xem 基礎情報. SBI VCトレード(VC TRADE)がスマートフォン向けアプリ 【VCTRADE SP(Android/iOS)】をリリース!, 【図解説】DMM Bitcoin(DMMビットコイン)登録方法(口座開設)を徹底解説!【2020年8月最新】, 【厳選】暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング|日本国内でのおすすめを比較!【2020年8月最新】, コインチェック(Coincheck)でのネム(NEM/XEM)の購入・入出金・送金方法、手数料を徹底解説!, 既に230万人以上のユーザーがCoincheckのスマホアプリを用いて取引を行なっています。, 【2020年8月】コインチェックの評判は最悪?超辛口でメリット・デメリット・口コミを徹底解説!, コインチェック(Coincheck)の登録方法を完全攻略!アカウント作成から仮想通貨購入まで。, 株式会社First nodeは、初心者・中級者向けの仮想通貨サイト「ゴリゴリわかる仮想通貨」の管理・運営を行う会社です。, 新規口座開設キャンペーンの期間は、2020年4月1日(水)6時59分までとなっております。, ビットコイン取引量 国内 No.1 ※Bitcoin 日本語情報サイト調べ。2018年 国内取引所の総月間出来高(現物/差金決済/先物取引を含む) 仮想通貨サービス利用率 国内 No.1 ※調査委託先マクロミル インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」 /調査実施:2019 年 8 月 15 - 16 日/対象:仮想通貨ユーザー 20 - 59 歳の男女 1,033 人 仮想通貨サービス初めての利用に選ばれた 国内 No.1 ※調査委託先マクロミル インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」 /調査実施:2019 年 8 月 15 - 16 日/対象:仮想通貨ユーザー 20 - 59 歳の男女 1,033 人 仮想通貨アプリ利用率 国内 No.1 ※調査委託先マクロミル インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」 /調査実施:2019 年 8 月 15 - 16 日/対象:仮想通貨ユーザー 20 - 59 歳の男女 1,033 人 仮想通貨アプリ初めての利用に選ばれた 国内 No.1 ※調査委託先マクロミル インターネット調査「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」 /調査実施:2019 年 8 月 15 - 16 日/対象:仮想通貨ユーザー 20 - 59 歳の男女 1,033 人, 当サイトで提供する商品の情報にあたっては、十分な注意を払って提供しておりますが、情報の正確性その他一切の事項についてを保証をするものではありません。, お申込みにあたっては、提携事業者のサイトや、利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。, 当社では各商品のサービス内容及びキャンペーン等に関するご質問にはお答えできかねます。提携事業者に直接お問い合わせください。.

多くの人に期待されながらも、なかなか価格に反映されず伸びなやんでいる通貨、ネム(NEM,XEM)。, 世間的に微妙なイメージがつきまとっているネムですが、ネムの将来性の高さを真に理解している方は少ないのではないでしょうか。, 仮想通貨ネムは、2015年3月に発行が開始されたプラットフォームプロジェクトです。, 開発者の「utopiafuture」とは別に、2016年にシンガポールで発足したのがNEM財団。, コインチェック事件直後に犯人捜査の協力をいち早く名乗り出た団体として記憶に残っている方も多いでしょう。, 今でもNEM財団はネムの技術を活用したプラットフォームの普及活動を行なっています。, ネム(NEM)は「New Economy Movement(新しい経済活動)」の略で、, 経済的自由や平等主義の原則に基づいた分散型プラットフォームの構築を目指しています。, ちなみにネムで使われる通貨はXEM(ゼム)と読みますが、コインチェック事件などもあってか、, 本来プラットフォームの名前であるネムが仮想通貨であるというイメージが付いています。, ネムの取引承認方式は、独自アルゴリズムのProof of Importance(PoI:重要度による証明)を採用しています。, PoIではネムの保有数や送金頻度などを元に「PoLスコア」が作られ、スコアによってユーザーの重要度を決定します。, 取引承認のマイニング(膨大な計算処理)に大量のコンピューターを必要とする旧来のProof of Work(PoW)では、, 財力を持ったマイニング業者が報酬を総取りする「資本力による独占状態」が続いていました。, ネムは平等主義を尊重しているので、ネムネットワークを使えば誰でも公平に報酬が分配されるシステムとなっています。, そして何より、大量の電力を消費するPoWよりエコなシステムとして注目を集めている承認方式です。, ビットコインの「マイニング」にあたるのが、ネムの「ハーベスト(ハーベスティング)」と呼ばれる承認作業です。, ネムの公式ウォレットであるナノウォレットに一定期間ネムを預けることで、ハーベスティングする権利が得られます。, マイニングは一番早く計算できたマイナーにしか報酬は支払われないので、より高スペックな設備が必要になりがちですが、, ハーベスティングでは、承認作業参加者に対してランダムで報酬が支払われるため、一般人でも参加することができます。, 加えてPoIスコア(=プラットフォームへの貢献度)が高いほど報酬をもらえる確率は上がるので、個々人がプラットフォームを利用/維持するインセンティブになっています。, ブロックチェーン技術の強みである「改ざんされない」ことを応用したネムの独自機能です。, 書類の改ざんを防ぎつつ、今までかかっていた時間や手間を省くことのできる機能になっています。, 他にも記録に公的な証明が必要なものであれば、なににでも応用することができる拡張性の高さを持っています。, アポスティーユ機能が一般化すると、もちろんネムの需要や価格も上がることになるでしょう。, 2018年1月に580億円近い仮想通貨がハッキングによって流失したコインチェック事件。, 流失した通貨がネムということもあり、第一印象はマイナスという方も多いのではないでしょうか。, もちろんコインチェックのセキュリティが低かったからハッキング事件は起こったのであって、ネム自体のセキュリティ能力とは関係ありません。, コインチェック事件のおかげで認知度は上がりましたが、ネムはセキュリティが低い通貨という間違った認識が広がってしまっていることも考えられます。, 実際2018年1月の仮想通貨バブルの崩壊とともに、コインチェック事件後のネムの価格は暴落。, 盛り上がりが最高潮だった1XEM=244円から、1ヶ月で60%以上急降下。現在は1XEM=10円程度に落ち着いています。, ネムは日本人に人気のある通貨の一つですが、国内で取り扱っている取引所がほとんどありません。, 理由として、コインチェック流出事件後はネムの取り扱いを自粛している取引所が多いからと言われてます。, しかしコインチェックが業務再開してからは、コインチェックでの購入がやはりおすすめです。, 【仮想通貨交換業者登録に関するお知らせ】 (厳密にはEigen Trust++を少し改良したもの), 具体的には、ノードが発信した情報が本当に正しいかを別のノードたちが確認して評価していくことで、そのノードの信頼度が決められます。, 信頼度が低いノードはシステムから悪質な存在と認識され、最終的にネットワークから排除されます。, 企業などが独自の暗号資産(仮想通貨)を作って売り出すことをICOと言いますが、NEMのプラットフォームを使えば、誰でも個人で簡単にICOをすることができます。, 例えば、アイドルが握手券代わりのトークンをCDを売り出すたびに発行して、そのトークンの取引所なども整備するとします。, すると握手券の適正価格も取引所の価格で分かるとともに、ブロックチェーンの強みでもある透明性が転売の撲滅にも貢献すると予想できます。, こう考えると、個人用のICOプラットフォームは社会に一定の需要があることがわかります。, NEMが個人のICOに使われるようになれば、NEMの価値上昇が大きく期待できるでしょう。, さらに送金手数料がとても安く、また一切の匿名性がない為すべての取引を追うことができるクリーンさも持ち合わせてます。, しかし、着々と店舗数を増やしているのは事実ですが、日常的にNEM決済を使えるようになるのはもう少し時間がかかるでしょう。, ですがもし、Amazonや楽天市場のような大手通販サイトがXEM決済を採用したら、爆発的にユーザーが増えることになるかもしれません。, 実はすでにmijinには、大型アップデート「カタパルト(Symbolの旧名)」が実装されています。, そのため処理速度が圧倒的に早く、実用化も着実に進んでいるため、mijinの普及が今後のNEMの発展に大きく影響してくる可能性は高いです。, NEM(ネム)の開発を手掛けるネム財団はすでに、先ほどのmijinを提供するテックビューロや欧州リストニアの通信会社FIX Networkとの提携を発表しています。, また、2018年にはアラブ首長国連邦(UAE)、2019年にはマレーシア政府といった国家機関とも提携しています。, NEMはアップデートによってセキュリティもより強力になるので、法定通貨の信頼が弱い国では特にNEMの利用が拡大する可能性が高いです。, 2022年に開催される予定のFIFAワールドカップは中東カタールで開催される予定です。, その際に必要となるホテルの建設プロジェクトに、NEM(正確にはSymbol)のプラットフォームが利用されることが分かりました!, これを機に実用化がさらに加速していけば、Symbolの需要も確実に上がっていくことになるでしょう。, Coincheck(コインチェック)は、Symbol(XYM)への対応を検討している数少ない取引所になります!, 個人ウォレットでもXYMはもらうことができますが、セキュリティがしっかりしている取引所のウォレットを使う方が安全です。, Coincheckは東証一部のマネックスグループが運営しており、セキュリティが非常に強いことで知られています。, そのためSymbol(XYM)が欲しい方は今のうちにCoincheckでネム(XEM)を保有しておくのがいいかと思います!, コインチェックではネムのレバレッジ取引はできませんが、GMOコインとDMM Bitcoinならネムのレバレッジ取引が可能です。, アップデートの前後では大きく値動きすることが予想されるので、レバレッジをかけて買い、または売りから取引する準備をしておくことがおすすめです。, 取引所によってSymbol(XYM)への対応が異なるかもしれませんので、両方登録しておくのが安心です。, よく間違えやすいですが、NEMの性能が上がったものをSymbolと呼ぶ、という見方は正確には正しくありません。, SymbolはNEMとは互換性のない全く別のチェーンなので、SymbolとNEMは別々のチェーンです。, 今NEMに集まっている需要・価値の多くはSymbolに移動してしまうことが考えられるため、その後のNEMの需要は必然的に低下すると考えられます。, ただ、ネム財団はSymbol誕生後のNEMチェーンを今後も稼働し続けるために開発を進めているので、NEMの価値が下がると断言するのはまだ早そうです。, Symbolでは処理速度やセキュリティといった性能がNEMとは比べ物にならないほど大幅に強化されます。, これによって、決済手段としての急速な普及が見込まれ、さらに企業や政府のプロジェクトにも利用されるほどの高いポテンシャルを持つことになります。, ただこれはあくまで新たに誕生するSymbolプラットフォームの話であって、元々のNEMプラットフォームではないことに注意が必要です。, 今年12月中旬にリリース予定のSymbol(XYM)ですが、同月上旬のスナップショット時に保有しているネム(XEM)と同数のXYMを必ずもらうことができます。, つまり、その時まではネム(XEM)を保有しておこうという人が増えるため、結果として2020年後半にはネム(XEM)の価格は上昇する可能性が高いと言えるでしょう。, Symbolアップデートによってこれまでよりも価値が高まることはほぼ確実と言っても良いでしょう。, 申請をすればXYMを無料でもらうことができるので、この機会を逃さないようにネム(XEM)を保有しておきましょう!, NEM(ネム)のSymbol(シンボル)とは? 気になる概要と仕組みをわかりやすく解説, 仮想通貨IOTA(アイオタ・MIOTA)の特徴・将来性・価格・購入方法を徹底解説!, カイカコイン(CAICAコイン)は配布されただけの仮想通貨?!その使い道はあるの?, ネム(NEM/XEM)の購入方法・買い方!おすすめ取引所から手数料まで詳しく教えます!, 仮想通貨NEM(ネム/XEM)とは?仕組み・特徴・将来性・チャートを解説! | CoinPartner(コインパートナー), コインチェックのハッキング事件でも話題になった暗号資産(仮想通貨)NEM(ネム/XEM)。実は、開発が上手く行けばリップルをも凌ぐ取引のはやさを実現できる将来性のある暗号資産(仮想通貨)です。特徴やメリット・デメリット、取引所やウォレットなど網羅的に解説します!, NEMのハーベストとは?放置するだけでXEMを稼げるのは本当なのか? | CoinPartner(コインパートナー), NEMのハーベスト(ハーベスティング)は、ビットコインでいうマイニングにあたる承認作業のことです。しかし、マイニングとは大きく異なり、何もしなくても、なんならPCの電源オフでもお金が貰えちゃいます!今回はそんなハーベストを徹底解説します!, NEM(ネム)のSymbol(シンボル)とは? 気になる概要と仕組みをわかりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー), NEM(ネム)のブロックチェーンを飛躍的に成長させる「Symbol(シンボル)」。かつてカタパルトと呼ばれた大型アップデートが果たしていつ実施されるのか、どんな仕組みなのか、新通貨はどのように配布されるのか、などNEM(ネム)のSymbol(シンボル)について網羅して解説します。, ビットコインのノードって?ノードの意味や種類、その役割を解説! | CoinPartner(コインパートナー), ビットコインの説明における、ノードという言葉をきちんと理解できていますか?ビットコインのノードが何を意味するのか、その様々な種類・役割について、初心者でも詳しくなれるよう説明します!これを読んで、ブロックチェーンの理解を一段深めましょう!, ICOとは何なのか?従来の資金調達との違い・やり方についても分かりやすく解説 | CoinPartner(コインパートナー), ICO(Initial Coin Offering)とは、仮想通貨(トークン)を用いた資金調達の方法です。この記事ではICOの定義・目的・やり方などを分かりやすく解説しています。さらに、IPO・IEO・STOとの違いも簡単に紹介しています!, mijinはブロックチェーンの革命児!セキュリティが高いその仕組みと将来性とは | CoinPartner(コインパートナー), ブロックチェーンの革命児「mijin」が金融関連のインフラコストを1/10に?不動産・エネルギー分野といった金融業界以外からも次世代のコアテクノロジーとして期待を集めるmijinの正体をじっくりと解明していきたいと思います。, 仮想通貨ニュース|仮想通貨市況、注目ニュース、価格動向|CoinPartner(コインパートナー), 国内外の仮想通貨に関するニュースはもちろん、業界動向や規制・法律などの政府対応、国際情勢などあらゆる情報をCoinPartnerでは提供しています。また、様々な切り口のオリジナルコンテンツを配信しています。, コインチェックの評判はどうなの?メリット・デメリットや口コミから現在の実態を徹底調査! | CoinPartner(コインパートナー), コインチェックの評判やメリットデメリットをまとめました。初心者登録者数No.1を獲得し、手数料の安さやスマホアプリの使いやすさも評判のコインチェック。デメリットもあるので口座開設する前に必ずチェックしてください。, GMOコインの特徴・評判・メリット・デメリットを全部解説! | CoinPartner(コインパートナー), GMOコインは国内最大級の仮想通貨取引所です。この記事ではGMOコインの特徴・評判・メリット・デメリット・登録方法など気になるポイントをすべて解説しています!GMOコインに登録しようか迷っている方は必読です!, DMM Bitcoinの特徴や評判・メリット・デメリットを全部解説! | CoinPartner(コインパートナー), DMM BItcoinは暗号資産(仮想通貨)FXに人気の取引所です。そんなDMM Bitcoinが実際にどんな取引所かを探るべく、この記事ではDMM Bitcoinの特徴やリアルな評判、登録方法や使い方をまとめました。, 保有しているネム(XEM)と一対一の量のSymbol(XYM)がその後無料配布されます。, NEMの性能が上がったものをSymbolと呼ぶ、という見方は正確には正しくありません。. 寂しいぜ!TOKYO!! pic.twitter.com/mIrNzAQuk9, — ねむぐま屋nemurie開催中 (@nembear) 2018年9月2日, まだ仮想通貨を知らない人でもネムの存在は聞いたことがある、までいくのではないでしょうか。, また、ネムは開発しやすい「Java」という言語で書かれており、開発コミュニティも活発に活動しているようです。, ネムでは専門的な開発をしなくても独自トークンやアプリケーションを作ることができます。, 独自トークンを作ると、新しいプロジェクトで使われるトークンと引き換えに資金調達(ICO)することも可能。, 「mijin」は日本のテックビューロ社が開発を主導するブロックチェーンプラットフォームで、, 誰でもブロックチェーン技術が使えるようなプラットフォームの作成を目標に掲げています。, ネムの技術が使われた「mijin」がこの先さらに普及すれば、ネム自体の需要も上がるのではないでしょうか。, 「カタパルト(Catapult)」は、ネムの送金スピードとセキュリティを格段に向上させるアップデートです。, 完了すると1秒間に3000から4000件のトランザクションを処理することができるので、, すでに「mijin」はカタパルト実装済み(2018年5月)で、2018年中にはネム本体へのカタパルトを実装を予定しています。, 一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせ(ETH・XEM・LSK)https://t.co/g3Hc9rzxZ1, — Coincheck(コインチェック) (@coincheckjp) 2018年11月12日, 価格下落の主な要因になっていたコインチェックの業務再開は、取引量・価格上昇の大きな追い風になっています。, ネムの高い将来性を元に、海外の大手メディアはどのような価格予想をしているのでしょうか。, MegaCryptoPrice(MCP)FORECASTSは、独自のアルゴリズムを用いて短期と長期の価格予想をするWebサイトです。, 価格予想のアルゴリズムは各通貨の様々なデータを複合的に分析したのちに生成されます。, NEM Flash内の記事では、2018年内にはネムの価格が1XEM=1ドル(110円)と分析していました。, 2018年11月現在の10円台から1000%近い高騰をする可能性があるということです。, まだまだ「1NEM=10円」という少額から購入することができますので、価格が安定している今のうちに購入しておきましょう。, Coincheck(コインチェック)なら、NEMを「500円」という少額から購入することが可能ですよ!, しかし油断は禁物。雲の動きや移動平均線の交わりも見極めながらポジション入りすべきです。, ファンダメンタルズでは、カタパルトの実装や「mijin」の開発状況もウォッチしておくのがおすすめです。, 今までネムを取り扱っていたコインチェックが業務を停止していたため、国内ではほぼ現物のネムを購入できない状態が続いていました。, しかしコインチェックが2018年の11月にNEMの入金・売却業務を再開し、2019年の1月には「仮想通貨交換業者」を取得したことによって、状況は好転。, 東証一部上場企業の「マネックスグループ」を親会社に持ったこともあり、以前とは比較にならないほど安心して利用することが可能ですよ!, 短期的な値下がりを気にせず、現物で買っておいて長くホールドしておくというのが賢い投資戦略の一つかもしれません。, CoincheckならNEMの取引手数料が無料で、かつワンコイン(500円)からNEMを購入可能ですよ!, ネムは、ビットコインのマイニングよりはるかにエコな承認方式「PoI」を採用していて、, アポスティーユと呼ばれる公証機能やプラットフォームの応用が期待されるなど、将来性の高い通貨として注目を集めています。, 次なる価格上昇が発生する前に、手数料無料な取引所「Coincheck(コインチェック)」でNEMを購入してみましょう。, これからNEMを購入するなら、Coincheck(コインチェック)は登録必須な取引所ですよ。, 奏コイン(カナデコイン,kanadecoin)とは?|奏コインは日本初のイーサリアムトークン!, ステラルーメン(Stellar Lumens)の買い方・購入方法を完全ガイド|初心者でもカンタン!, MYCOIN(マイコイン)のインストール方法や使い方、おすすめの活用法を徹底解説!, 【仮想通貨取引所BQT】暗号資産FXに特化した取引所で、P2Pによりユーザー優位の取引が可能に!, 仮想通貨クアンタム(Quantum/QTUM)とは?特徴から将来性/買い方まで徹底解説!, 株式会社First nodeは、初心者・中級者向けの仮想通貨サイト「ゴリゴリわかる仮想通貨」の管理・運営を行う会社です。東証一部上場企業の子会社で執筆経験のある仮想通貨ライターや専門スタッフが、仮想通貨の買い方・使い方に関しての正確な情報をお届けします。, 東証一部上場企業の子会社で執筆経験のある仮想通貨ライター・専門スタッフが、仮想通貨の買い方・使い方に関しての正確な情報をお届けします。. NEM(ネム)は、ブロックチェーンを活用して新しい経済圏を構築するプロジェクトと、その上で利用される仮想通貨の名称です。アクティブなネットワーク参加者を評価する独自のProof of Importance(PoI)を採用し、ハーベスティングと呼ばれる承認作業による報酬体系、ネットワーク内のノードの過去の動作を監視するアルゴリズムとしてEigentrust++を仮想通貨で初めて採用するなど、様々な特色を持っています。, 仮想通貨ネム(NEM)の新通貨Symbol(XYM)のローンチ日が21年1月14日に決定。権利確定日など通貨付与時の注意点と仮想通貨取引所ごとの対応一覧を掲載。, 仮想通貨ネムの新ブロックチェーンSymbol(XYM)のローンチ日が21年1月になることが分かった。当初の予定より1ヶ月程度延期された。, 12月に新チェーンSymbolのローンチが迫っている仮想通貨NEMは、積極的に他企業とパートナーシップ提携を結んでいる。最新提携先にはEU認可のSimplexやステーキングプラットホームMyContainerなどがある。, 国内出来高上位の仮想通貨NEM(ネム)価格が11日にかけて続伸。前週比33.9%高で0.13ドル(14円)台を回復した。上昇の背景に、次世代チェーンSymbol(XYM)の思惑がある。, 仮想通貨ネムの新チェーンSymbolで、デスクトップウォレットの新バージョンがリリースされた。委任ハーベスティングのアクティブ化など、新たな機能を追加した。, NEMグループはm仮想通貨NEMで20年12月に実施予定の新チェーン「Symbol(XYM)」について、ローンチ日程と権利確定日の最新情報をアップデートした。, 暗号資産(仮想通貨)NEMの新チェーン、Symbolにおける初のアプリの一つが開発される見込みだ。Peersyst TechnologyはIWIECO(IWICHAIN)とパートナーシップを結び、開発を行うことを発表した。, 仮想通貨NEMによる寄稿記事。12月ローンチ予定のハイブリッドブロックチェーンSymbolが、DeFi(分散型金融)にもたらすメリットを紹介。, 仮想通貨NEMがローンチ予定の新ブロックチェーン Symbolに向けて、デジタル証券サービス会社のPropineとの提携を発表。Symbolユーザーは、セキュリティトークン管理やカストディサービスなど、Propineのサービス全てを利用できる。, 11月3日から仮想通貨ネム(XEM)による流動性マイニングサービスが、Hummingbotとの提携で開始されることが分かった。新ブロックチェーン「Symbol(シンボル)」のXYMにも対応予定。, ステーキングとDeFiのサービスを提供するプラットフォームとのパートナーシップによって、仮想通貨ネム(XEM)に新たなユースケースが誕生する。その概要が明らかになった。, 仮想通貨取引所GMOコインは、販売所で取り扱うネム(XEM)価格と取引金額の変遷について今年1〜9月のデータを調査・公開した。直近では新通貨(XYM)のオプトイン手続き開始などで注目が集まっている。, ネムグループは26日、新ブロックチェーン「Symbol(シンボル)」ローンチに向けたテストネット「Hippopotamus(カバ):v0.10.0」のリリースを発表した。, 産業界でブロックチェーン採用の気運が高まっているが、パブリック型とプライベート型どちらのタイプにも課題が存在している。ネム(NEM)は両者の課題を解決するハイブリッド・ブロックチェーンを打ち出す。, 仮想通貨NEM(ネム)のSymbolやXRP(リップル)保有者への配布トークン情報に関心が集まった。イーサリアム関連ではUniswapがガバナンストークンを配布、総額630億円のトークンが市場に表れ、再注目を浴びている。, 仮想通貨アナリストのJoseph Youngは、直近安値から反発するビットコインのドミナンスに言及、ドミナンスの拡大はアルトコイン相場のさらなる上昇を抑制し、DeFiバブルに終止符を打つ可能性があると論じた。, 仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは17日、ネム(XEM)の取引量に応じたトレードコンペティションの開催を発表した。, 仮想通貨ネム(XEM)の最大レバレッジ20倍の無期限スワップが仮想通貨取引所Delta Exchangeでローンチされた。CoinGeckoによると、XEMマーケットにおける初のデリバティブとなる。, フォビジャパンは、仮想通貨Stellar Lumens(XLM)とNEM(XEM)の板取引を10日より開始することを発表した。取扱暗号資産は全9種類となる。, 仮想通貨取引所bitFlyerは8日、新通貨「Symbol(XYM)」取得に係るオプトイン(意思表明)について、顧客の利便性を最優先とした対応対応方針をとることを発表した。これで、国内取引所でXEM現物を取り扱う全取引所が対応を発表したことになる。, NEM新チェーンSymbol、デスクトップウォレットに委任ハーベスティングの新機能を追加, 「スペインの廃棄物トレーサビリティ」仮想通貨NEM、Symbol使用のアプリ開発へ, 12月ローンチ予定のNEM新チェーンSymbol、証券サービスPropineと提携へ, 仮想通貨ネム、Hummingbotとの提携で流動性マイニング提供へ SymbolのXYMにも対応予定, 「新たなユースケースを」StakeHoundとの提携で仮想通貨ネム(XEM)をDeFiで活用, Uniswapが時価600億円相当のトークン配布 NEMやXRPはトークン配布関連で注目|今週の仮想通貨重要ニュース, ネム(XEM)最大レバ20倍の無期限スワップ、Delta Exchangeでローンチ, NEMとPropineのコラボレーションは、資産のトークン化を提供し、証券市場を開設.