膀胱炎にクランベリージュースは効かない? 投稿日: 2012年10月23日 作成者: admin. それなのにわたしは、 と、サプリを摂取することで余計にストレスを感じていたんですね。, 先生が言う通り、クランベリーは薬じゃない。 ジュースは下腹部のモヤモヤを感じるときに+αとして飲んでみることにしました。, そこでまたクランベリーサプリについて調べてみると、DHCのサプリがコスパの面ではとても良さそう!, もう高額サプリで散財したくなかったし、 気になる方はこの機会にチェックしてみてくださいね, 一度は諦めたクランベリーでの膀胱炎予防。 , https://boukouchan.com/wp-content/uploads/2018/06/IMG_2418.jpg. サプリで膀胱炎を治そうとしていたのではないか??, サプリメントとはあくまでも栄養「補助」食品。 サプリで膀胱炎を治そうとしていたのではないか?? ということ。 サプリメントとはあくまでも栄養「補助」食品。 それなのにわたしは、 「これを飲めば良くなるはずなのにどうして!?」 「もっと量を増やせばいいの!?」 と、サプリを摂取することで余計にストレスを感じていたんです 季節柄なのか年齢のせいなのかトイレがすっきりしない・・・、頻尿が気になるようになりました。それで頻尿対策に良いサプリはないかと探して辿り着いたのがクランベリーです。クランベリーは泌尿器系の疾患予防の他、美肌、サラサラ効果など多くの効果が期待 © 2020 stalgie Inc. All rights reserved. 自分でも驚くほど物凄く効果を感じているので、詳しくはまた改めて記事にしたいと思います!, 30代主婦。 予防にはクランベリージュースもおすすめ!膀胱炎の原因の多くは尿道から入り込んだ細菌感染。そのため、水分補給・デリケートゾーンの清潔保持・体の抵抗力を保つことに注意が必要です!|女医・大森真帆のコラム。疾病予防、治療、美容、痩身など、美容健康に役立つお話。 ネットでこれが効いたと聞けばそれも気になって買う・・・。, 海外のサプリで、一か月分が8,000円くらいのものを1年程使ってたこともあります。, 周りの女の子たちが洋服やコスメにお金を使っている中、効いてるのか効いてないのか分からないサプリを買い漁っていたわたし。, 当時は効いているはずだ!と思い込んで飲み続けていましたが、 さすがにこれをずっと続けるほどお金の余裕はないし、 わたしはお医者さんの言葉がきっかけで再び試してみました。, このDHCのクランベリーサプリを飲み始めてから1年くらいたつのですが、 「もっと量を増やせばいいの!?」 今回はそこまで期待せずに試しにやってみるんだから 「これを飲めば良くなるはずなのにどうして!?」 悲しくなってやめてしまいました。, それから5年ほどクランベリーのサプリはやめていましたが、 クランベリーの効果とは? クランベリーとはツツジ科の植物で、北アメリカの原産です。 丸い形をした赤い実は、そのまま食べたり、ジュースなどにされるそうです。 それではなぜ、クランベリーが膀胱炎に良いと言われるのでしょうか? また膀胱炎や尿路感染症などの感染症にも効果的。 海外の有名な大学で実験が行われ、膀胱炎や尿路感染症を患っている患者にクランベリーエキスを投与した結果、抗生物質と同じくらいの効果が確認されたと発表されました。 病院でふとお医者さんに膀胱炎予防法について相談した時, その先生は泌尿器科の先生で、 膀胱炎になりそうな気配を察知するのが得意です。 でも、あるきっかけで再びクランベリーサプリを飲み始め 「やっと出会えた!」と思った、一番信頼している先生です。, その先生の口からクランベリーという言葉が出たので、 膀胱炎で、クランベリーエキスのサプリメントが効果があった方、体験を教えていただきたいので、よろしくお願いします。 膀胱炎はサプリで治る病気ではありません。 今まであらゆる病院でたくさんの先生に診てもらってきたわたしが これまでクランベリーやクランベリージュースは尿路感染症の予防に効果があるとされ、長らく利用されてきましたが、この度The Cochrane Library HOME > 院長・クリニック紹介 > 女医 大森真帆のコラム > クランベリージュースもおすすめ!くり返す膀胱炎の予防方法, 膀胱炎の原因の多くは尿道から入り込んだ細菌感染です。そのため、どんな膀胱炎であっても、水分補給・デリケートゾーンの清潔保持・体の抵抗力を保つといったことに注意が必要です。, 膀胱の細菌を洗い流すためには、たくさん尿を作る必要があり、そのためには水分をたくさん摂ることが重要です。膀胱炎になると頻尿になるので水分を控えてしまう人もいるのですが、それでは細菌が膀胱に長くとどまってしまうので、逆効果なのです。また、暑い日などに大量に汗をかくと、せっかく摂った水分も尿にならずに汗として排出されてしまうため、十分な尿量が確保できるだけの水分補給が必要です。, また、便秘になると便の中の大腸菌が増えて膀胱炎の危険性が増します。水分をとることは便秘予防にもつながるので、膀胱炎の予防におすすめなのです。, 水分摂取の目安は成人で1日1.5Lです。アメリカの研究では1年に3回以上尿路感染症を発症した成人を対象に、1日1.5L以上の水分摂取を続けたところ、1.5L飲まなかった人と比べて尿路感染症になる割合が半分になったと報告されています。, 特に高齢者ではのどの渇きや膀胱炎の症状を自覚しにくいことが多いので注意が必要です。また病気の治療などで水分の制限がある人は、主治医に相談してください。, 逆に下痢になると、頻回に排便することで尿路感染症の危険性が上がります。しかし、下痢の時には吐き気や嘔吐を伴うことも多く、たくさんの水分摂取が難しいこともあります。そんな時には水の代わりにクランベリージュースがおすすめです。1日コップ1杯の摂取で、後述する細菌抑制などの効果が期待できます。, 排尿は尿道を洗い流す行為でもあるので、尿意を我慢するのはよくありません。寝ているとき以外は3-4時間ごとにトイレに行くようにするのが理想です。, 女性に膀胱炎が多いのは、尿道の長さと尿道口の位置によるものです。男性はペニスの分だけ尿道が長く、尿道の入り口まで細菌が来ても、膀胱まではまだまだ長い道のりですが、女性の尿道は男性の1/3の長さで簡単に細菌が膀胱に入ってしまうのです。また、男性の尿道口は肛門から遠く離れていますが、女性は近くにあり、排便のあと気を付けて拭かないと便の中の細菌が尿道口に触れてしまいます。トイレットペーパーは前から後ろに向かって拭くクセをつけましょう。, また、下着は清潔なものを着用しましょう。できれば通気性のよいコットン製の下着がおすすめです。, 女性は生理中は生理用品に雑菌が付きやすいので、生理用品は3~4時間ごとに交換するようにしましょう。更年期以降の女性はホルモンの影響で膀胱粘膜が弱くなっているので注意が必要です。性行為も膀胱炎の原因になるため、性行為後はすぐに排尿するクセをつけましょう。, 体の抵抗力が落ちると膀胱炎にかかりやすくなったり、治りが悪くなります。そのため、普段から睡眠不足や疲労の蓄積、栄養バランスの乱れには注意しましょう。季節の変わり目や冷暖房による温度差で自律神経の乱れても抵抗力が下がってしまいます。衣服などで工夫して体温調節も心がけましょう。特に足元やおなかを冷やすと膀胱の血流が減って、膀胱に届く栄養や酸素、免疫細胞が減ってしまいます。冷え性の人は靴下や腹巻を使って体を保温し、体をあたたることができるニンニクやショウガなどを食事に取り入れましょう。, 膀胱炎になると病院では多くの場合、抗生剤が処方されます。この場合は、お医者さんが抗生剤による治療が必要であると判断したわけですから、きちんと決められたとおりに服用する必要があります。, しかし、膀胱炎になったら抗生剤を飲めばいいや、と安易に考えるのも問題です。抗生剤を頻回に服用すると、耐性菌といってその抗生剤が効きにくい菌が生まれる可能性があります。また、抗生剤を服用することで、体に必要な細菌まで減ってしまい、下痢などの副作用が出ることもあります。, そんな人の膀胱炎予防におすすめなのがクランベリーです。クランベリーはブルーベリーと同じ科の果物で、酸味が強いため生食はされませんが、ジュースなどで販売されています。クランベリーの膀胱炎に対する効果は1994年の研究で明らかにされています。, 尿はアルカリ性になると細菌が増えやすいことがわかっています。クランベリーに含まれるキナ酸は体内で馬尿酸という物質に変化して尿に排泄されることで尿を酸性に変え、細菌が増えにくい環境を作り出しています。, さらにクランベリーにはポリフェノールの1つであるプロアントシアニジンという物質が含まれていて、この成分も膀胱炎に有効であることが明らかになりました。膀胱に入った細菌は膀胱表面の細胞にくっついて増殖し感染を起こしますが、プロアントシアニジンは細菌が細胞にくっつくことを抑制していることがわかったのです。, さらに2001年にはクランベリーが尿路のバイオフィルムに対し効果を及ぼしたことが発表されています。バイオフィルムとは細菌が作る集合体で、細菌が様々な成分で覆われて守られることで免疫細胞の攻撃をかわし生き残り、治療が効きにくくなります。このバイオフィルムは水分摂取でも減らすことはできませんが、クランベリーを摂ると減ることが研究により明らかになりました。, 膀胱炎の予防は尿道口周囲に細菌を寄せ付けないこと、尿道口から入ろうとする細菌を定期的な排尿で洗い流すこと、体の抵抗力を保つことが重要です。しかし、尿路系の病気があったり、仕事柄トイレを我慢しなければならない場合がある人はクランベリージュースを飲んで予防することも検討しましょう。, HOME | 院長紹介 | 診療内容 | サプリメント | スタッフ募集 | アクセス | プライバシーポリシー, 人間ドック・定期健診 | 注射・点滴療法 | ダイエット外来 | メディカルエステ | メディア・書籍 | 女医コラム, 口腔レンサ球菌の付着とバイオフィルム形成におけるクランベリージュースの阻害効果(東京歯科大学), Cranberry juice consumption may reduce biofilms on uroepithelial cells: pilot study in spinal cord injured patients(natureresearch). 「飲んでる途中でまた膀胱炎になっちゃっても、繰り返すまでの期間が少しずつ長くなればいいじゃん!」 長年培った経験を活かし、膀胱炎にまつわるアレコレをブログで発信中! 膀胱は尿を貯める袋のようなものです。そこに炎症が起きると排尿時に下腹部が痛んだり、尿がスッキリと出なかったりします。そのために度々トイレに行きたくなる頻尿の症状も出ます。, 原因は細菌感染がほとんどです。腸内細菌が肛門から尿道へ入り込み、膀胱へとたどり着いてそこで炎症を起こします。, 膀胱炎の原因は腸内細菌がほとんどです。そのため、原因菌を取り除くために抗生剤による治療が行われます。, 治療が遅れ細菌が腎臓まで達すると、さらにひどい症状の腎盂腎炎を起こす可能性もあります。急性期の症状は、サプリメントだけで治療することは難しいと言えます。, しかし、膀胱炎の予防目的でサプリメントが使われることがあります。その一つがクランベリーサプリメントです。, クランベリーとはツツジ科の植物で、北アメリカの原産です。丸い形をした赤い実は、そのまま食べたり、ジュースなどにされるそうです。, それではなぜ、クランベリーが膀胱炎に良いと言われるのでしょうか?それはクランベリーに含まれている成分を摂ることで、膀胱内部の粘膜に細菌が付着するのを防ぐことができると考えられているからです。, 膀胱炎予防の一番の方法は、水分をしっかり摂り、局部を清潔に保ち、十分に体力を保つことです。それでもなお、頻繁に膀胱炎を起こすような方は、クランベリーサプリメントを試してみるのも良いでしょう。, 前節で述べたように、クランベリーサプリメントには膀胱炎そのものを治療する効果はありません。膀胱炎を起こしてしまった場合は病院受診が必要です。, 薬の効果を強めたり、逆に弱めたりする可能性もあります。普段から服薬している人は注意が必要です。, 薬剤師などに相談し、問題が無いことを確認した上でサプリメントを摂るようにしてください。, 妊娠されている方、授乳中の方はサプリメントの摂取は控えましょう。果汁を大量に摂取した場合に下痢などの胃腸症状が現れたとの報告があります。1日に摂取する量は、キチンと守ってください。, ここからは、数あるクランベリーサプリメントの中からおすすめの商品を紹介していきます。, こちらのサプリメントは海外製ですが、1日あたり1,400mgのクランベリーエキスが含まれています。, 国産品と同等の量を摂取する場合、半分の量で済むため非常にリーズナブルです。しかし、カプセルが大きいために飲みにくいのが難点です。, 多くの健康食品やサプリメントを販売しているDHCですが、クランベリーサプリメントも扱っています。, 天然果汁から作られたサプリメントには、1日当たり800mgのクランベリーエキスが含まれています。, 筋力の働きを助けるとされるカボチャ種子油が配合されていますが、極力添加物を排除したシンプルな成分構成となっています。, こちらのサプリメントには、1日当たり850mgのクランベリーエキスが含まれています。また、γ-トコフェロールやヨモギエキス、クミスクチンエキスなど、美容に良いとされる成分も配合されています。. 膀胱炎の改善効果. わたしも最初はジュースを買おうと思っていました。, 費用が抑えられるサプリを日常使い、 「もう一度試してみて、やっぱり違うなと思ったらやめればいいや」 Tweet. 初めて膀胱炎にかかりにくくなった!と効果を実感しているので、, 今回は、一度は諦めたクランベリーサプリを再び取り入れようと思ったきっかけと、その飲み方についてお話ししようと思います。, あのクランベリーサプリが良いと聞けばそれを買い、 膀胱炎や尿路感染症に本当に効く? クランベリーは膀胱炎に効くという話を耳にしたことはありませんか? 実は、まだその有効性が認められているわけではないのです。 膀胱炎は尿路感染症にかかることで … その間も何度か膀胱炎を繰り返していたので 買い物にでかけたついでに手に入るのが良いな、ということで実店舗もあるDHCにしました。, 結果、「毎日、朝3粒・夜2粒」が一番自分に合っていると感じてこの飲み方にしています。, 自分の身体と相談して飲み方を変えることがあるかもしれませんが、しばらくはこの飲み方を続けるつもりです。, ちなみにいまDHCでは定期コースの初回半額などお得なキャンペーンをやってるので とこの時やっと思えました。, 先生が勧めているのはクランベリージュースということだったので、 もう前のめりになって質問してしまいました。, サプリを買い漁っていた当時のわたしは、