http://www.club-absolute.com/html/credit.htm, SUICAやPASMOなど、交通系のプリペイドカードで決済する場所、購買情報として個人情報が誰か(どっかの企業)の管理下になりますか? 記名式のPASMOやクレジットカード一体型、定期一体型であれば誰のカードがいつどこで利用したかは判りますが、実際に本人が利用したという証拠にはならないので、監視カメラ等との照合も必要だと思います。, 地域にもよりますが そりゃあ めっちゃ多い方です 増えません。 店舗経営者として従業員の交通費を正しく計算できていますか? 交通費の計算が実はよくわかっていない場合は要注意です。ここでは交通費の計算に必要な3つの知識だけでなく、計算事例も紹介していきます。交通費計算をマスターすれば、経営者も従業員も納得して、気持ちよく働くことができます。, 交通費は就業規則や雇用契約書で支給するかどうかを決めることができます。意外と知られていないことですが、交通費または通勤費を支給しなければならないという法律はありません。そのため会社が作成する就業規則や雇用契約書で支給そのものを決定することになります。会社によって交通費や通勤費を全額支給や一部支給とすることが認められているのはこのことが理由になっているのです。, 従業員からすると交通費はもらった分だけ収入が増えることになりますが、このままだと収入が増えた分だけ給与から引かれる所得税も多くなってしまいます。そこで登場するのが通勤手当の非課税限度額という仕組みです。通勤手当の非課税限度額があることによって従業員の収入が増えても税金は増えずに済みます。この通勤手当の非課税限度額は公共交通機関や自家用車、自転車などの交通手段を使用して通勤するのであれば誰でも利用することができます。非課税限度額を利用するための条件は最も経済的かつ合理的な経路および方法となっています。わかりやすく言い換えると、時間と金額に照らし合わせて最も最良のルートということになります。早く着くけどやや高い、安いけどやや時間がかかるという経路がある場合は、どちらで行くかは社内ルールに基づいて決めることになります。, 通勤手当としての交通費を支給する方法は、給与と一緒に支給することが一般的です。しかし就業規則や雇用契約書に記載すれば定期券として現物支給することもできます。定期券や回数券を現物として支給すれば、交通費の不正使用を防ぐことができます。, 公共交通機関で通勤する場合の通勤手当の非課税限度額は1ヶ月あたり15万円です。従業員が公共交通機関を利用して通勤する場合、1ヶ月15万円までの通勤手当は税金がかかりません。最も合理的で経済的なルートであれば新幹線で通勤することも可能となります。いくら15万円まで税金がかからないとはいえグリーン券や指定席料金を含めることはできません。もしグリーン券や指定席券の料金を含める場合は、その料金部分だけ非課税の対象外となります。, 自動車や自転車で通勤する場合の通勤手当の非課税限度額は距離数によって異なります。たとえば片道の通勤距離が5キロメートルの場合は1ヶ月あたり4,200円が非課税限度額となります。距離数ごとの通勤費非課税限度額は下記のサイトで確認することができます。, 自動車で通勤をする際には、距離に応じて以下のように1か月あたりの非課税の限度額が定められています。, 自動車で通勤する場合は車種や排気量によって油種や燃費が大きく異なるだけでなく社会情勢によって原油価格が変動することが考えられます。しかしこれらの事情は考慮しないで支給することが非課税限度額のルールとなっているため、限度額を超えた部分に関しては課税されることになります。, 1ヶ月の交通費の合計額は25,000円となり非課税限度額の15万円以下であるため、すべて非課税交通費となります。, 1ヶ月の交通費の合計額は18,000円となり非課税限度額の15万円以下であるため、すべて非課税交通費となります。, 通勤交通費以外にも、出張に行った際の旅費を経費精算することもあります。会社によっては、実費のほか、出張日当を支給しているところもあります。, こうした出張交通費の精算の際には、可能であれば、実際に出張に行ったことを証明する意味でも出張のたびに精算書を作成するのがよいでしょう。, 精算書には、旅程や日程、出張の目的などを記載します。合わせて、日当を出す場合には、日当の金額も精算書で明記して、実費と合わせて出張に総額いくらかかったのかということが分かるようにしておきます。, 精算書の様式や、精算の方法は会社で自由に決めて問題ありません。都度精算する方式や、通勤手当と同じように、給与の支払いのたびに1か月分を合算して支給するという方法が考えられます。, 交通費を支給するルールがきちんとしていないばかりに必要以上に経費がかかったり計算間違いしたりすることがあります。通勤費の非課税限度額を参考に支給ルールを決めれば、交通費を正しく計算することができます。交通費を正しく計算して経営者も従業員も気持ちよく働けるようにしましょう。, 「0円でカンタンに使えるPOSレジアプリ『Airレジ』」のメディア「Airレジ マガジン」の編集部。お店を経営している方向けに、業務課題の解決のヒントとなるような記事を制作しています。, 起業コンサルタント(R)、税理士、特定社労士、行政書士、CFP(R)。起業コンサルV-Spiritsグループ/税理士法人V-Spirits代表。年間約200件の起業相談を無料で受託し、起業家をまるごと支援。起業支援サイト 「DREAM GATE」で6年連続相談数日本一。「一日も早く 起業したい人が『やっておくべきこと・知っておくべきこと』」など、起業・経営関連の著書・監修書多数。http://v-spirits.com/, 最寄り駅から勤務先の駅まで片道500円の電車を利用し、1ヶ月の通勤定期券が16,000円, 自宅から最寄り駅までの片道3kmを自転車で通勤し、1ヶ月の駐輪場定期利用料金が2,000円. 在籍企業と出向先企業とで、どのような協定を締結しているかに 最低支払わなければならない賃金水準を定めているだけです。, 在籍出向(元の会社に在籍したまま、出向先で勤務する)の場合、 公共交通機関で通勤する場合の交通費の計算. その上で、最低賃金法によって、都道府県単位もしくは産業別に であろうと、在籍会社で役職手当を貰っていなければ払われない  債務をいい加減に考えていると酷い目に会う。息子さんには卒業直前のいい勉強に成るんじゃないかな。, 夫のクレジットカードの明細に 車通勤の交通費の事です。 月平均17日でパートに行っています。仕事場までは車で往復10kmです。 交通費が日割計算すると1日¥150になるのですが、 主人が安すぎる!労基署に確認すると言っ ています。 … すれば良いとしています。(労働基準法等) 交通費の計算が分かりません。自宅から職場まで片道2.6キロです!往復で15日でいくらですか?教えて下さい。>交通費の計算が計算、ってか利用する交通機関でいくらかかるか、ってことです。自家用車通勤なら...大概はガソリン代、か >それまでも先月も10,000円前後… しないのであれば...続きを読む, 今日明日で25万くらい手に入れるにはどうしたらいいですか? また、出向先の業績に対する特別手当の対象となるかについては、 COSHB 0368376699 支給額を計算する目安として、以下のような計算方法があります。 通勤での往復移動距離 × 1ヶ月あたりの平均労働日数 × ガソリン代 ÷ 平均燃費 = 自動車での通勤手当の目安額 Copyright © ENEOS GENERATIONS. ★10日付与。 公共交通機関で通勤する場合の交通費の計算. ので、出向先の役職が何であろうと、時間外手当が支払われてい 1年後(2.5年で)12日付与。さらに また出向先では売上が良いので特別手当が出ていますが私達には関係ありません 3か月分(6か月分)の合計金額を入力します。通勤費は、[支給月度]で選択した月度に一括支給されます。 [交通区分]の をクリックして、「交通機関」(バスや電車など)または「交通用具」(自転車や自動車など)を選択します。 アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会). 6ヶ月継続勤務、フルタイムで 4ページ目 どうしたらいいですか? 出向先の企業との協議で役職手当を出す会社もありますが、半々 退職金がある場合に在籍会社に勤務しているとみなすことも含め 1年後(1.5年で)11日付与。さらに、 人事労務q&aには、「自転車通勤に変更した場合の交通費はどう処理するのが妥当ですか?」など業務の悩みを解決する情報が満載!エン人事のミカタは【エンジャパン】が運営する、人事のための総合サ … しないのであれば、時間外手当(残業手当)の対象者となります 役職が何であろうと 出向先で同じ仕事や役職についているのにこんなもんでしょうか?, 在籍出向(元の会社に在籍したまま、出向先で勤務する)の場合、 出向先になるので 11日増えるのは、 手当など全くありません 給料明細も貰っていないので、先程園に問い合わせたら、園長は外出中だったので副園長に伝えました。 【便利!】欲しい車がきっと見つかる!ガリバー中古車ご提案サービス PR: 【価格.com 自動車保険】あなたにぴったりの保険を探そう! 自動車購入にかかる経費や維持費全てを計算します。 エコカー減税なしの自動計算シミュレーションはコチラ >更に11日の有給が 全部足して 24,000円は別に不思議なことではないです。 1 kW × 10時間 × 30日 × 30円 = 9,000円 息子の学費を払わないと卒業ができなくなるのです! しかし、いくら交通費が通勤や出張など業務に関する移動に必要な経費であるといっても、従業員の交通費を際限なく会社が負担するということは現実的ではありません。同じ移動区間でも利用する経路によって電車の運賃が異なる場合など、過大申告が起こるおそれもあります。 したがって、各従業員に支払われる一ヶ月あたりの交通費の支給上限額を定めておくことをおすすめします。 支給上限額を決める時の基準として一般 … Yahoo!路線情報:全国の路線や高速バス、路線バス、飛行機の乗り換え案内サービスです。始発・終電検索、JR・地下鉄・私鉄の定期代検索、新幹線・電車の運行情報、時刻表、主要空港のフライト情報も … 銀行の通帳を見るとびっくり、7万も減額されていました。 法律は、労働の対価としての賃金(基本給)や時間外手当、深夜 オイルヒーターをご使用されている方やお詳しい方がいらっしゃればご教授下さい。よろしくお願い致します。, >オイルヒーターを購入し、 朝の3~4時間、夜の6時間程… 従業員の通勤にかかる交通費の支給要件に関して法律では明確に定められていません。経営者は、従業員に対して自社で定めている独自のルールに則って交通費を支給することができます。, しかし、法的な支給額の限度額や要件の基準が無くても、交通費を全額支給するのか、それとも一部だけ支給するのか、または、一切支給しないのかなど、それぞれの会社でルールを明確に定めておく必要があります。従業員にとって、通勤や出張などで発生する交通費が経費として扱われるか否かは重要な問題です。したがって、募集要項などの給与に関する項目には、交通費支給について記載することはとても重要ですし、従業員の雇入れ時に交通費の支給要件について明確に説明をすることも経営者の義務といえます。, 基本給や残業の取り扱い、休暇取得のルールなどと同様に、交通費の支給に関する要件も就業規則や雇用契約に明記し、すべての従業員に周知する必要があります。また、支給要件の内容などに変更がある場合は、すべての従業員への周知を徹底しなければなりません。, 飛行機や新幹線などを利用すると、交通費が高額になることがあります。従業員本人による立て替え制をとるのか、会社で事前に購入した切符などを支給するのかなど、さまざまなケースを想定した支給要件を定めておくことが重要です。ルールを明確にして、経営者も従業員も気持ちよく働けるような環境を作りましょう。, しかし、いくら交通費が通勤や出張など業務に関する移動に必要な経費であるといっても、従業員の交通費を際限なく会社が負担するということは現実的ではありません。同じ移動区間でも利用する経路によって電車の運賃が異なる場合など、過大申告が起こるおそれもあります。, したがって、各従業員に支払われる一ヶ月あたりの交通費の支給上限額を定めておくことをおすすめします。, 支給上限額を決める時の基準として一般的に用いられるのが、非課税限度額です。非課税限度額とは、通勤のために公共交通機関や交通用具(自動車や自転車)を使用している給与所得者に支給する通勤手当の内で非課税対象とする上限額のことを指します。この限度額は、所得税法で定められています。, 通常、交通費の支給は従業員に支払われる給与と併せて支払われます。交通費も収入の一部となりますが、交通費の額が高くなればなるほど収入の合計額が高くなるので、給与から引かれる所得税も高くなってしまいます。従業員の住まいや会社の立地などの都合で所得税が異なるのは不公平です。そこで、通勤や出張などで発生する交通費を非課税対象とすることで、従業員が負担する所得税を抑える措置が取られています。, 通勤距離によって最高限度が異なります。法律では、自宅から勤務地までの片道距離によって区分されています。, 例えば、通勤距離が片道2キロメートル未満である場合は、全額が課税対象になりますが、片道2キロメートルを超え、10キロメートル未満である場合の非課税限度額は4200円です。最高限度は、片道55キロメートルを超えた場合で、31,600円分が非課税対象になります。, 通勤定期などの定額制の乗車券は、一ヶ月分、三ヶ月分、六ヶ月分など、長期で購入した方が金額は通常割安になりますが、一般的に会社からは一ヶ月あたりの金額が支給されます。, 一ヶ月あたりの定期券などにかかる合計金額の内、非課税対象になる最高限度は10万円です。, 例えば、自宅から最寄駅までは自転車を利用し、勤務地の最寄駅までは電車を利用している場合は、自転車利用(計算方法は後述します)にかかる金額と公共交通機関の利用にかかる一ヶ月あたりの運賃などの合計額とを合計した金額が非課税対象となり、最高限度は10万円です。, ここで注意しなければいけないことは、各区分で定められている非課税限度額が適用されるための条件です。公共交通機関を使う場合も、交通用具を使用する場合も、“最も合理的な経路を使用した場合”に限って適用されます。つまり、ある地点間の移動のために不必要な乗り換えをしたり、回り道をしたりして距離や運賃が余分にかかっている場合は非課税の対象にはなりません。, 例えば、通勤に新幹線を利用した場合、乗車券や特急券にかかる運賃は、合理的且つ経済的な方法に含まれ非課税対象となりますが、グリーン車を利用した場合は、合理的且つ経済的な方法としてみなされないので、座席のアップグレード分の運賃は給与の一部として課税対象となります。, それでは、実際にどのように交通費を計算すれば良いかを、いくつか例を挙げていきます。, 電車やバスなどの公共交通機関を利用した場合、それぞれの地点間の運賃はあらかじめ決められており、運賃が変更されることも滅多に無いので、計算に悩むことも少ないと思います。, 駅にある券売機やインターネット上の路線情報サイトなどを使って分かる最も合理的で経済的な経路の額をそのまま交通費とします。この場合、非課税限度額が10万円であることに注意しましょう。定期券を支給する場合も、10万円を超えなければ課税対象にはならないので計算も支給も比較的かんたんなのではないでしょうか。, 自動車を利用して通勤した場合の交通費の計算方法も就業規則に定めてあれば会社によって異なる計算方法を持つことができますが、一般的には次にような計算式が用いられています。, 往復通勤距離とは、自宅から勤務地までの距離を指しますが、直線距離を使うのか、それとも道のりを使うのか、など測り方によって数値が異なってきます。どのようにして距離を算出するのかも就業規則で定めておきましょう。, ガソリン価格は、時期やガソリン販売店によって価格に変動があるため計算が難しいかもしれません。これもまた、会社によって自由に決められるので大切なことは交通費の支給要件の一部として就業規則でガソリン代の算出の仕方を決めておくことです。会社が契約しているガソリンスタンドの価格を採用している例もあります。, 燃費も車種や車の状態によって異なります。従業員一人ひとりの車の平均燃費まで把握することが難しければ、車体の重量などによって異なる平均燃費をいくつか定めておくことも手段の一つでしょう。車の状態や運転の仕方などについては一切考慮しないなどして、なるべく交通費計算の処理を効率化させましょう。, 自転車を利用した場合の交通費は、月額の駐輪代や雨天時のバス利用にかかる運賃を支給している会社が多いようです。, 自動車と自転車はいずれの場合も通勤距離の片道距離で非課税対象となる限度額が変わってきます。各従業員の通勤手段にかかる額が非課税限度額を超えないように確認しながら支給するようにしましょう。, 以上のように、運賃が決まっている公共交通機関と異なり、交通用具を使用した場合の交通費の計算は複雑に感じるかもしれません。しかし、一度計算してしまえば、従業員が引っ越しを繰り返さない限り、毎月同じ額を支給することができます。繰り返しになりますが、重要なのは交通費の支給要件をきちんと定め、混乱やトラブルを招かないように周知を徹底することです。, 冒頭で述べた通り、交通費の支給要件を決めるのは各社です。従業員一人ひとりの交通費を計算して支給することが負担であれば、一律支給や実費支給を検討してみてもいいかもしれません。, しかし、実費支給では、従業員が自ら立て替えた交通費を会社に自己申告で請求することになると思いますが、内容の改ざんや経路の選択誤りなどによる過大請求を防ぐために、経理担当などによるダブルチェックが必要になるかもしれません。, 複数の店舗があるような場合、ダブルチェックの際には実際に出勤しているかどうかの勤怠管理も併せて確認しましょう。Square POSレジなら、スタッフ管理機能を使って出退勤を記録するタイムカードとしても活用できます。ぜひ導入を検討してみてください。, 従業員の住まいの最寄駅を把握して、会社から定期券や回数券を支給したり、車通勤の従業員に対してガソリンスタンドで使えるプリペイドカードを支給する方法も交通費の不正使用の防止策の一つになります。, いずれの場合においても、非課税限度額を意識した上限額を設定することがおすすめです。, Squareのブログでは、起業したい、自分のビジネスをさらに発展させたい、と考える人に向けて情報を発信しています。お届けするのは集客に使えるアイデア、資金運用や税金の知識、最新のキャッシュレス事情など。また、Square加盟店の取材記事では、日々経営に向き合う人たちの試行錯誤の様子や、乗り越えてきた壁を垣間見ることができます。Squareブログ編集チームでは、記事を通してビジネスの立ち上げから日々の運営、成長をサポートします。, 執筆は2017年4月6日時点の情報を参照しています。