「初めまして、私はベイマックス。あなたの心とカラダを守ります。」 おなじみのセリフとともに登場するロボットのベイマックス。 まるっとした体と話しぶりが癒されるベイマックスの声を演じたのは誰なのでしょう? ベイマックスの声優について紹介していきます。 2015 〜Dream Sensation!〜 Blu-ray Memorial BOX, Fate/stay night[Unlimited Blade Works]Blu-ray Disc Box Ⅱ. ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy? 話題の最新ディズニー映画「ベイマックス」の登場人物(キャラクター)を画像を交えてここに紹介する。主人公はご存知の通り日本人少年のヒロだ。ディズニー映画の主人公に日本人が起用されるのはこれが初めて。アジア人はムラン以来2度目となる。 Wear on the toy. On the small side compared to other figurines available but perfect for backpacking. 大学生となったヒロはタダシの遺志を継ぎ、科学の力で人々を救うことを決意。ベイマックスを復活させます。かつて共に戦った仲間たちとともにスーパー・ヒーロー集団「ビッグ・ヒーロー6」を結成し、サンフランソウキョウの人々を守るため、科学を悪用して街に狂気と混乱をもたらすヴィランズに立ち向かう!, 映画でお馴染みの、名場面も! She was very excited to get it. It's annoying to keep attaching the legs back to it. Still perfect for backpacks and young kids. LoveLive! そのとき、ゴーゴートの背中に乗って一緒に移動することができる。 アニメにおけるゴーゴート 「ベストウイッシュシーズン2デコロラアドベンチャー!」12話でルポライターのパンジーの手持ちとして登場。 For those asking, the new show is a return to our Kim Possible roots in a lot of ways, including gorgeous traditional animation. Well made and he has had lots of fun with it. ベイマックス ザ・シリーズの番組サイト。「スター・ウォーズ」や「マーベル」をはじめ人気アニメーションから爆笑映画まで、とことん笑えるエンタメチャンネル「ディズニーXD」。ディズニー公式 … μ's Go→Go! ベイマックスはかわいくて好奇心旺盛なキャラ設定となり、動きも極力制限され、幼児やおむつをした赤ちゃん、赤ちゃんペンギンの3つをモデルにかわいい所作を取り入れた 。 ベイマックスのパワースーツも当初ガンダム風だったが、変更された 。 ディズニーアニメーション映画54作目として2014年に公開された「ベイマックス」。, ディズニーアニメとしては珍しく、架空の日本都市が舞台となり、大きな話題になりましたね。, ここでは「ベイマックス」に登場した主要キャラクター8人の声優について紹介していきます。, 物腰が柔らかく、落ち着いた話しぶりのベイマックスの声を演じた声優は、原語版ではスコット・アドシットさんが担当しました。, スコット・アドシットさんはアメリカの俳優、コメディアンとして活躍している男性で、テレビドラマ「30 ROCK/サーティー・ロック」、コメディ映画「ペナルティ・パパ」などに出演経験があります。, 日本語版ベイマックスの声を演じたのは、日本の中堅俳優、川島徳愛さんが担当しました。, 川島徳愛さんは特にアニメや吹き替え映画のキャリアが高く、「ハリー・ポッターシリーズ」や「X – メンシリーズ」など多くの映画で吹き替えを担当しています。, 7歳まで東京で暮らしていたというライアン・ポッターさんは、両親の離婚でアメリカへ帰国し、15歳の頃から演技の勉強を始めたそうです。, ヒロ・ハマダ役の日本語吹き替え声優を担当したのは、俳優・声優として活躍している、本城雄太郎さんでした。, テレビドラマやアニメなどに多くの出演作品がある本城雄太郎さんは、テレビアニメ「暗殺教室」、映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」などに出演しています。, 発表会会場が火事になり、キャラハン教授を助けるため建物内に飛び込んだ直後、バックドラフトに巻き込まれて亡くなってしまいます。, ヒロのお兄さん、タダシの声を担当した声優は、原語版では大韓民国で活躍する俳優、モデルのダニエル・へニーさんでした。, 父親がアメリカ人で母親が韓国とタイのハーフというダニエル・へニーさんは、アメリカで生まれ育ったため英語は話せるのですが、韓国語はあまり得意ではなかったのだそうです。, 2005年に韓国で放送されたテレビドラマ「私の名前はキム・サムスン」で一躍有名人となりました。, タダシ・ハマダの日本語吹き替え声優は、俳優、タレントとしても活躍する、小泉孝太郎さんが担当しました。, 前内閣総理大臣・小泉純一郎さんを父親に持つ小泉孝太郎さんは、テレビドラマ「踊る大捜査線シリーズ」「警視庁ゼロ係」など、テレビドラマや映画で引っ張りだこの人気を誇る俳優です。, 「BIG HERO6」の一員でゴー・ゴーを演じたのは、原語版ではアメリカ人2世女優、モデルのジェイミー・チャンさんが担当しました。, ジェイミー・チャンさんは海外ドラマ「ER緊急救命室」1エピソードに出演したことで、日本でも知られるようになった女優ですね。, 映画「シン・シティ 復讐の女神」「君が生きた証」など、映画作品にも多く出演している女性です。, ゴー・ゴーの日本語吹き替え声優を担当したのは、声優、童話作家、歌手、作詞家などマルチな活動をしている浅野真澄さんでした。, アニメ「けものフレンズ」「ドラゴンボール超」、アニメ映画「プリキュアドリームスターズ」など多くのアニメに出演しているので、声を聞くと「知ってる!」と思う人が多いかもしれませんね。, 名前の由来は食事中にワサビをシャツにこぼしたことからつけられたという、ユニークなエピソードの持ち主です。, ワサビを演じたのはアメリカで俳優、コメディアンとして活躍しているデイモン・ウェイアンズ・Jrさんでした。, 父親や親戚が俳優・映画監督など”芸能人一家”で育ったデイモン・ウェイアンズ・Jrさんは、2008年頃から本格的に役者としての活動を開始しています。, テレビドラマ「Happy Endings」「New Girl / ダサかわ女子と三銃士」などに出演していて、アメリカの映画、テレビドラマ、音楽などの部門で活躍した人を選出する「ティーン・チョイス・アワード」の賞にノミネートされた経歴もあります。, ワサビの日本語吹き替え声優を担当したのは、声優として活動している武田幸史さんでした。, 多くのアニメに出演経験がある武田幸史さんは、アニメ映画「ドラえもん 新・のび太の日本誕生」「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」などに出演しています。, 明るくマイペースな性格で、しょっちゅうスマートフォンで写真を撮ることが好きな金髪の女性、ハニー・レモン。, ハニー・レモン役を担当したのは、原語版ではアメリカ人女優のジェネシス・ロドリゲスさんでした。, 2015年には映画「ラン・オールナイト」、2016年には「コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団」など、長編映画やテレビドラマで活躍している女優です。, 両親が人形劇団を営んでいるという山根舞さんは、2006年に「演劇集団 円」に入団し、旅公演として全国を回る役者として活動しています。, 少しせっかちだけれど、心優しいキャスの声を演じたのは、原語版ではアメリカで女優、コメディアン、ミュージシャンとして活躍しているマーヤ・ルドルフさんでした。, コメディドラマや映画など、様々な作品に出演しているマーヤ・ルドルフさんは、「シュレック3」、「インヒアレント・ヴァイス」などの出演作があります。, テレビドラマや映画で活躍している菅野美穂さんは英語も堪能で、NHKハイビジョン特集「菅野美穂 インド・ヨガ 聖地への旅」では英語で話をするシーンも観られました。, 2009年には日本テレビ「24時間テレビ」のチャリティーパーソナリティーをつとめた経歴もあります。, ロボット工学の第一人者であり、「仮面の男(ヨウカイ)」としてヒロたちと対峙する悪役でもある、ロバート・キャラハン教授。, 悪役でありながら、娘を失った悲しさから心がゆがんでしまった悲しい過去をもつ、ロバート・キャラハン教授。, 舞台俳優として経験を積んだ後、映画俳優としてデビューしたジェームズ・クロムウェルさんは、1995年に公開された「ベイブ」で、寡黙な牧場主を演じたことから有名俳優の仲間入りを果たしました。, 映画「アメリカン・ウォー」、「ジュラシック・ワールド/フォールン・キングダム」など多くの映画、テレビドラマなどで活躍しています。, ロバート・キャラハン教授の日本語吹き替え声優を担当したのは、俳優の金田明夫さんでした。, テレビドラマ「3年B組 金八先生」、映画「スター・ウォーズ」など吹き替え映画や舞台など、多くの作品に出演している俳優です。, ディズニーアニメーション映画「ベイマックス」の主要キャラクターを担当した声優について紹介しました。, 「ベイマックス」は日本のような都市が舞台なので、日本語吹き替え版が良く似合います。. ゴーを2回したら追加点も2点になる。ゴーを3回したら「スリーゴー」と言い、得点が倍になる。以下ゴーの回数が増えるごとに4倍・8倍と増えていく。 ゴーを宣言したまま追加得点がはいらずに終了した場合、その得点はなかったことになる。 ベイマックス ザ・シリーズの番組サイト。「スター・ウォーズ」や「マーベル」をはじめ人気アニメーションから爆笑映画まで、とことん笑えるエンタメチャンネル「ディズニーXD」。ディズニー公式 … Well made and he has had lots of fun with it. 発売日が延期された場合、Eメールにて新しい発売日をお知らせします。また、発売日延期に伴いキャンセル期限も変更されます。 『ベイマックス』(原題:Big Hero 6、「ビッグ・ヒーロー・シックス」)は、2014年のアメリカ合衆国の3Dコンピュータアニメーション・アクション・ファンタジー映画である。マーベル・コミックの『ビッグ・ヒーロー・シックス』の映像化作品。第87回アカデミー賞の長編アニメ映画賞などを受賞した。, ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作で、同社の長編作品としては54作目となる。, 原案は日本人主人公を含むヒーロー6人を描いたマーベルコミックのアメコミ作品『ビッグ・ヒーロー・シックス』[4]。ディズニーのアニメ映画としてはマーベル・コミックの登場人物を主人公とする初めての作品である。, 映画化に際し、世界観や設定が原作から大きく改変されている。2009年にディズニーがマーベル社を買収したあと、マーベルコミックの中で映画化できそうな作品を探しているときに、監督のドン・ホールがデータベースの中から同作を発見した[5][6]。, 掲載時にさほど人気が出なかったため、マーベル社のスタッフからも忘れられていた作品であった。ホールも初めて知る作品だったが、タイトルと日本的要素に魅かれ[7]、プロデューサーのジョン・ラセターに話を持っていき、ディズニーアニメに合う内容に変更されて脚本が創作された。原作では初期チームメンバーとして登場していたサンファイアとシルバー・サムライについては当時、マーベルコミックの『X-メン』シリーズを映画化している20世紀フォックス社(現在はディズニー傘下の20世紀スタジオ)が権利を持っていたため、登場させられなかった[8][9][10][11]。, 映画化に際し、作品の舞台が東京から、東京とサンフランシスコを混ぜ合わせた未来の架空の都市「サンフランソウキョウ」[12]へと変更され、チームメンバーも多人種の混成チームとなった。ロボットのベイマックスも原作ではドラゴン風の顔を持つ人造生命体だが、映画では看護ロボットへと改変されている。ストーリーも超能力を持ったヒーローが悪を倒すのではなく、メンバーのそれぞれが自身の能力を活かして協力する姿や主人公を取り巻く友情や家族愛に、力点が置かれている[13]。, 日本的要素が多く散りばめられ、スタッフによって撮影された東京の風景が数多く取り入れられており、日本の立体看板なども採用されている。ベイマックスの頭部は神社の鈴をモチーフにしている。イラストレーターのコヤマシゲトがキャラクターデザインに参加しており、ベイマックスの戦闘モードの角などに面影が残っている。, ディズニー+(有料会員、月額制)では、有料会員に限り無料で視聴することが可能である。, 未来の都市サンフランソウキョウに住む14歳の少年・ヒロ・ハマダは天才的な科学の才能を持つが、夢もなく飛び級で高校を卒業したことで目標を見失い、その才能を非合法のロボット・ファイトのために利用するという自堕落な生活を送っていた。そんな弟を見かねた兄のタダシは、彼を自身の所属する工科大学へ連れていく。タダシの友人である「科学オタク」たち(ゴー・ゴー、ワサビ、ハニー・レモン、フレッド)の手がけた数々の発明品や、兄の開発した白くて風船のような見た目のケアロボットベイマックスを目にして刺激を受けたヒロは、尊敬するロバート・キャラハン教授と出会ったことで科学の夢を追究したいと飛び級入学を決意する。, 入学するためには、大学の研究発表会でタダシの恩師でありロボット工学の第一人者であるキャラハン教授をうならせる独創的な発表をしなければならない。タダシや大学の仲間たちの協力の下、ヒロは発明品を完成させ、発表会でプレゼンテーションを行なう。ヒロの発明したマイクロボットは指先ほどのサイズしかないが、互いに引き寄せあって集合体を形成する特性を持ち、操作者の頭部に装着した神経トランスミッターでコントロールすることで、その集合体を瞬時に思うままの形状に変化させることができるという画期的な発明品だった。発表は大成功をおさめ、ヒロはキャラハン教授から直々に入学を許可される。しかしその直後、会場で火災事故が発生。タダシは建物に取り残されたキャラハン教授を助けようと炎の中に飛び込み、帰らぬ人となってしまう。ヒロは、兄のタダシだけでなく、尊敬するキャラハン教授、マイクロボットを一度に失う。, タダシの死以降、ヒロは心を閉ざして部屋に引きこもっていたが、彼が思わず発した言葉によってベイマックスが起動し姿を現す。ベイマックスはタダシに与えられた「傷ついた人の心と体を守る」使命に従いヒロの痛みを癒そうと試み、ヒロの手元に唯一残されていたたった一つのマイクロボットの反応を頼りに、街の探索を始める。街に出たベイマックスを慌てて追ったヒロは、彼と共に古びた倉庫にたどり着くが、倉庫の中ではあの火災で失われたはずのマイクロボットが大量に生産されていた。二人はそこで謎を秘めた仮面の男ヨウカイ[14]に遭遇し、男の操る大量のマイクロボットに襲われながらも、命からがら逃げ帰る。, 一連の出来事から、タダシの死が事故ではなくマイクロボットを狙った者による犯行なのではと推理したヒロは、兄の死の真相を知るために仮面の男と対峙する決意をする。彼はベイマックスに戦闘用のプログラムを組み込み、バージョンアップする。港でヨウカイに迫ったヒロだが、その圧倒的な力を前にしては逃げる事しかできず、ヒロを心配して追いかけてくれた仲間たちに助けられて何とか窮地を脱する。, フレッドの家に集まったヒロたち。フレッドはヨウカイの正体は実業家のアリステア・クレイで、研究発表会でクレイがヒロのマイクロボットを謙渡しようとしたのを、ヒロがそれを断ったからではないかと推理する。ヒロは信じようとしなかったが、ベイマックスがヨウカイのスキャンをした事を知り、まちじゅうの人をスキャンしヨウカイを捕まえようとする。それぞれの研究にあわせたスーツを開発、ベイマックスのアーマーもより戦闘的なものに改良してロケットパンチを搭載、強化スキャナーと飛行機能も加えてバージョンアップを果たす。, ヒロは飛行機能のテストも兼ねてベイマックスと共にサンフランソウキョウの大空へと飛び立ち、夕暮れの中を自由に飛び回る。ヒロの精神状態が改善に向かったことをスキャンしたベイマックスはケアの終了を提案するが、ヒロはヨウカイを捕まえることを主張し、ベイマックスがスキャンしていたヨウカイの身体データを元に彼の居場所を探ったところ、ヨウカイが孤島の研究施設にいることを知り、仲間達と共にその研究施設に乗り込む。そこでヒロ達は残された録画映像から、過去にこの場所でクレイの経営する大企業「クレイテック」によって軍や政府関係者を前にした物質転送装置の実験が行われるが、クレイが装置の不調を押し切って実験を強行したため、テストパイロットが消息不明になるという事故が起こっていたことを知る。, そこへ再びヨウカイが現れ、ヒロ達を攻撃する。マイクロボットを駆使するヨウカイにヒロ達は立ち向かうが、初の実戦でそれぞれが好き勝手に能力を使ったため翻弄されてしまう。しかし戦いの最中、なんとかヒロはヨウカイの仮面を奪うことに成功。その正体は、火災によって死亡したと思われていたキャラハン教授だった。キャラハン教授は火災の中に取り残されるも、マイクロボットを耐火シェルターとして使い生還していたのだ。ヒロはキャラハン教授が結果的に兄を見殺したのではないかと激怒し、ベイマックスからケアデータを抜き取って教授の殺害を命令する。仲間たちは暴走するベイマックスを止めようと必死になり、ベイマックスにケアデータカードを再挿入したが、キャラハン教授はその隙をついてマイクロボットとともに施設から姿を消していた。ヒロは反対を押し切って尚もキャラハン教授を追跡するが、スキャナーの破損により失敗に終わる。, 失意の内に自宅へ戻ったヒロは、ベイマックスから再びケアデータカードを抜き取って戦闘モードにしようとするが、ベイマックスは拒否し、かわりにタダシが「大勢の人を助けるために」と不眠不休でベイマックスを開発した際の記録映像を再生する。自分が間違っていたことを悟ったヒロは、仲間たちに謝罪し、今度こそキャラハン教授を逮捕し、兄のように人を助けるために自分の才能を使うことを誓う。そしてヒロ達は、残りの録画映像から転送装置の事故で行方不明になったパイロットがキャラハンの娘アビゲイルだったことを知り、キャラハンがマイクロボットを使ってクレイに復讐しようとしていた事を突き止める。, 折り悪くクレイテック社は新社屋の完成パーティを開催しており、キャラハン教授は修理した転送装置で、クレイテック社とクレイ本人をまるごと異世界へ吸い込もうとしていた。駆けつけたヒロ達は大量のマイクロボットに苦戦するも、各々の能力を最大限に発揮し、マイクロボットを転送装置に吸い込ませることで無力化に成功。キャラハン教授からトランスミッターを奪い、彼の復讐を防ぐ。転送装置は暴走を続けるものの、限界を迎えて崩壊しつつあり、全ては終わったかに見えた。, しかしその時、ベイマックスの強化スキャナーが装置の奥に生命反応を感知し、アビゲイルが異世界内で生きていることを知ったヒロは、兄のように人を助けるため、ベイマックスと共に装置の奥の異世界へと飛び込んでいく。そして無事にアビゲイルを救助して脱出しようとするも、途中で瓦礫からヒロをかばったことでベイマックスが破損、最後にロケットパンチでアビゲイルが乗ったポッドと共にヒロを転送装置の入り口に送り返すも、ベイマックスは異世界の彼方へと消えていき、消滅してしまう。, 季節は巡り、ヒロは大学に通うようになった。仲間と共に悲しみを乗り越えて前に進むヒロは、ある日ベイマックスが自分に託したロケットパンチが、何かを握りしめている事に気がつく。それはベイマックスの頭脳であるケアデータカードだった。ヒロはベイマックスを自力で完成させて彼と再会し、みんなと共にサンフランソウキョウの街を守るヒーローBIG HERO 6として、今日も人々を助けるのだった。, そして物語はエンドロール後、「ヒーローになって活躍する自分のことを父に見てほしかった」と吐露するフレッドが、父(原作者スタン・リー)の秘密(父もヒーローだった事)を知ってしまい、父と再会を果たして絆を確かめ合うことで映画は幕を閉じる。, プロデューサーのラセターは「映画のストーリーはリサーチから生まれる」という信条から、製作チームにロボット工学関連の施設をいくつか訪問させた[18]。今までにない、かわいいロボット像を模索していた製作チームはカーネギー・メロン大学で医療用の空気注入型ソフトロボットを知り、これをベイマックスに応用することを決めた[18]。製作チームは日本のアニメ映画に非常に触発されており、ベイマックスもスタジオジブリのアニメ映画『となりのトトロ』のトトロを思わせるものを想定した[18]。監督のホールは「西洋の文化では、テクノロジーは敵対する悪として描かれてきた。たとえば『ターミネーター』でもロボットやコンピューターは世界を乗っ取ろうとする存在だが、日本では逆で、テクノロジーはよりよい未来のための道筋と捉えられている。この映画でもその考えを踏襲している」と語った[18]。, ベイマックスの顔は、日本での取材旅行中にホール監督が神社の鈴を見て決めた。当初、顔には口を付けるつもりだったが、キャラクターデザイナーのキムの発案であえて口を付けず、言葉ではなくボディランゲージとまばたきで感情を表現することにした[18]。キムは日本の通販番組で見た炊飯器がいかにかわいかったかをインタビューで力説し、ベイマックスのキャラクターデザインでもかわいさを重視したと語った[18]。ベイマックスはかわいくて好奇心旺盛なキャラ設定となり、動きも極力制限され、幼児やおむつをした赤ちゃん、赤ちゃんペンギンの3つをモデルにかわいい所作を取り入れた[18]。, 舞台となる架空都市サンフランソウキョウは、サンフランシスコにあるヴィクトリア様式やクィーン・アン様式の建物に日本のディテールを加えるなど、サンフランシスコの象徴的イメージに日本的要素を加えてリメイクした[18](例:ヒロの自宅)。製作チームの日本での取材旅行で印象的だったものに、ゴミ箱から自販機、歩道タイルに至るまでに見られる日本のデザインの丁寧な仕上がりがあったため、サンフランシスコの実際の街をベースに、その丁寧さと東京的なテクノな雰囲気を加味した[18]。, ヒロが開発したマイクロボットが集合体としてうごめく難しい動きは、蟻の生態を参考にして特殊効果チームが作り上げた[18]。この特殊効果チームには当時、渡辺淳、成田裕明の2名の日本人スタッフが在籍した。, ディズニーアニメでは何度も作り直して検討されるのがつきものであるが、本作でも最初のシーンだけでも40パターンが検討された[18]。製作過程でヒロの飼い猫モチのロボット・キャット化(空飛ぶブーツ)が何度も検討されたが、ストーリーに合わないという理由で最終的に却下された。日本市場でのロケット・キャット(ドラえもんのこと)の成功もあり、そのアイデアに一目惚れした日本サイドのマーケティングスタッフはこれに固執したが、日本で(ドラえもん映画の)宣伝キャンペーンがあったばかりなので諦めさせたという[18]。, 美術監督のスコット・ワタナベによると、キャラハン博士の娘アビゲイルの操縦室は士郎正宗の影響を受け、シンプルな外観に複雑な内部を持つ構造にした[22]。ヒロの自宅周辺の風景は、ハイト・アッシュブリー地区(en)(ヒッピームーブメント生誕の地と言われる地域で日系人コミュニティがあった)やその周辺の(日本街の)昭和の雰囲気が残る古い街並みを参考にした[22]。, 監督のクリス・ウィリアムズは、日本人に向けたメッセージとして、フライトシーンで東京とサンフランシスコの融合した町並みを見て欲しい事と、「フライト後の夕日を眺めるシーンで、ヒロとベイマックスの二人に恋すると思うよ」とインタビューで発言している[23]。, ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオはベイマックスを製作するにあたって、"Hyperion"というレンダリングソフトウェアを新しく開発した[24]。クリス・ウィリアムズとともに監督を務めたドン・ホールによると、Hyperionはベイマックスに透き通った輝きを与え、ベイマックスの内側で光が乱反射するのを可能にしているという。ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの最高技術責任者(CTO)であるAndy Hendricksonは、Hyperionの開発には2年と2億コンピューティング時間を要し、「ベイマックス」の制作が始まったときはHyperionがうまく機能するかどうか誰にも分からなかったと語る[25]。この映画の制作には途方もない処理能力が必要だった。ロサンゼルスにあるDisneyの3つのレンダリングファームとサンフランシスコにある1つのレンダリングファームが接続され、計5万5000個のコアを搭載する約4600台のコンピュータで構成されるスーパーコンピュータが誕生した。参考までに、「アナと雪の女王」で使われたコアは2万6000個である。自動管理システムの「Coda」が4つのレンダリングファームで処理される情報を制御した。Hendricksonは次のように説明する。「われわれは予測を立てるとき、いくつかのシーンをレンダリングする。つまり、いくつかの仮想世界を写真に変えるのだが、われわれは、それをレンダリングと呼んでいる。その予測を見ると、こうした計算のためには、この極めて大規模なマシンが必要なことが分かった。時間と複雑さを考慮すると、5万5000コアのマシンが必要だった」「それほどのマシンを稼働させるのに必要なエネルギーと冷却機能を単独でまかなえるDisneyの施設はなかった。マシンを4つの施設に分散し、それらすべてを再び統合して1つの大きなマシンを完成させた。それらすべてを動かすには、相当なエンジニアリング作業が必要だった」[25]。, 日本では、2014年10月23日からの第27回東京国際映画祭で世界初上映されたほか、「魔法の映画はこうして生まれる〜ジョン・ラセターとディズニー・アニメーション」で長期密着取材による製作の様子が描かれた(NHK2014年11月24日=振替休日放送)。また、映画公開前に公認コミカライズが行われ、ディズニーでは初めて連載漫画化・漫画先行でのストーリー解禁に取り組んだ[26]。映画公式ページと週刊少年マガジンで前日譚の読み切り「エピソード0」が掲載され、現在はマガジンSpecialで連載されている。エピソード0が期間限定公開され、少年マガジン公式サイトで第1・2話が公開されている。, 日本では2014年12月20日に全国540スクリーンで公開され、動員46万3556人、興収6億0041万0500円をあげ、公開初週は『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』に及ばず週末興行成績ランキング初登場2位となった。これは、ディズニーのアニメ映画としては『アナと雪の女王』に次ぐ2位の数字である[27]。公開2週目の興行成績も2位となったのち、公開3週目にあたる2015年1月3日・4日の同ランキングでは妖怪ウォッチを抜いて1位となり、6億6999万2100円、観客動員50万5074人を記録した[28]。4日時点の累計興収は41億4533万9200円[28]。以後、公開8週目の2月7日・8日のランキングまで6週連続で週末興行成績1位を維持した。8日時点での累計興収は79億。動員は620万人を記録している[29]。公開9周目は2位、10週目は3位にまで順位を下げたが、アカデミー賞受賞直後の11週目(2月28日、3月1日)は2位に再浮上した[30]。, 最終興行成績は、動員数720万人、興行収入91.8億円で、日本で公開されたディズニー・ピクサー映画の中で歴代5位、ディズニー映画に限定すると『アナと雪の女王』に続く歴代2位となった[31][32]。, 韓国でリリースされた際には、主人公の「ハマダ・ヒロ」という名前が「Hero Armada」という名前に置き換えられ、主人公の兄の「タダシ」という名前も「Teddy」に置き換えられた。劇中登場する日本語表記の看板も英語表記に変更されている[33]。, DVDレンタルランキングでも、6週連続1位の記録を達成。翌週2位に落ちるも3週連続で2位をキープし、その後、再び1位にランク入りを果たした[34]。, 映画に先行して日本で展開された、ディズニー公認のコミック版。エピソード0が『週刊少年マガジン』2014年36・37合併号(8月6日発売)に掲載され、続いて『マガジンSPECIAL』2014年9号(8月20日発売)から連載された。作画は上野春生。, エピソード0は公式サイトでも2014年8月20日より期間限定で配信された[36]。, 2016年12月23日には、日本テレビ系列の『金曜ロードSHOW!』で地上波初放送[37](二ヶ国語放送 / 文字多重放送 / データ放送)。, ディズニー・テレビジョン・アニメーション制作により[38]、2017年からアニメ専門チャンネルディズニーXDにて全米で放送開始。劇場作品とは異なり2Dアニメーションとして制作される[39]。, 日本のディズニーXDでも2018年4月5日に映画版とテレビシリーズの間をつなぐ1時間エピソード「ベイマックス/帰ってきたベイマックス」を放送し、同年4月21日より「ベイマックス ザ・シリーズ」を放送開始する[40]。, 『キム・ポッシブル』を手掛けたマーク・マッコークル、ボブ・スクーリー、ニック・フィリッピが製作総指揮を務め[41][38]、フィリッピはシリーズの監督も兼任する[38]。原語版ではほとんどのキャストが劇場作品からの続投となるが、ワサビはデイモン・ウェイアンズ・Jrからカリー・ペイトン、フレッドはT・J・ミラーからブルックス・ウィーランにそれぞれ変更となる[3]。, 『ベイマックス ヒーローズバトル』(原題:Big Hero 6 Battle in the Bay)は映画の後日談となる横スクロールアクションゲーム。プレイヤーキャラはヒロ、ワサビ、フレッド、ゴーゴーの4人から選択可能で、ベイマックスとハニー・レモンはサポートキャラとして登場する。, アメリカでは2014年10月28日にニンテンドーDS・ニンテンドー3DS版が、日本では12月10日にバーグサラ・ライトウェイトよりニンテンドー3DS版のみ発売された。, また、PlayStation 4ソフト『キングダム ハーツIII』にもビックヒーロー6としてヒロ、ベイマックス、フレッド、ワサビ、ハニー・レモン、ゴーゴーの6人が登場している。, アイアンマン - アイアンマン2(サウンドトラック) - アイアンマン3(サウンドトラック), アベンジャーズ - アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン - シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ - アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー - アベンジャーズ/エンドゲーム, アルティメット・アベンジャーズ - ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち - アベンジャーズ コンフィデンシャル: ブラック・ウィドウ & パニッシャー, アイアンマン(1994年) - アイアンマン ザ・アドベンチャーズ - アイアンマン(2010年), アベンジャーズ 地球最強のヒーロー - アベンジャーズ・アッセンブル (テレビアニメ) - ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ - マーベル フューチャー・アベンジャーズ, スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - スパイダーマン - 超人ハルク - エックスメン - アルティメット・スパイダーマン - ハルク: スマッシュ・ヒーローズ, ルミコ・フジカワ - ニック・フューリー - マリア・ヒル - ペッパー・ポッツ - ハッピー・ホーガン - フィル・コールソン, ビートル - ブリザード - ブラックラッシュ - コバルトマン - アイアンメイデン - ジャスティン・ハマー, アイアンマン ザ・アドベンチャーズ - アベンジャーズ 地球最強のヒーロー - アルティメット・スパイダーマン - ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ - マーベル フューチャー・アベンジャーズ, アイアンマン: ライズ・オブ・テクノヴォア - アルティメット・アベンジャーズ - アベンジャーズ コンフィデンシャル: ブラック・ウィドウ & パニッシャー, キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー - キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー (サウンドトラック) - シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ, アベンジャーズ - アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン - アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー - アベンジャーズ/エンドゲーム, スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - スパイダーマン - X-メン:エボリューション - ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち, ブラック・ウィドウ - ファルコン - バッキー - シャロン・カーター - アレクサンダー・ピアース, レッドスカル - ウィンター・ソルジャー - カーン - アレクサンダー・ピアース - ヒドラ, マーベル・チームアップ - 池上遼一版 - スパイダーマンJ - シークレット・ウォーズ(1984) - ワン・モア・デイ - ブランニュー・デイ-スパイディ・ミーツ・プレジデント- ワン・モーメント・イン・タイム - ビッグ・タイム - スパイダーバース, 1967年版 - 1981年版 - スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - 1994年版 - アンリミテッド - 新アニメシリーズ - スペクタキュラー・スパイダーマン - アルティメット・スパイダーマン - マーベル スパイダーマン - おしえて!スパイダーマン, スパイダーマン (2002) - スパイダーマン2 (2004) - スパイダーマン3 (2007), アメイジング・スパイダーマン (2012) - アメイジング・スパイダーマン2 (2014), スパイダーマン:ホームカミング (2017) - スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム (2019), シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (2016) - アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (2018) - アベンジャーズ/エンドゲーム (2019), ヴェノム (2018) - モービウス (2021) - ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ (2021), パイロット版 (1977) - スパイダーマン プルトニウムを追え (1978) - スパイダーマン ドラゴンの挑戦 (1981), リーサルフォーズ (1995) - スパイダーマンPS (2001) - ミステリオの脅威 (2002) - エンターエレクトロ (2002) - SPIDER-MAN (2003) - スパイダーマン2 (2004) - アルティメット スパイダーマン (2006) - スパイダーマン3 (2007) - アメイジング・スパイダーマン2(2014) - Marvel's Spider-Man (2018) - Marvel's Spider-Man:Miles Morales (2020), アメイジング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン - ウェブスリンガーズ:スパイダーマン・アドベンチャー - Meet Spider-Man and the Marvel Super Heroes, メリー・ジェーン・ワトソン - グウェン・ステイシー - ブラックキャット - スパイダーガール - ペニー・パーカー, グリーンゴブリン - ドクター・オクトパス - ヴェノム - カーネイジ - カメレオン - ヴァルチャー - サンドマン - リザード - エレクトロ - ミステリオ - クレイヴン - シニスター・シックス - スコーピオン - ビートル - ライノ - モービウス - ホブゴブリン, スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - アイアンマン ザ・アドベンチャーズ - ネクスト・アベンジャーズ: 未来のヒーローたち - アルティメット・スパイダーマン - マーベル スパイダーマン, ロバート・ブルース・バナー/ハルク - シー・ハルク - ニック・フューリー - バッキー, スパイダーマン - ブレイド - アルティメット・スパイダーマン - ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ, マイティ・ソー - マイティ・ソー/ダーク・ワールド - マイティ・ソー バトルロイヤル - マイティ・ソー/ラブ・アンド・サンダー(仮), スパイダーマン&アメイジング・フレンズ - 超人ハルク - アルティメット・スパイダーマン - ハルク: スマッシュ・ヒーローズ, アベンジャーズ - アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン - シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ - アベンジャーズ/エンドゲーム, アイアンマン: ライズ・オブ・テクノヴォア - アベンジャーズ コンフィデンシャル: ブラック・ウィドウ & パニッシャー, なお、2019年3月にディズニーが20世紀フォックスが保有する映画資産や権利を買収したため、.