ボーマンダとは、ポケットモンスターに登場するNo.373のポケモンである。初登場はルビー・サファイア。, 2020/11/01(日) 21:12:35 ありがとうございました。, レジエレキとレジドラゴの色違いの確率はどのくらいですか?ひかるおまもりの効果はないんですか?, ポケモンソード、シールドのダイマックスアドベンチャーでローカル通信のマルチプレイのやり方が分かりません。やり方わかる方教えてください。. 技・コメットパンチ、すてみタックル、じしん、ヘドロばくだん 飛行機が上空を飛んでいたり... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12118963342. 今更ながら、ポケモンのエメラルドでボーマンダを育てています。  最速にして上から行動できるパターンを増やした、現代GBAの走るメタグロス。 開いた後は発送状況を確認できるサイトに移動することは無く、ポップアッ... ゴートゥーイートキャンペーンがいきなり終了しても、無限クラの予約分(11月26日)のポイントはつきますか?. 光る鳥、もしくは鳥が光って見える現象ってありますか?先週の金曜日に(11月11日、天気は晴れ)、子供を保育園に迎えに行った帰り夕方6時ごろなのですが、 メタグロス@ラムのみ ポケモンgoのボーマンダのおすすめ技や個体値早見表を掲載しています。ボーマンダの弱点、最大cp、タイプ、入手方法、対策ポケモンも掲載していますので、ポケモンgo攻略の参考にしてください。  「こだわりハチマキ」を持たせて一撃で倒せるポケモンを増やした構成。 上記に対し、アドバイスお願い致します。. ポケモン個別考察. ID: PjWt53tCLF, 2020/11/08(日) 03:15:24 メタグロスの代名詞。他に使えるポケモンはピクシーのみで、タイプ一致で扱えるのはメタグロスが唯一。威力の高さは勿論、追加効果の発動率が20%と高めなのも優秀。多少低い命中率は必然力でカバーすれば問題ありませんぞwww, 「コメットパンチ」を半減するみずタイプに対する打点として採用される。特に「こだわりハチマキ」を持たせた場合採用されやすい。, 複数に攻撃できる優秀なサブウェポン。はがね技の効きにくいでんきタイプの内、サンダー以外に大きく刺さる。, カビゴンなどに命中安定でダメージを与えられる。壁+積み技のような組み合わせにも強い。, 最強技。仮に採用していない場合でも、この技を覚えるという事実が相手へのプレッシャーになる。, 一応命中安定のタイプ一致技。しかしこれを採用するくらいならタイプ一致補正がないとはいえ範囲の広い「かわらわり」が選ばれ易い。, タイプ一致技。高い攻撃に目を奪われがちだが、特攻も低くない。特殊型のメインウェポンにも物理型の役割破壊にも使える。, 「ひらいしん」無効のでんき技。「かみなりパンチ」以上に対ギャラドスで強くなれるが汎用性は減る。, 「いかく」の効かない、相手のメタグロスなどに強い。こちらも時間稼ぎをしたいとき用に。, 弱点のほのおを半減できるため「にほんばれ」より相性がいい。晴れパのメタとしても強力。, 「だいばくはつ」を半減できることから必須技ではないが、自身が「だいばくはつ」を覚えることにより集中攻撃を誘い易いため、基本は採用したい。. このページは、ボーマンダの対戦での扱い、および育成論を記述するところである。メガボーマンダについても記述する。, 素早さではなく耐久に努力値を振り相手の攻撃を耐え、チイラのみを発動させてりゅうのまいを積んで攻めにいくボーマンダ「ケイジローボーマンダ」が流行した。ある意味では役割論理の先駆けである。ポケモンリーグ2005中学生以上の部では決勝進出者9人中1人が使用していた。, 当時は覚える技のレベルにかなり難があり、ドラゴンクローを覚えるのがレベル79、すてみタックルを覚えるレベルがなんと93だった。タツベイの時は前者がレベル49、後者がレベル53と圧倒的に早かったため、使用する場合は進化キャンセルを使いながら育てる(かつ、後者は覚えさせた個体を両親にして遺伝させておく)方が現実的だった(前者はわざマシン、後者はおしえわざでも習得可能だが、わざマシン02は1個しか手に入らず、後者も一つのソフトで一回しか教えてもらえないことが難点だった)。, 特性いかくや、物理技か特殊技かについて技によって区分されることから、物理型と特殊型の選択が可能になった。とりわけりゅうせいぐんの獲得は大きい。同じタイプにはガブリアス、ラティオスというライバルもいたが、両刀型にすれば相手の耐久の低い方を十分に攻めていける火力面、いかく込みで対面もサイクルも自在にこなせる耐久面など、多くの長所を活かして様々な構築に対応できるポケモンであった。何と言っても種族値の高さと攻撃を中心としながらオールラウンダー寄りな配分のおかげで「型を読みづらい」という長所が光り、上級者同士の戦いではこの点が非常に有利に働いた。この世代で有名なのは後出しでヘラクロスのストーンエッジを確定耐えできるように調整ししたこだわりスカーフ型であり、これは展開期のオフ会界隈で発祥した型である。, ダブルバトルでは公式大会であるポケモンリーグ2007でも地区予選で何例か上位入賞を果たしていた。世代末期のバトレボ環境ではガブリアス、スイクン、サンダー、バンギラス、メタグロス、ゲンガーという最も安定した勝率を叩き出せるとされたパーティ「結論パ」が成立したが、ゲンガーの枠をボーマンダに変える構築もよく見られた。WCS2009優勝メンバーの1体にも輝いている。, ただ、GSダブルで行われたWCS2010期の公式戦ではミュウツーとユキノオーのコンビ「ノオツー」でひたすらふぶきを放つ動きが流行し、あられ+ふぶきに弱いことが露呈したため若干評価が下がり、いかく持ちとしてはカポエラーの後塵を拝するようになった。, 第三世代で問題となっていたドラゴンクローとすてみタックルを覚えるレベルが下がり、前者がレベル61、後者がレベル70と若干改善された。, ダイヤモンド・パール期にはポケモンだいすきクラブに投稿された動画に当時まだ通常プレイで手に入れられなかったげきりん個体が確認されて問題となった。プラチナでげきりんが教え技化したのにはもしかするとげきりん個体を既成事実化することで批判を躱すという意図があったのかもしれない。, 隠れ特性じしんかじょうが登場したが、汎用性の高いいかくに優先されることは基本的になかった。これは第七世代現在も全く変わっていない。この世代もガブリアスとの比較からやはり第四世代と同じく両刀型がメインとなった。しかしオノノクスやサザンドラなど新規の強力なドラゴンタイプの登場、カイリューの強化などもあって、より弱点を突かれる機会が増えたという意味で第四世代よりも弱体化、600族の中ではシングルバトル使用率ワースト1位になるほど立場が悪くなった。シングルバトルの特殊型として考えればサザンドラに素早さで勝るがサザンドラ自体ひかえめ型が主流であったため、ボーマンダも準速がメインであった。, 単体では微妙なポケモンとなっていたが、この世代ではじしんかじょうボーマンダ、ひでりキュウコン、クレセリアのトリオによるパーティ、いわゆる「過剰晴れ」が一定数存在した。この過剰晴れというのはボーマンダにとって不利なはがね、こおりをキュウコンで処理し、クレセリアで受けつつドラゴンをれいとうビームで処理し、残りをこだわりスカーフを持たせたじしんかじょうボーマンダで殲滅する、というコンセプトであった。この構築はBW2期になると有名になったため、こだわりスカーフボーマンダ自体警戒されるようになった。, ダブルバトルではB2W2でれいじゅうランドロスが登場するまでラティオスを抜いて全ドラゴンタイプ中で使用率1位を誇っていた。BW期の全国大会予選であるジャパンカップ2012オンライン大会(ダブルバトル)では使用率7位を記録。同大会統計データによると、主流技構成はりゅうせいぐん、だいもんじ、まもる、めざめるパワーであったとうかがえる。持ち物はドラゴンジュエルが1位[1]。, 新タイプ・フェアリーの登場により、自身がそのタイプを苦手としているためやや弱体化した。フェアリータイプへの効果的な技が普段のサブウェポンか教え技のアイアンテールくらいしかないので、基本的に太刀打ちは全くできなかった。, オメガルビー・アルファサファイアでメガシンカを獲得してからは、スカイスキンによる火力の強化やガブリアスを上回るすばやさから徐々にではあるが使用頻度が上昇。この頃からシングルバトルではりゅうのまいの使える物理型、ダブルバトルではハイパーボイスの使える特殊寄りといったように、バトル形式によって型が分かれるようになった。ORASリーグシングルバトルでは使用率が1ケタ台後半から10位台半ばを推移しており、最高位はシーズン7の6位。ダブルバトルでもほぼ同様に使用率の推移であり、最高位はシーズン7の8位。強いて言えばORASリーグ中期にはあまりにもボーマンダに対するピンポイントメタが増えたため、その頃使用率自体は高水準を保っていたものの若干環境的に苦労したということが言える。, PGLレーティングバトル統計データによると、技の主流としてはシングルバトルではすてみタックル、じしん、りゅうのまい、はねやすめ、といったように、フェアリータイプへの不利やスカイスキンによる恩恵を受けないことなどを考慮してドラゴンタイプの一致メインウエポンにこだわらない構成が目立った。ORASリーグ後半には状態異常に対して露骨にからげんきで対策を張る型が流行し、ダブルバトルではまもる、ハイパーボイス、すてみタックル、りゅうせいぐんが採用率上位になっており、シングルバトル同様スカイスキンとのシナジーを優先した構成となっていた。ポリゴン2に対する突破力が低いためどくどくとはねやすめによる耐久型もその対策として登場。さらにひこうタイプを活かして砂パの鉄板メンバーであるバンギラスとドリュウズのじめんに対する一貫性を消し、バンギラスとボーマンダのフェアリーに対する一貫性はドリュウズで消し、残りの殆どはドリュウズのはがねとボーマンダのドラゴンで対処する、という砂パの相性補完トリオ「バンドリュマンダ」が完成した。, 当時のダブルバトルでの評価としては強力ではあるものの、メガシンカ枠としてはメガガルーラに、いかく枠やひこう枠としてはれいじゅうランドロスに劣るという節があった。WCS2015では活躍が期待されたものの、マスターカテゴリのベスト8に入ることはなかった。, 一方、GSルールで行われたWCS2016では高く評価される。少なくとも禁止伝説級解禁のフォーマットではゼルネアス、ゲンシグラードン、メガガルーラ、ドーブル、ファイアローと共に「BIG6」(日本語で言う結論パ)の1体に数えられた。ボーマンダ自身がアタッカーになれるだけでなく、いかくやおいかぜで伝説のポケモンをサポートできることが評価されたためと言える。同大会フランス地区予選ではベスト8進出者中6人がこの「BIG6」全員を使っており、残り2人も「BIG6」中5体を使用していた。, カプやミミッキュなどフェアリーの普及やスカイスキンの弱体化もあり、単体で言えば第六世代より弱体化したと思われたが、シングルバトルではカプ・レヒレとマンムーと組み合わせて優れた相性補完でサイクルを回し、ボーマンダで攻め切る「マンマンレヒレ」が環境で主流パーティの1つになるに至った。カバルドンで起点を作ってからメガボーマンダとギルガルドで攻める「カバマンダガルド」も一般的であり、初見ではボーマンダとギルガルドのどちらが物理型でどちらが特殊型か見分けが付けづらい。また、ガブリアスの大幅弱体化やメガシンカの仕様変更もあって、使用頻度はむしろ大幅に上昇し、USUMリーグシングルバトルでは使用率5位以内の常連となった。しかしUSUMではアーゴヨンが登場し、いかくの効かないドラゴンタイプの速攻アタッカーに弱いボーマンダはこの対面が非常にきついため、交代などプレイングで回避する必要が生まれた。前世代よりも環境にポリゴン2が増えたため、特性いかくを残そうとメガシンカしないままだとトレースされて不利になるという面が目立ってきた。, USUMリーグシングルバトルではHPと特防に厚く振ってめざめるパワー(こおり)に備えるみがわり+はねやすめ耐久型が主流化。じしんワンウエポンに絞っているケースも珍しくなくなり、耐久戦法とアンチシナジーとなるすてみタックルの優先度は低くなった。同リーグ同バトル初期はしんちょう型が10%台に上るシーズンもあり、その頃は特殊耐久完全特化型すら珍しくなかった。素早さ無振りメガボーマンダの実数値140は一つの調整の目安と化した。, 第七世代に「結論パ」はそれほど明確なものが存在するわけではないが、強いて言えば「カバマンダガルド」を表選出として、ゲッコウガ、ミミッキュ、カプ・コケコのトリオ「ゲコミミコケコ」を裏選出とするパーティを「結論パ」とする意見もある。, ダブルバトルでは毎年のように公式大会で活躍している。アローラ図鑑限定のダブルバトルであるWCS2017ではメガシンカができなかったが、じならしで味方メタグロスのじゃくてんほけんを起動する戦術が流行し、世界大会でもマスターカテゴリベスト4の記録を残した。, そしてWCS2018(全国ダブル)ではマスターカテゴリ優勝の実績を持つ。この年はJCSライブ大会でも全カテゴリでメガボーマンダ入りのパーティが優勝しており、ボーマンダの年となった。同大会のジュニアカテゴリでは雨パーティに、シニアカテゴリでは砂パーティに入っており、様々な構築に入れやすかったポケモンであることが窺える。, 前世代に引き続きGSダブルではさらに持ち味を発揮し、WCS2019ではマスターカテゴリベスト8進出者中2人が使用、1人は優勝、もう1人が準優勝であった。, 冠の雪原で追加。過去の600族で唯一登場することが発表されていなかったが、登場した。, ひこう技のエアスラッシュ、ぼうふうを獲得。物理ひこう技はダブルウイングを獲得した。, ダブルバトルではいかくがある時点でカイリューと明確に差別化できる。また、味方の高速ポケモンでこごえるかぜを放って上からマルチスケイル潰しを行う場合は、実質的に火力・速度で勝るボーマンダの方が上位互換となる。, シングルバトルでもじしんかじょうのおかげで物理型がカイリューの劣化になりづらい。カイリューがトリプルアクセルフェローチェやステルスロックなどで露骨にマルチスケイル対策を打たれたため、実質的に耐久性能でカイリューに差を付けられずに済んだのである。, カプ・レヒレなどのダイストリームで雨を展開されたところに合わせると効果的。というのも、メインウエポンのぼうふうは雨時に必中なためである。, こうげき・とくこう・すばやさに優れる、第三世代の600族の1匹。物理・特殊ともに止めにくく、ドラゴンタイプの中では唯一特性いかくを持っており、そのおかげで交代出しの機会が得やすいなど優れた点は多い。しかし素早さはドラゴンタイプの中ではフライゴンと並んで5番目に速い(禁止伝説を含む)が、それよりも種族値が2だけ上回るガブリアス、また特殊アタッカーではラティオスやサザンドラ(ラティオスには素早さでも負けている)、タイプ面でも新たにマルチスケイルという隠れ特性を獲得したカイリューなどライバルが多い。シングルバトルでは第五世代以降使用率が大きく落ちたが、ダブルバトルでは強力な特性である「いかく」を持つポケモンでもあるため、ボーマンダが重宝されることもある。, ボーマンダによく見られる唯一の長所は、種族100を超える攻撃と特攻を活かして二刀流にし、突破できる相手を増やせることにある。カイリューやサザンドラも攻撃、特攻の種族は100を超えているが、どちらも物理または特殊一点で攻めるケースがよく見られる上、ボーマンダより素早さ種族が低いことも伺える。それを踏まえた上でどのドラゴンタイプのポケモンにも劣らない技構成にするならば、二刀流型が推奨される。ただ、ORAS環境ではメガシンカが追加され、基本的な面はメガシンカ型が優秀なので、ダブルでメガ枠を消費したくない時以外はメガボーマンダでやった方が良いだろう。, 特殊攻撃を主体にする場合りゅうせいぐんとだいもんじが採用される。その他の特殊技はハイドロポンプやりゅうのはどう、飛行タイプのめざめるパワーが候補に挙がる。サブの物理技では広範囲のストーンエッジ、壁パメタのかわらわり等が候補に挙がる。技の撃ち分けが強いボーマンダの主流はこちらで、特性いかくやおにびで火力が削がれやすいダブルバトルでは第4世代では物理竜技のげきりんやドラゴンダイブを採用し、りゅうせいぐんで特攻が下がった後でもそのまま戦える技構成にしている事が多かった。, 物理攻撃を主体にするのならげきりんとりゅうのまいをメインにした「竜舞型」が基本となる。単純な物理1本の型だとガブリアスに運用上劣る事が多いからである。次にストーンエッジ・じしんなどを1つ入れ、最後の枠は物理攻撃では崩しにくいポケモンのためにだいもんじや、対戦序盤の撃ち逃げ用としてりゅうせいぐんのような上記の特殊技が採用するケースが多い。なお、げきりんは教え技限定となるので育てる前に注意したい。, 持ち物は物理、特殊問わず火力を上げられるいのちのたまか、すばやさを上げ、また性質上打ち逃げに適しているこだわりスカーフか、一発限りで火力が底上げできるドラゴンジュエルなどが候補。性格は特性のいかくを生かし、物理ポケモンに多く繰り出せるように特防が上がりにくいものを選びたい。素早さ重視ならむじゃき、物理火力重視ならやんちゃ、特殊火力重視ならうっかりやを選択することが望ましい。ただしりゅうせいぐんを撃った後は特攻が2段階下がる、実質特殊火力がほぼ半分になるため、うっかりやの場合は特殊技で一気に突破することが殆どであり、優先度はやや低め。特殊技がメインの場合、こうげきの値が下降補正でも問題無い場合はおくびょうやひかえめにすることも多い。, 隠れ特性のじしんかじょうの場合、特性を発動して上昇した攻撃を生かすため、物理型が中心になる。ブラック・ホワイト登場時はげきりんを覚える隠れ特性タツベイはポケモンドリームワールド限定であり、りゅうのまいとの同時採用は不可能だったが、ブラック2・ホワイト2に入って教え技にげきりんが復活したため、特性がじしんかじょうであっても同時採用が可能になった。