エンドア[1] 政治と年代の情報 [テンプレート], ウィケット・W・ウォリック(Wicket W. Warrick)はイウォークの男性で、森の月エンドアに住んでいた戦士。エンドアの戦いでレイア・オーガナと親しくなり、反乱同盟軍の作戦に進んで力を貸した。勇敢な戦士だったウィケットはレイアと出会う前から銀河帝国の兵器を破壊する方法をみずから考え出しており、反乱軍の勝利に一役買った。, 帝国時代、イウォークのウィケット・W・ウォリックは森の月エンドアに住み、チャーパが村長を務めるブライト・ツリー村で生活していた。ほとんどのイウォークは樹上の家で生活を送ったが、ウィケットの一家は地上に住居を構えていた。 ウィケットがまだ若いころ、エンドアは第2デス・スターの建造地点に選ばれ、銀河帝国の軍隊が森の月に降り立った。帝国は原住民であるイウォークの存在を無視し、森を切り開いて駐屯部隊を配置したが[3]、勇敢な戦士だったウィケットは彼らの兵器を破壊するための作戦を独自に考えていた。[2], 4 ABY、新しい惑星破壊超兵器がエンドア上空で建造されていることを知った共和国再建のための同盟(反乱同盟軍)は、地上に設置された偏向シールド発生装置を破壊するため、ハン・ソロ将軍率いる潜入チームを現地に送り込んだ。この日、ウィケットは森の中で2機の74-Zスピーダー・バイクが墜落した現場に出くわし、その近くに倒れていた反乱軍のプリンセス・レイア・オーガナを発見する。レイアは偵察任務中に帝国のスカウト・トルーパーと遭遇し、スピーダー・バイクに乗って高速の戦いを繰り広げた際に機体から落下して意識を失ったのである。(相手のトルーパーは樹木と衝突して命を落とした)。ウィケットは恐る恐るレイアに近づき、彼女を槍でつついて起こした。[1], 目を覚ましたレイアは小柄な原住民に対してすぐに警戒心を解き、親しげに語りかけたが、ベーシック言語が理解できないウィケットは彼女に心を許さず、うかつに近寄ろうとしなかった。するとレイアはポーチに入れていた携帯食を取り出し、ウィケットに分け与えた。レイアが敵ではないことを知ったウィケットは倒木で隣合わせに座って携帯食をかじり始めたが、彼女がヘルメットを脱ぐしぐさにすら用心を怠らなかった。その時、ウィケットは近くの茂みに誰かが潜んでいることに気づき、鼻をうごめかせながら周囲を見回した。その直後、どこからともなくスカウト・トルーパーのブラスター弾が発射され、2人は倒木の影に隠れた。レイアは背後から近寄って来たトルーパーに銃を突き付けられたが、ウィケットは木の下から敵の不意を突き、レイアが反撃するチャンスを作った。レイアがトルーパーを倒した後、ウィケットは彼女を自分の村へと案内した。[1], 一方、ブライト・ツリー村の別のイウォークたちは、レイアの仲間のルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、チューバッカ、ドロイドのC-3POとR2-D2を狩猟用の罠で捕まえ、村に運び込んだ。輝く金色のボディを持つプロトコル・ドロイドのC-3POを神様と勘違いしたイウォークたちは、他の反乱軍兵士を食材にして神様への捧げものにしようとした。原住民たちはC-3POの説明に耳を貸さなかったが、ジェダイのスカイウォーカーはフォースを使ってC-3POを浮遊させ、神の“魔法”を見せつけて言うことを聞かせた。[1], その夜、反乱軍はC-3POの通訳を介し、銀河内戦の経緯をイウォークに説明した。ブライト・ツリー村を率いるチャーパは反乱軍の兵士を部族に迎え入れると宣言し、村人たちはエンドアの戦いに力を貸すことになった。ウィケットもハン・ソロに抱きつき、新しい仲間への歓迎の意を示した。[1], 翌日、ウィケットはパプルーとともにハン・ソロ、レイア、チューバッカたちパスファインダー部隊をシールド発生装置の近くまで案内した。レイアは基地の正面の入り口に辿り着くのは至難の業だと考えたが、ウィケットはパプルーと相談し、彼女たちを施設への“秘密の入り口”を連れていくことにした。シールド・バンカーの裏口に到着すると、パプルーはソロの作戦を無視して単独で行動を起こし、施設の前に停めてあったスピーダー・バイクを奪って見張りのトルーパーの注意を逸らした。ソロたちはパプルーの思わぬ活躍のおかげでバンカー内部に潜入することができたが、しばらくすると大勢の帝国軍兵士がバンカーの外に集まり、反乱軍の後を追って次々と中へ突入していった。外の茂みに隠れて待機していたウィケットは、予定外の事態に対処するため、C-3POの制止を無視して仲間を呼びに森の中へ消えていった。[1], ウィケットはチャーパ、ログレイ、ティーボたちを連れてシールド・バンカーに戻り、帝国の捕虜になっていた反乱軍兵士を解放した。これを合図にほかのイウォークたちも一斉に戦闘を開始し、スカウト・トルーパー、ストームトルーパー、AT-STウォーカーとの激しい銃撃戦が始まる。帝国はわざとシールド発生装置の情報を流して反乱軍を罠に誘い込んだにも関わらず、イウォークという予期せぬ援軍の登場によって敗北を喫した。ソロたちがシールド・バンカーを爆破した後、エンドア上空で戦っていた同盟軍艦隊はバトル・ステーションへの直接攻撃を開始し、破壊に成功した。デス・スターが粉々になると地上のイウォークからも歓声が上がり、ウィケットは興奮のあまりソロとレイアの2人だけのひと時を邪魔してしまった。[1], エンドアの戦いの後、ブライト・ツリー村で勝利を祝う式典が催された。ウィケットも他のイウォークたちと一緒にダンスを踊り、R2-D2に抱きついた。[1] 翌日、月の裏側に帝国の前哨基地が残っていることを知った反乱同盟軍は、エンドアを離れる前に帝国の残党を一掃することに決めた。ウィケットは少なくとも5人のイウォークと一緒に攻撃チームに参加し、シャラ・ベイ中尉が操縦するシャトルに乗り込んだ。移動中、ベイ中尉は船内の機械類をいじろうとするイウォークたちに悩まされる。その後、反乱軍部隊は基地の奇襲作戦を成功させ、帝国の通信記録や、エンドア以降に予定されていた計画案を入手する。[4] 反乱軍がエンドアから撤退した時、ウィケットは聖なる木の種子をレイアに贈った。のちにレイアはルークの提案でその苗木を瞑想時に役立てるようになった。[5], ウィケット・W・ウォリックはイウォークの男性で、身長は0.8メートルだった。[2], アプリをダウンロードすれば、いつでもどこでもお気に入りのコミュニティに簡単にアクセスできます。, https://starwars.fandom.com/ja/wiki/ウィケット・W・ウォリック?oldid=269033. 木々の間でイウォーク族のウィケットのように暮らしたいと思っていたならチャンスだ。この部屋はまるで鬱蒼とした森の中にあるようで、壁には本物のような木の幹があしらわれている。 人物の情報 概要. 投球や打撃が行われる長方形の場所。グラウンドの中央に位置し、ピッチ両側の端にウィケットを立てる。ウィケット間は、正式な試合で20.12mだが、ジュニアの試合などでは15m mixi. 3本の棒 (スタンプ) を立て、その上にベイルをおいた物。 ピッチ. 茶色[1] ^ a b c “イウォーク物語”. 4 ABY、新しい惑星破壊超兵器がエンドア上空で建造されていることを知った共和国再建のための同盟(反乱同盟軍)は、地上に設置された偏向シールド発生装置を破壊するため、ハン・ソロ将軍率いる潜入チームを現地に送り込んだ。この日、ウィケットは森の中で2機の74-Zスピーダー・バイクが墜落した現場に出くわし、その近くに倒れていた反乱軍のプリンセス・レイア・オーガナを発見する。レイアは偵察任務中に帝国のスカウト・トルーパーと遭遇し、スピーダー・バイクに乗って高速の戦いを繰 … 種族 男性[2] 『イウォーク物語』(原題:Ewoks または Star Wars: Ewoks)は1985年から1987年までルーカスフィルムによって制作されたスター・ウォーズシリーズのスピンオフ作品[1]である。, 『イウォーク物語』は、スター・ウォーズシリーズに組み込まれたアニメーションTVシリーズである。, このシリーズは『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』に登場したイウォークのキャラクターたちに焦点が当てられている。ルーカスフィルムに代わってネルヴァーナが制作したイウォーク物語は、1985年から1986年にかけてABCによって放映された。, 『イウォーク物語』はエンドアの戦いの直前、すなわち『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の前の時代におけため、『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』と『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の間のストーリー[1]となっている。, 森林衛星エンドアでのウィケット・W・ウォリックとその友人たちの冒険談[1]となっている。, スター・ウォーズシリーズを通しての主要な悪役は、部族の呪い師「ログレイ」に私恨を抱くタルガーの魔女、モラーグである。また、イウォークの近縁種にあたるライバル種族、デュロックも登場する。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=イウォーク物語&oldid=79417460, マーグーブ - 不明(VHS吹き替え版) / 後藤敦(DVD吹き替え版) / エリック・ピーターソン(原語版), ボンドー - 不明(VHS吹き替え版) / 西村知道(DVD吹き替え版) / ドン・マクマナス(原語版), フーム - 原語のみ(VHS吹き替え版) / 渡部猛(DVD吹き替え版) / ジョン・ストッカー(原語版). イウォーク族は森林豊かな衛星 エンドアに住む種族で、低身長で小柄な体躯のクマのような外見をしている。 身長はおよそ1メートル程度。密林によく順応した生活を送っており、エンドアに自生する巨大な木の中ほどにロフト状の家屋を作り、部族単位で生活している。 出身地 まさかのイウォーク! 『ジェダイの帰還』に出てきた「ウィケット・ウィストリ・ウォリック」はすでに死んでいると思いますが、イウォークは大好きなキャラクターなので、出てきてくれて嬉しかったで … 性別 デス・スターを護るシールド発生施設の破壊のためエンドアへと向かったレイア姫たちその途中で仲間たちとはぐれてしまったレイア姫はウィケット・w・ウォリックという名の原住民イウォークと仲良くな … イウォーク族の主要人物の1人「ウィケット・w・ウォリック」を演じていたのがワーウィック・デイヴィスという小人症の俳優です。「スターウォーズシリーズ」以外の代表作には、映画「ハリーポッターシリーズ」のフィリウス・フリットウィック教授を演じたことで有名です。 ブライト・ツリー部族[3]共和国再建のための同盟[2] (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドクター・ストレンジ -《BATTLE ON TITAN》 EDITION-(アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー): 映画『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』バージョンのドクター・ストレンジが再販決定です!しかもただの再販ではなく「新規頭部」「布製マント」「多数の新規パーツやエフェクトパーツ」, ホットトイズより新商品の案内です。 今回ホットトイズ社より発表されたのは、今年メガヒットした映画「アベンジャーズ エンドゲーム」から復活した雷の神「ソー」です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』のホットトイズ商品としてはBIG3の中でも最後の製品化となり待ちに待った人も多いはず。, 今回発表されたのは、映画『スパイダーマン ファー フロム ホーム(以下スパイダーマンFFH)』よりジェイク・ギレンホール演じる 「ミステリオ」のムービーマスターピース(以下MM)シリーズ。豊富な差し替え用ハンドパーツを併せて使用すれば、劇中のさまざまなシチュエーションを再現することができる。, 今回発表されたのは、映画『スパイダーマン ファー フロム ホーム(以下スパイダーマンFFH)』よりトム・ホランド演じる 「スパイダーマン(ホームメイドスーツ版」のムービーマスターピース(以下MM)シリーズ。, マフェックス版アイアンマンマーク85始動!: メディコムトイが提供する最高峰のフィギュアブランド「MAFEX」から映画『アベンジャーズ:エンドゲーム』で活躍したアイアンマン マーク85が待望の商品化です! ©MEDICOM TOY 最高のプロポーションと高い可動領域を両立!・マフェックス No.136・MAFEX :, ホットイズ『アベンジャーズ インフィニティ ウォー』1/6スケールフィギュア ウォーマシン マーク4 最終製品版フォトです。, 【ホットトイズ】 1/6スケール ムービーマスターピース 「レイア姫&ウィケット」. ワーウィック・デイヴィスが演じたイウォーク族のウィケット・w・ウォリックは、r2-d2役だった同じく小人症の役者が担うはずでした。しかし病気によって断念せざるを得ない状況になり、オーディションが開催されることになりました。 ウィケット. この口コミは、イウォークウィケットさんが訪問した当時の主観的なご意見・ご感想です。 最新の情報とは異なる可能性がありますので、お店の方にご確認ください。 詳しくはこちら また、イウォークの近縁種にあたるライバル種族、デュロックも登場する。 声の出演 メイン. 2019年5月3日 閲覧。 ^ DVD版では「ラタラ」と呼ばれていた。 ^ DVD版では「マラニ」と呼ばれていた。 ^ 「ウィケットの戦車」収録ミスのみ緒方賢一が担当。 ^ DVD版では「ウィリー」と呼ばれていた。 ^ DVD版では「ゴニーシュ」と呼ばれていた。 所属 身体の情報 「スターウォーズ」に登場するかわいい生物イウォーク族。「スターウォーズ」を観て知ってる方は、見た目は毛むくじゃらでかわいいんだけど、戦うとやたらと強いというイメージしかないのでは?「スターウォーズ」の本編には1作品しか登場していませんが、実はイウォーク族を主役にしたスピンオフ作品が制作されている人気者です。この記事ではスターウォーズの人気者イウォーク族の設定や豆知識などの情報を掲載しています。, 「スターウォーズ」では、ダースベイダーやC-3POなど作品に詳しくない方でも知ってる有名キャラクターが数多くいますが、今回取り上げるイウォーク族の知名度は、メインキャラと比べるとあまり知られていません。しかし、初登場するやいなや大活躍してスターウォーズファンに強烈なインパクトを残しています。この記事では、かわいくて強い謎の生物イウォーク族についての豆知識や可愛い画像を紹介します。, 83年公開映画『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で初登場した森の月エンドア(衛星エンドア)に生息する全長1メートル程の獣人。熊や犬のような可愛らしい動物の外見のわりに好戦的な性格で、優れた身体能力と狩猟技術を持っています。イウォーク族には独特の言語と文化があり、これまで外部の星とは関わることはない孤立した種族だったのですが、基地建設が目的の帝国軍によってエンドアは侵略されてしまいます。, 自然豊かな森林に囲まれた集落ブライト・ツリー村で暮らすイウォーク族は、石・木材・骨・獣の皮などを加工して家具や衣服、武器などを制作する原始時代に近い生活を送っており、近未来の兵器が主流の「スターウォーズ」の世界では致命的な文明レベルです。しかし、帝国兵のバイクを乗りこなすなど新しいテクノロジーを使いこなす順応性を持ち合わせ、地の利を活かした戦術で近代兵器を持つ帝国軍を圧倒する戦いを見せています。, 「スターウォーズ/ジェダイの帰還」の活躍では、帝国軍がエンドアに建造したデス・スターのシールド発生基地の機能を停止させるため反乱軍と共に降り立ったルーク・スカイウォーカーたちと接触し、故郷から帝国軍を追い出したいイウォーク族と反乱軍との利害が一致し、最終的に反乱軍に協力します。そして多くの犠牲を払ったもののイウォーク族の活躍もあって、反乱軍はシールド発生基地の停止させることに成功させます。, 意外にもイウォーク族を主役としたスピンオフ作品が制作されていて、84年にはテレビ映画『イウォーク・アドベンチャー 』(日本版DVDタイトルは『スターウォーズ/イウォーク・アドベンチャー勇気のキャラバン』)が放送されました。物語は、宇宙船がエンドアに不時着して両親と離れ離れになってしまった兄妹と友達になったイウォーク族が、巨大生物にさらわれてしまった兄妹の両親を救出しに冒険をするお話になります。, 85年には『エンドア/魔空の妖精』(日本版DVDタイトルは『スターウォーズ/イウォーク・アドベンチャー/決戦!エンドアの森』)放送されます。前作の続きから描かれてるのですが、前作を視聴してる方からするとあまりにも悲しい展開が待ち受けていることでも有名です。85~86年には連続TVアニメ『イウォーク物語』が放送され、シーズン2まで制作されてます。, イウォーク族の名前の由来ですが、アメリカ・サンフランシスコのマリンカウンティに所在するジョージ・ルーカスの映画製作会社ルーカスフィルム(現在ディズニーの傘下)周辺にはミウォークという名前のネイティブアメリカン(先住民族)が暮らしています。イウォークという名前は、その先住民であるミウォークに敬意を表して付けられた名前で、Miwork(ミウォーク)の頭文字Mを取り、Ewok(イウォーク)になったとされてます。, ちなみに日本ではイウォーク(Ewok)という名前で呼ばれてますが、この名前の呼び方は日本だけの表記になります。英語での正式な発音を日本語表記で書くと「イーウォック」昔の日本ではよくあるスペルの読み方の発音ミスなのですが、「イウォーク」は日本語表記としてルーカスフィルムから公認されている名前なので、訂正されることもなく「イウォーク」の名前で定着しました。, 「スターウォーズ」では様々な種族に名前や細かな設定があり、当然イウォーク族にもそれぞれ付けられた名前がちゃんとあります。「スターウォーズ/ジェダイの帰還」で、気を失っていたレイア姫を保護し、捕えられたルークたちを村の誰よりも早く認め、エンドアの戦いにて数々の帝国兵を撃退するなど彼が居なかったら反乱軍の勝利はありえなかったと言っても過言ではない主要人物のウィケット・W・ウォリック。, ルークたちを黄金神への貢ぎ物にしようとしましたが、最終的に反乱軍に協力して帝国軍と戦うことを決断をしたイウォーク族が暮らす村の酋長チャーパ。エンドアに到着したハン・ソロを罠で捕え、反乱軍に好戦的な態度を見せていた、戦闘部隊隊長でありウィケットの親友ティーボ 。エンドアの戦いにてチューバッカと協力して帝国軍のAT-STのテンペスト・スカウト2を乗っ取り、戦局の流れを大きく変えたウィドルとワンカ。, ルークたちを貢物にするようチャーパに助言しますが、ルークとC-3POの機転により回避し、最終的に村を追放されることになったイウォーク族の呪い師ログレイ。帝国軍のバイクを盗んで乗りこなすほどの順応性と、ログレイが村にかけた呪いを払い除けた、ウィケットとティーボの親友である呪い師パプルーなどがおり、もちろん紹介した以外のイウォーク族にもきちんと名前が付けられています。, 「スターウォーズ/ジェダイの帰還」でルークたちが本来訪れるはずだったのは、エンドアではなくウーキー族の母星「キャッシーク星」に訪れる予定でした。このウーキー族とは、ハン・ソロの相棒チューバッカの種族の名前になります。, 「スターウォーズ/ジェダイの帰還」で、キャッシーク星を舞台にデス・スターのシールド機能を消滅させるためウーキー族と協力して帝国軍と戦い、シールド基地の機能を停止させる予定でした。ルーカスはこの「スターウォーズ」という世界で、原始的な文明の種族が最新の兵器を所持した侵略者を倒すという構想が当初からありました。, しかし物語の構想が膨らみ、『スターウォーズ エピソード4/新たなる希望』で初登場したチューバッカに高度な文明の技術を身につけさせることになったため、本来ウーキー族の役目だった原始的種族の代わりとしてイウォーク族が誕生することになります。このウーキーとイウォークはルーカスの飼い犬がモデルで、「ベルジアン・グリフォン」「ブリュッセル・グリフォン」など複数の犬種を参考に生み出されました。, 石槍、弓矢、スリングショット(パチンコ)など重火器ではなく原始的な武器しか扱わないイウォーク族が、この「スターウォーズ」の世界の近代兵器を所持した帝国兵相手に勝利を収めた戦い方にはモデルが存在します。ベトナム戦争で、戦力の差が圧倒的な中、アメリカ軍に大打撃を与えて苦しめた北ベトナム軍のゲリラ戦法です。, ルーカスが「スターウォーズ」制作段階で構想していた「原始的種族が近代兵器を持った相手に勝利する」が、ベトナム戦争の北ベトナム軍とアメリカ軍に当てはまっており、北ベトナム軍が使用したゲリラ戦法をベースにイウォーク族の戦法が誕生しました。, 「スターウォーズ/ジェダイの帰還」で使用されたイウォーク族の戦法は、帝国軍の兵士を挑発して得意な密林へと誘い込んで矢や投石の雨を降らせ、丸太を転がしてAT-STウォーカーの体勢を崩させるなど地形を活かした数々の罠を仕掛けるほか、槍やナイフによる白兵戦へと持ち込むなど罠や奇襲を巧みに使った戦法で強力な兵器を持つストームトルーパーやウォーカーといった帝国兵を追い詰めてます。, 「スターウォーズ」では様々な惑星の種族と言語が登場し、イウォーク族が話す言語は「イウォーク語」というとても不思議な言葉を使います。この「イウォーク語」の誕生秘話ですが、「スターウォーズ」以外にも『インディ・ジョーンズ』や『E.T』など数々のヒット作を手掛けたサウンドディレクターのベン・バートが、テレビのドキュメンタリー番組で年配女性がチベット語を話しているのを聴いて発想を得ました。, その後ベンは、中央アジア出身の高齢のおばあさんと出会います。おばあさんは亡命をしてきたばかりで、今までモンゴル草原で部族をしていました。ベンは、おばあさんの息子に通訳を頼んで聞かせてもらった昔話などの会話の音声を録音します。そして作曲家ジョン・ウィリアムズと共に早送りや逆回しなど試行錯誤を繰り返し、中央アジアの複数の国の面白い響きの言葉を繋ぎ合わせて誕生したのがイウォーク語になります。, 中央アジアの言語の中には日本語も含まれており、日本語らしき言葉が聞こえるシーンがいくつも確認できます。「スターウォーズ/ジェダイの帰還」では、レイア姫と協力してストームトルーパーを倒したときの第一声が「ヤッチャー」だったり、チューバッカとAT-STを乗っ取ったシーンでは、操縦するときの台詞が「オレヤラナキャナ」など日本語らしきを台詞を言ってるので、耳を凝らして聴いてみると面白いでしょう。, 「スター・ウォーズ/エピソード6」公開当時は当然CGといった技術はなく、俳優がきぐるみや特殊メイクを施して演じていました。イウォーク族は約1メートルと小柄な種族のため、小人症(肉体の成長はせずに幼児体型のまま歳を取る病気)の俳優がイウォーク族を演じていました。, このイウォーク族を演じた小人症俳優の中に、のちの大ヒット映画にも出演している俳優が演じています。イウォーク族の主要人物の1人「ウィケット・W・ウォリック」を演じていたのがワーウィック・デイヴィスという小人症の俳優です。「スターウォーズシリーズ」以外の代表作には、映画「ハリーポッターシリーズ」のフィリウス・フリットウィック教授を演じたことで有名です。, ワーウィックが11歳の頃、祖母がラジオで役者の募集を聴いていたことがきっかけで役者の道に進むことになり、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』でデビューします。この時ワーウィックはイウォーク族のエキストラを演じ、R2-D2役で知られるケニー・ベイカー(同じく小人症)がウィケット・W・ウォリックを演じる予定でした。, しかしケニーが病気によってウィケッドを演じることができなくなったため、ワーウィックに白羽の矢が立てられました。ワーウィックが選ばれた理由は、そこに一匹の本物の犬がいるかのようにイウォーク族を演じてなりきっていたからです。ワーウィック曰く自分の飼い犬の動きを真似した動きで、犬がモデルだったイウォーク族とマッチして誰よりも上手く演じ、重要なウィケット・W・ウォリックという大役を見事に勝ち取ります。, その後ワーウィックは、外伝作品『イウォーク・アドベンチャー』2作品に同じウィケッド役で出演。『スターウォーズ  エピソード1/ファントム・メナス 』では、ウィーゼル、ウォルド、ヨーダ(歩行シーンのみ)役で出演し、2015年から新たに始まった約10年ぶりとなる「スターウォーズ」新シリーズにウォリヴァン役で出演しています。, こちらの画像は、「スターウォーズ/ジェダイの帰還」のイウォーク族の主要人物の1人、ウィケット・W・ウォリックの立ち姿です。槍を持ってる姿がいかにも部族らしく勇敢ですが、見た目で、どうしてもかわいく見えてしまいます。, こちらの画像は、ウィケットがナイフで武器をこしらえてるシーンです。これが普通の部族や強面の人がやると独特の緊張感とかっこよさがあるのですが、スターウォーズの中でもかわいい部類に入るイウォーク族がやると緊迫した雰囲気が感じられません。, こちらの画像は、エンドアに到着後に帝国軍と交戦して気を失ってしまったレイア姫を発見し警戒するも、レイアから携帯食をもらって仲良くなったときの1シーン。このウィケットの首の向きと手の位置があまりにもかわいすぎる1枚です。, こちらの画像は、スターウォーズ外伝作品『イウォーク・アドベンチャー』での1シーン。トワニ家の長女シンデル・トワニに肩を組んで寄り添ってあげていて、二人ともとてもかわいいです。それにしてもレイア姫のときといい、ウィケットは意外にも社交的で面倒見が良くて好感が持てます。, こちらの画像は、「スターウォーズ/ジェダイの帰還」で、帝国軍との戦い最中に見せたウィドル(茶色)とワンカ(黒色)の2匹のイウォークとチューバッカのカメラ目線っぽい1シーンです。ウィドルの顔がどことなくニコッとしていてとてもかわいいです。, こちらの画像は、イウォーク族の祝宴を行っているシーンです。スターウォーズでも屈指の高身長のチューバッカと低身長のイウォーク族の身長差凸凹コンビの踊ってるのですが、チューバッカの大きさが、イウォーク族のかわいさを最大限まで引き立ています。, こちらの画像は、「スターウォーズ/ジェダイの帰還」でイウォーク族が歌った「Yub Nub」のカラオケ映像版の1シーンです。チューバッカを中心にイウォーク族が大集合している記念写真風で、イウォーク族好きにはたまらない1枚です。, こちらの画像は、宴中に登場したイウォーク族の子供たちの1シーンです。「スターウォーズ」でも屈指のかわいさを誇るイウォーク族のその子供たちの愛くるしい表情がたまりません。, こちらの画像は、お母さんらしきイウォークが赤ん坊を抱きかかえて、あやしているシーンです。動物の親子が一緒にいるのはかわいいですが、当然このイウォーク族の親子?もかわいらしくてほっこりします。, こちらの画像も、かわいらしい赤ちゃんイウォークの1シーンです。実は赤ちゃんイウォークにも名前や設定があり、この赤ちゃんイウォークの名前は二ペットと言い、両親などの設定が細かく作られています。, こちらの画像は、スターウォーズシリーズのアニメ作品の1つ『イウォーク物語』のシーンです。シーズン1の主人公ウィケットの上目遣いっぽい表情が、あまりにも愛くるしくてたまりません。, こちらの画像は、ウィケットと『イウォーク物語』のヒロイン、ニーサ・ア・ジャリ・キンターカとの微笑ましいツーショットシーンです。ニーサは、イウォーク族の村「ブライト・ツリー・ビレッジ」を治めるチャーパ酋長の娘であり、ウィケットといつも行動を共にして数々の試練を乗り越えてきた親友になります。, 名前の由来など調べてみると面白い発見があるイウォーク族。「スターウォーズ」旧3部作に颯爽と登場し、ファンの心を掴んだ人気者ですが、「スターウォーズ/ジェダイの帰還」以来、本編には登場していません。しかし、「スターウォーズ」も新たなシリーズが誕生し、続々と新作が公開されているので、いずれ新作に成長したウィケットたちが登場するかもしれません。ぜひ再びスクリーンで活躍してくれるのを期待して待ちましょう!, スターウォーズのイウォーク族の名前やモデルは?設定や豆知識を紹介のページです。BiBi[ビビ]は映画・ドラマ・アニメなどのエンタメニュースを幅広くお届けするメディアです。今の暮らしを楽しくするトレンド情報を発信します。, スター・ウォーズの公式サイト。映画、ブルーレイ・オンデマンド、音楽、ゲーム、キャラクター、ショッピングなど最新情報をお届けします。-STAR WARS, スターウォーズのキャラクター・登場人物一覧を紹介しています。スターウォーズシリーズは多くの作品が織りなす壮大なスペースオペラです。長い歴史のある作品なので、映画以外のコミックや小説でも世界が展開されました。登場人物が多すぎて話がよくわからないという人もいるでしょう。そこで今回は、スターウォーズシリーズの実写映画のキャラ, スターウォーズシリーズのネタバレあらすじの簡単なまとめです。スターウォーズでは映画だけでなく小説やアニメなど、様々な媒体で展開されていますが、この記事では映画として公開されたエピソード1からエピソード8までのネタバレあらすじを簡単にまとめています。映画全てを観るのは大変ですが、この記事を読めば簡単なスターウォーズシリー.