 1)珠城りょう 94期・研13. 和田竜のベストセラー小説「のぼうの城」。70万部を越えて、直木賞の候補作にもなった小説。これが映画化。この秋公開される。映画の予告編の流され始めている。この原… 3)月城かなと 95期・研12. 5)暁千星 98期・研9. 映画『カノン』オフィシャルサイト。比嘉愛未×ミムラ×佐々木希の三姉妹が富山ー金沢ー東京を舞台におくる、母との絆の物語。2016年10月1日公開 和田竜の小説家デビュー作であり、第29回城戸賞(2003年)を受賞した脚本『忍ぶの城』を、映画作品を前提としたノベライズとして自ら執筆したものである。 表紙イラストはオノ・ナツメが担当している。. のぼうの城 オールスター仰天クイズ 天下を獲るのは誰だ!? 映画「のぼうの城」の世界解禁!! 一番は言葉遣い。 のぼうの城のリーダーシップへっぽこリーダーシップ。助けてもらう、自分がやらなきゃと思わせるリーダー。そのために普段からの同じ目線、絶対的信頼が必要。映画としてはうーん…って感じだった。, 映画はエンディングまでちゃんと見て帰ります。先日、のぼうの城を見たとき意外なエンディングでちゃんと見て良かったぁと思いました。早々に帰ってしまう人たちはもったいないと思いましたね。, りょーたとゆーだいとのぼうの城うぃる(✿◕‿◡)♬ のぼうの城 オールスター仰天クイズ 天下を獲るのは誰だ!? 『のぼうの城』(のぼうのしろ)は、和田竜による日本の歴史小説。またそれを原作とする2012年の日本映画。, 和田竜の小説家デビュー作であり、第29回城戸賞(2003年)を受賞した脚本『忍ぶの城』を、映画作品を前提としたノベライズとして自ら執筆したものである。表紙イラストはオノ・ナツメが担当している。, 2008年には花咲アキラの作画によりコミカライズされた同名作品が、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載された。, 第139回直木賞(2008年上半期)ノミネート、2009年の第6回本屋大賞第2位。, 周囲を湖に囲まれ、浮城とも呼ばれる忍城(おしじょう)。領主・成田氏一門の成田長親は、領民から「でくのぼう」を略して「のぼう様」と呼ばれ、親しまれる人物であった。, 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東最大の勢力北条氏の小田原城を攻略せんとしていた(小田原征伐)。豊臣側に抵抗するべく、北条氏政は関東各地の支城の城主に籠城に参加するよう通達した。支城の一つであった忍城主の氏長は、北条氏に従うように見せかけ、手勢の半数を引き連れて小田原籠城作戦に赴きつつも、裏では豊臣側への降伏を内通していた。, 「武州・忍城を討ち、武功を立てよ」秀吉にそう命じられ、石田三成は大軍勢を率いて忍城に迫る。軍使として遣わされた長束正家は、成田氏が既に降伏を決めていることを知りながら、戦を仕掛けるためにあえて傲慢な振る舞いをし、まんまと策略にはまった総大将・長親は「戦」を選択した。当主・氏長より降伏を知らされていた重臣たちは、初め混乱するが覚悟を決め、かくして忍城籠城戦は幕を開けた。, 三成率いる2万超の軍勢に、農民らを含めても3千強の成田勢。総大将たる長親は、将に求められる武勇も智謀も持たない、その名の通りでくのぼうのような男。だがこの男にはただ一つ、他人に好かれる才能、特に異常なほどの民からの「人気」があった。, 地の利と士気の高さから、緒戦は忍城側の圧勝であった。三成は、近くを流れる利根川を利用した水攻めを行うことを決定する。総延長28キロメートルに及ぶ石田堤を建設し、忍城と城下本丸を除いて水に沈む。この水攻めに対する長親の策は、城を囲む湖に船を出して、敵兵の前で田楽踊りを披露することであった。, 三成の指示で雑賀衆が田楽踊りを踊る長親を狙撃するが、長親は一命を取り留める。その後、城に入らず場外で堤作りに雇われていた百姓らも長親が撃たれたことの怒りから石田堤を壊す者が現れ、ついには水攻めが失敗する。, 水が引き、三成軍が総攻撃を行おうとする矢先、小田原城が落城したとの知らせが成田勢にももたらされ、忍城も開城する。小田原城落城時までもちこたえた支城は忍城だけだった。, 犬童一心と樋口真嗣の共同監督で、2010年夏より製作開始、東宝とアスミック・エースの配給で2012年11月2日に公開された。TBS開局60周年記念作品。主演は野村萬斎。累計興行収入28.4億円を記録するヒット作となり[2]、第36回日本アカデミー賞で多数の優秀賞を受賞するなどの評価を受けた。, 2010年8月15日、クランクイン。合戦シーンの撮影は、北海道苫小牧市でロケが行われた。主題歌の「ズレてる方がいい」のPVも苫小牧市で撮影された。, VFXが多用され、VFXカット数は約350カット、マットペイントは約50カットに及ぶ。VFX制作にはモーターライズを中心としてマリンポスト、日本映像クリエイティブ、ピクチャーエレメント、およびマットペイント担当のFudeの5社が参加した[3]。, 当初は2011年9月17日公開の予定だったが、「水攻め」のシーンがあることから東日本大震災による津波被害に配慮し、2011年4月22日には公開を2012年秋に延期することが発表され[4]、さらに同年5月9日には正式な公開日が2012年11月2日となったことが発表された[5]。震災の影響で公開が延期された映画の多くが比較的早期に公開決定したのに対し、本作は最も長期間延期されることとなった。プロデューサーの久保田修によれば、本作の「水攻め」描写は大震災を予見していたかのようなリアリティでありスタッフの優秀さに驚いたが、人間が水に飲み込まれてゆく描写がリアルすぎるため一部がカットされた[6]。また、映画公開直前の2012年9月11日には脚本完全版が発売され、原作者の和田竜は「オリジナルの脚本のまま上映しようとすると240分以上必要で、15億円以上の制作費が必要になってしまう」とコメントし、オリジナル版から大幅にカットして145分の作品に仕上げた。, キャッチコピーは「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」。, TOHOシネマズスカラ座他全国328スクリーンで公開され、2012年11月2-4日の初日3日間で興収5億490万1,150円、動員40万9,352人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第1位となった[7]。続く公開2週も累計興収は11億8,404万5,250円、累計動員は98万2,363人となり2週連続第1位となっている[8]。, 第36回日本アカデミー賞において、以下の10部門で優秀賞を受賞し、そのうち美術賞で最優秀賞を受賞した。, 第34回ヨコハマ映画祭において、本作と『その夜の侍』『悪の教典』の3作品での演技により、山田孝之が助演男優賞を受賞している[9]。, ロサンゼルスで開催されている「LA EigaFest 2012」にてクロージング映画として上映された。, 秩父鉄道では、7000系電車に本作と行田市の観光ビジュアルをラッピングした「行田市観光ラッピング電車」を、2012年10月8日から2013年1月6日まで運行した[12]。, 2017年1月、オトバンクのオーディオブック配信サービスの「FeBe」でオーディオブック版が配信された[13]。, “震災で公開延期になっていた『のぼうの城』が11月2日公開に決定! 主題歌はエレカシ”, http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=3911, https://www.teletama.jp/newsrelease/?year=2019, 累計200万部突破のベストセラー小説『のぼうの城』、小野賢章、杉田智和ら出演で初のオーディオブック化~文化放送とオトバンク共同制作で豪華音声ドラマに~, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=のぼうの城&oldid=79987166, ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録).