…, 2019/03/12@V‹KŒöŠJB@@@@@@@@@@@@@@@@@‘S‚P‚U•\Ž¦, 2019/03/13@u‚¬‚¨‚ñE‚æ‚éƒoƒXv“™A‚R•\Ž¦‚ð’ljÁB@@@‘S‚P‚X•\Ž¦(+‚R), 2019/03/14@u‰ñ‘—ŽÔv‚Ù‚©AŒv‚W•\Ž¦‚ð’ljÁB@@@@@@‘S‚Q‚V•\Ž¦(+‚W), 2019/03/23@u‚R‚VŒn“v‚Ù‚©AŒv‚T•\Ž¦‚ð’ljÁB@@@@@‘S‚R‚Q•\Ž¦(+‚T), 2019/03/26@u‹ž“sŽsƒoƒXv‚Ù‚©AŒv‚S•\Ž¦‚ð’ljÁB@@@@‘S‚R‚U•\Ž¦(+‚S), 2019/05/01@u—Õ“Á‚Q‚O‚PŒn“v‚Ù‚©Œv‚R‚W•\Ž¦‚ð’ljÁB@@‘S‚V‚S•\Ž¦(+‚R‚W), 2019/07/07@‹ãð’¼‰c‚𒆐S‚ÉŒv‚P‚T•\Ž¦‚ð’ljÁB@@@@@‘S‚W‚X•\Ž¦(+‚P‚T), 2019/07/17@u‹ž“s‰wv‚ð’ljÁB@@@@@@@@@@@@@‘S‚X‚O•\Ž¦(+‚P), 2019/12/07@‚½‚­‚³‚ñ’ljÁB@@@@@@@@@@@@@@@‘S‚P‚Q‚P•\Ž¦(+‚Q‚P). 鉄道駅連絡停留所および主要神社仏閣最寄停留所以外はすべて通過となる[45]。, 四条大宮 - 西ノ京円町間では、北野天満宮へ向かうバスが約10分間隔で運行されるようにダイヤが調整されている。, 2014年12月31日 - 2015年1月1日は特201A号・特201B号系統を西賀茂・烏丸・梅津・九条の各直営が、特50号・特206D号系統を錦林・梅津・九条・洛西の各委託および横大路(阪急バス委託)が担当した。, 2015年・2016年は西賀茂営業所・烏丸営業所・梅津営業所・九条営業所の各直営が担当した。 市内交通の主要な位置をしめる。京都市内を中心に走っているが、一部長岡京市と向日市にも停留所がある。 京都市バスのled方向幕を自由に表示できるシミュレータ ... 2019/03/26 「京都市バス」ほか、計4表示を追加。 全36表示(+4) 2019/05/01 「臨特201系統」ほか計38表示を追加。 全74表示(+38) ランダム選択機 … 営業係数が100 - 199の系統は桃色で、200以上の系統は赤色で表記する。, 旅客数が5000 - 10000人の系統は黄緑色で、10000人以上の系統は水色で表記する。, 営業係数が最小の系統(最も黒字の系統)を太字、最大の系統(最も赤字の系統)を斜字で表記する。, 毎年12月31日から1月1日にかけて運行される。 その他12両となっている。[1], 車両導入メーカーはいすゞ自動車、三菱ふそうトラック・バス、日野自動車、日産ディーゼル(現在のUDトラックス)の国内4メーカーの車両を保有し、外国メーカーは世界的な観光地ながらも一切導入していない。導入メーカーの割合傾向は競争入札制度の導入以前には、日産ディーゼル車の割合が他の3メーカーに比べると圧倒的に低かった。かつては4メーカーともに西日本車体工業製の車体(以下、西工)を積極的に採用しており、西工製の車体を継続的に購入していた最東端の事業者で、1990年代までは約半数の車両が西工製の車体を架装し、その後も西工が解散する直前の2009年頃まで西工製車体の車両が継続的に導入された。現在、新車の導入は競争入札制を採用している。かつては、営業所ごとに導入される車両のメーカーが指定されていたが、競争入札制の採用によりその原則は崩れている。車両はすべて配置が決まっており、同じ営業所内でも直轄路線用・委託路線用などと分けられている。, 車両管理番号は車両前後に取り付けられている、登録番号の一連番号をそのまま採用している。例えば【 京都299 か ・・・1 】の場合は、前輪フェンダーの直上の左右側夫々に【 ・・・1 】と記載された車番ステッカーが、また【 京都299 か 42-19 】等の4桁の場合は、ハイフンを除く【 4219 】と表記された車番ステッカーが貼られる。, また、京都市バスの車両は概ね18年(2012年度以前は14年)使用し、廃車時に15条抹消となるため、原則として国内で再登録をすることができない。このため中古車両は国内では見られず、ミャンマーなど東南アジアの一部地域で見られる程度であったが、近年は秋北バスや宇部市交通局をはじめとする国内他社へ移籍した例も存在する。, 観光客向けの100、101、102号系統は、2005年から外国人観光客の利用を意識し、特徴的なラッピングが車体全面に施されている。3系統とも共通のデザインに、100号系統は春の桜をイメージした桃色、101号系統は夏の木々をイメージした緑色、102号系統は秋の紅葉をイメージした黄色を基調としている。デザインは2014年3月に変更されている。, 京都市交通局100周年記念事業のひとつとして、交通局直轄5営業所にバスの濃緑帯を赤、青、黄、緑、桃色の5色に置き換えたデコレーションバスが登場した。これらのバスは2012年6月9日の京都市役所前のイベントにてお披露目式が行われ、翌10日から同年12月31日まで運転されたが延長されて4月1日から京ちゃんバスとなった。車両は以下のとおりである。, 道路が碁盤の目状に作られている市内中心部では、地名の通り名表示同様、停留所名は主に交差する道路名を組み合わせたものが圧倒的に多い。例えば、四条通と河原町通の交差する点の停留所名は「四条河原町」である。他都市のように、停留所の置かれている町名が停留所名になるのは中心部においては少数派で、「△丁目」といった例は皆無である。これは、市民生活においても町名より通り名のほうが馴染みが深い京都ならではの事例である。ただし、洛西・伏見など中心部から外れた地域には「△丁目」という停留所がいくつか存在する。, 七条通(しちじょうどおり)のみ例外で、四条通(しじょうどおり)との混同を避けるため「ななじょうどおり」に読み替えられる。京阪本線七条駅と接続する七条京阪前も「ななじょうけいはんまえ」と案内される。, 施設に近い停留所については、その施設にごく近い場合は「施設名+前」となり(例えば「北野天満宮前」など)、比較的距離のある場合は「施設名+道」(例えば「壬生寺道」など)になる。ただし、例えば銀閣寺前停留所から銀閣寺までの距離よりも、金閣寺道停留所(59号系統の山越中町行き停留所を除く)から金閣寺までの距離の方が近い例がある。これは金閣寺にさらに近い位置に金閣寺前停留所があるための相対的距離からの名称である。なお、他地区における停留所から比較的その施設まで距離のある場合によく用いられる「施設名+口」は、市バスにおいては「東山二条・岡崎公園口」などがあるが、極めて数が少ない。また「藤森神社」「藤森神社前」の様に、施設名のみの停留所と「施設名+前」の停留所が「別の停留所」として設置される例もある[注 10]。, 各鉄道との乗り換え停留所についても、前述の通り名表示を使用する例があり、車内アナウンスで「〇〇線ご利用の方はお乗換えください」と追加される。, 前述のとおり京都市営バスの方向幕はそれぞれの系統にあわせ、均一区間内なら青、均一区間内循環なら橙色、均一区間外なら白地と定められているが、 乗って楽しい、動いて便利! 本物の市バス方向幕と同じデザイン・サイズのタオルで,市バスファンのみならずお土産にも喜ばれる商品です。205系統,206系統,100系統,9系統の4種類。 【発売額】各1,500円(税込) 京都市営バス(きょうとしえいバス、英語: Kyoto City Bus )は、京都市交通局が運営する路線バスである。 地元では単に市バス(しバス)と呼ばれることが多い。. 公式サイト「100円循環バスのご案内」, 深夜バスは、午前0時以降に運転される路線である。2014年3月22日に試行運転を開始し、系統番号にはMidnightを意味する「MN」が付く。2018年現在、京都駅からは17号系統復路と同様の経路を通る錦林車庫前行きのMN17号系統と、205乙号系統と同様の経路を通る烏丸北大路行きのMN205号系統が、烏丸北大路からは204乙号系統と同様の経路を通る錦林車庫行きのMN204号系統が、桂駅からは特西3号系統と同様の経路を通る境谷大橋行きのMN特西3号系統の4路線が設定されている。平日・土曜ダイヤ、及び烏丸線のコトキン・ライナー運転日のみの運転で、それ以外の休日ダイヤでは運転されない。MN204号系統はMN205号系統を錦林車庫まで延長運転する形で設定されている。, 運賃は通常運賃の倍額で、MN205号系統からMN204号系統に引き続き乗車しても運賃は460円である。また、定期券や1日乗車券類を所持している場合は、通常運賃との差額を支払えば乗車でき、回数券の2枚利用も可能である。敬老乗車証や福祉乗車証を所持している場合は、通常のバスと同様に無料で乗車できる。MN205号系統とMN特西3号系統はそれぞれバスターミナルには停車しない。, 晩年は京阪バスと共同で運行を行っていた。バス代、入場料などを含めた価格で、JR京都駅・京阪三条駅から毎日運行されていた。, 末期には1970年代のピーク時に比べ利用客が減少傾向にあった。そのため、旅客がコースにおいて選択できる自由度を高めるなどの様々な工夫を凝らしてきたが、京都市営バス担当便は赤字傾向から脱出できなかったため、2012年3月をもって運行から撤退した。, 京都市営バスは、主要バス停で、写真のようにバスの位置情報を提供している。これを、バスロケーションシステムと呼ぶ。また、表示器を搭載していないバス停も含めて、インターネットや携帯電話上でポケロケ(ポケット・バスロケ)により位置情報が提供されている。, ポケロケでは、市内に多数あるバス停から目的のバス停をみつけるために、各バス停にポケロケコードと呼ばれる数字を割り当てている。これを入力することで簡単にバス停を見つけることができる。また、2005年9月30日からは、全停留所の各時刻表にQRコードが記載された。これを、カメラ付き携帯電話で撮影し読み取ると、瞬時に目的の位置情報ページにたどり着くことが出来る。, 従来のアナログ式機器は高価かつ多言語対応が困難であった為、ASTEMと共同開発でシャープ製のITユニバーサルボックスと汎用の液晶ディスプレイ[36] および市内で整備を進めている公衆無線LAN網(au Wi-Fi)を利用した従来より低コストかつ多機能を実現した新型システムに更新し、更に「市バス車両全車にBeaconモジュールを搭載」してポケロケとの連携を深める[37]。, 1967年以降に廃止された営業所のみ扱う。営業所から出張所、派出所に降格したものは含まない。, 一部路線を除き、後方の扉から乗って前方の降り口で運賃を払う「後乗り前降り」方式を採用している。2010年代後半以降の観光客の増加に対応するため、将来的には、前方の扉から乗って運賃を先払いし後方の扉から降りる「前乗り後降り」方式を、均一運賃区間を走る計62系統で導入する予定である[39][7]。支払いには以下の方法がある。, 最も基本的な方法である。小銭が足りないときには、運転席の横にある運賃箱付属の両替機で千円札を硬貨に両替できる(釣り銭方式ではない)。2,000円以上の紙幣の場合はお釣りが用意されていないので、乗車前に千円札か硬貨を用意する必要がある。なお、車内では地下鉄乗り継ぎ割引乗車券(バス・地下鉄連絡普通券)は購入できない為、乗継割引サービスを受けるにはトラフィカ京カード(3,000円、1,000円【車内販売あり】)を購入する必要がある[注 4]。ICカードや1日乗車券カードの利用者の増加に伴い、現金利用者は減少している。均一区間のみの系統の場合、運賃以上の金銭を入れても運賃箱からお釣りが出ないため、あらかじめ両替をしておく必要がある。, 2014年(平成26年)12月24日からPiTaPa・ICOCA・SuicaなどのICカード式乗車券[40] が一斉に導入され、うちPiTaPaでは利用額に応じた割引サービスを受けられる[41]。, 利用方法は降車時に読み取り機にタッチするだけである。ただし均一運賃区間外系統や深夜バスでは乗車時もタッチが必要である。均一区間の拡大により、不要となった乗車口のカードリーダーが撤去される車両が相次いでいる。深夜バスに関しては、MN17号系統・MN204号系統・MN205号系統での均一運賃でも、深夜料金が加算される関係上、乗車時にタッチする必要がある。, バス(市営バス・京都バス)同士の乗継では90円、市営バスおよび京都バスと地下鉄だと60円が自動的に割り引かれる。ただし、バス(市営バス・京都バス)同士の割引は1回目の降車と2回目の乗車が90分以内であることが条件となる。2018年3月17日まで乗継の自動割引は非適用であった。, 京都市交通局が販売する均一運賃区間を含むICOCA定期券では、均一運賃区間内で市営バス・京都バス・西日本JRバスが利用できる。, なお、上記乗車券以外に、各種学会や国際会議などの目的で使用する「コンベンションパス(会議参加者用乗車券)」も存在する。, 営業係数は2018年度及び2019年度[43][44]、旅客数は2019年度の1日平均である[43]。 京都市交通局 〒616-8104 京都市右京区太秦下刑部町12番地 市バス・地下鉄のお問い合わせ先 組織一覧 開庁時間 午前8時45分から午後5時30分(土日祝及び年末年始を除く) https://web.archive.org/web/20181006111141/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000195706.html, https://web.archive.org/web/20170320233312/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000214/214474/3kyoto.pdf, https://web.archive.org/web/20171105051237/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000226247.html, 〜市バスの利便性向上と混雑緩和に向けて〜 平成30年3月実施予定 市バス「新ダイヤ」より便利で,快適な市バスへ。, https://web.archive.org/web/20171224070040/http://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000230238.html, https://web.archive.org/web/20191209020733/https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/332, https://web.archive.org/web/20200812150454/https://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000273/273571/HP.pdf, 「ITユニバーサルボックスでバスが発信する信号を受信、より正確な接近案内表示システムが利用者から好評。」, 京都市営バスを便利にするIoT、「ハイテクバス到着案内システム」の裏側 (1/3), 市バス・京都バス一日乗車券カードの価格適正化及び京都観光一日乗車券等の値下げ」の検討に至った経過と目的, https://web.archive.org/web/20200915170754/https://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/cmsfiles/contents/0000274/274911/2019kouhousiryou.pdf, グローバルアジアニュース 【ラオス】京都の市バスが大活躍『ビエンチャンで新しいバス路線』運行開始-JICA, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=京都市営バス&oldid=80437869, 松尾橋 - 京都外大前 - 四条河原町 - 河原町今出川 - 百万遍 - 北白川仕伏町, 松尾橋 - 京都外大前 - 四条河原町 - 河原町今出川 - 百万遍 - 上終町京都造形芸大前, 西賀茂車庫前 - 上賀茂神社前(御薗口町) - 下岸町 - 上賀茂松本町 - 深泥池 - 神殿町 - 出町柳駅前 - 四条河原町 - 京都駅前, 西賀茂車庫前 - 上賀茂神社前(御薗口町) - 下岸町 - 上賀茂小学校前 - 深泥池 - 左京区総合庁舎前 - 出町柳駅前 - 四条河原町 - 京都駅前, 岩倉操車場前 - 修学院道 - 上終町京都造形芸大前 - 銀閣寺道 - 南禅寺・永観堂道 - 三条京阪前 - 四条河原町 - 四条烏丸 - 京都駅前, 岩倉操車場前 - 修学院道 - 上終町京都造形芸大前 - 銀閣寺道 - 南禅寺・永観堂道 - 三条京阪前 - 四条河原町 - 河原町五条 - 烏丸五条 - 京都駅前, 山越中町 - 北野白梅町 - 千本丸太町 - 河原町丸太町 - 河原町三条( → 四条河原町 → 四条京阪前 → / ← )三条京阪前, 山越中町 - 嵯峨小学校前 - 嵐山 - 太秦天神川駅前 - 京都学園大学前 - 山ノ内 - 西大路三条 - 四条河原町 - 三条京阪前, 立命館大学前 - わら天神前 - 金閣寺道 - 北大路堀川 - 四条堀川 - 四条京阪前( → / ← 祇園 ← 東山三条 ← )三条京阪前, 立命館大学前 - 西ノ京円町 - 二条駅前 - 京都市役所前 - 河原町三条( → 四条河原町 → 四条京阪前 → / ← )三条京阪前, 京都駅八条口 - 京都駅八条口アバンティ前 - 河原町東寺道 - 地下鉄十条駅前 - 南区総合庁舎前 - 九条御前通 - 八条油小路 - 京都駅前, 二条駅西口 - みぶ操車場前 - 四条大宮 - 羅城門 - 小枝橋 - 久我石原町, 二条駅西口 - みぶ操車場前 - 四条大宮 - 羅城門 - 小枝橋 - 竹田駅西口 - 久我石原町, 二条駅西口 - みぶ操車場前 - 四条大宮 - 羅城門 - 上鳥羽村山町 - 久世橋東詰, 山越中町 - 御室仁和寺(→ / ← 北野白梅町 ←)西ノ京円町 - 西大路四条 - 四条烏丸 - 京都駅前, 京都外大前 - 馬塚町 - 太子道 - 西大路四条 - 西大路五条 - 西小路花屋町 - 西京極駅前 - 光華女子学園前 - 京都外大前, 京都駅前 - 四条堀川 - 松尾大社前 - 嵐山公園 - 嵯峨小学校前 - 大覚寺, 西賀茂車庫前 - 上賀茂御薗橋 - 北大路堀川 - 北大路バスターミナル - 出雲路橋 - 河原町三条( → 四条河原町 → 四条京阪前 → / ← )三条京阪前, 北大路バスターミナル - 北大路堀川 - 下岸町 - 大宮交通公園前 - 西賀茂車庫前 - 志久呂橋( → 柊野 → 高橋南 → / ← ), 西賀茂車庫前 - 上賀茂神社前(御薗口町) - 今宮神社前 - 千本北大路 - 四条大宮 - 祇園 - 岡崎公園ロームシアター京都・みやこめっせ前, 京都駅前 - 西洞院仏光寺 - 四条堀川 - 堀川中立売 - 千本今出川 - 北野白梅町 - 立命館大学前, 立命館大学前 - 北野白梅町 - 烏丸今出川 - 京都市役所前 - 河原町三条( → 四条河原町 → 四条京阪前 → / ← )三条京阪前, 立命館大学前 - 北野白梅町 - 上七軒 - 七本松出水 - 丸太町七本松 - 四条大宮 - 四条烏丸, 九条車庫前 - 東福寺 - 祇園 - 四条河原町 - 四条大宮 - 七条大宮・京都水族館前 - 梅小路公園・京都鉄道博物館前, 山越中町 - 立命館大学前 - わら天神前 - 金閣寺道 - 千本北大路 - 千本今出川 - 河原町今出川 - 河原町三条( → 四条河原町 → 四条京阪前 → / ← )三条京阪前, 山越中町 - 広沢池・佛大広沢校前 - 立命館大学前 - 金閣寺前 - 千本北大路 - 千本今出川 - 河原町今出川 - 河原町三条( → 四条河原町 → 四条京阪前 → / ← )三条京阪前, 岩倉操車場前 - 修学院駅前 - 松ヶ崎海尻町 - 高木町 - 高野 - 熊野神社前 - 烏丸丸太町 - 四条烏丸, 西賀茂車庫前 - 上賀茂神社前(御薗口町) - 北大路堀川 - 四条堀川 - 四条大宮 - 京都外大前 - 松尾橋, 九条車庫前 - 東寺道 - 京都駅八条口 - 大石橋 - 九条大宮 - 四条大宮 - 松尾橋, 九条車庫前 - 東寺道 - 京都駅八条口 - 大石橋 - 九条大宮 - 四条大宮 - 四条葛野大路 - 京都学園大学前 - 太秦天神川駅 - 京都外大前 - 松尾橋, 山越中町 - 双ヶ丘 - 太秦天神川駅前 - 西大路五条 - 堀川五条 - 京都駅前, 太秦天神川駅前 - 西京極 - 烏丸五条 - 河原町五条( → 祇園 → )四条河原町, 横大路車庫前 - 中書島 - 棒鼻 - 竹田出橋 - 勧進橋 - 塩小路高倉 - 京都駅前, 横大路車庫前(京阪中書島・伏見港公園) - 中書島 - 棒鼻 - 竹田駅東口 - 勧進橋 - 塩小路高倉 - 京都駅前, 九条車庫前 - 東寺道 - 京都駅八条口 - 河原町八条 - 河原町十条 - 久世橋通新町 - 吉祥院長田町 - 西京極駅前 - 京都学園大学前 - 太秦天神川駅前, 梅小路公園・京都鉄道博物館前 - 七条大宮・京都水族館前 - 七条堀川 - 京都駅前 - 烏丸七条 - 東山七条 - 祇園( → 東山三条 → / ← 四条京阪前 ← )三条京阪前, 九条車庫前 - 東寺道 - 京都駅八条口アバンティ前 - 大石橋 - 東福寺 - 東山七条 - 烏丸七条 - 京都駅前 - 七条堀川 - 梅小路公園・京都鉄道博物館前, 横大路車庫前 - 中書島 - 竹田駅東口 - 深草西浦町 - 稲荷大社前 - 京都駅八条口 - 京都駅前, 梅小路公園・京都鉄道博物館前 - 七条大宮・京都水族館前 - 京都駅前 - 東山七条 - 祇園 - 東山三条( → / ← 岡崎公園美術館・平安神宮前 ← )岡崎公園・動物園前, 京都駅前 - 西本願寺前 - 二条城前( → / ← 北野天満宮前 ← )金閣寺道, 北大路バスターミナル - 東元町 - 上賀茂御薗橋 - 上賀茂神社前(御薗口町) - 柊野別れ - 京都産大前, 北大路バスターミナル - 千本北大路 - 佛教大学前 - 松ヶ崎駅前 - 修学院道 - 一乗寺木ノ本町 - 高野 - 北大路バスターミナル, 横大路車庫前 - 中書島 - 竹田駅東口 - 深草西浦町 - 稲荷大社前 - 七条京阪前 - 京都駅前, 三条京阪前 → 四条河原町 → 三条京阪前 → 岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前 → 南禅寺・疎水記念館・動物園東門前 → 岡崎公園美術館・平安神宮前 → 知恩院三門前 → 三条京阪前, 京都駅前 - 博物館三十三間堂前 - 五条坂 - 祇園 - 岡崎公園美術館・平安神宮前 - 岡崎道 - 東天王町 - 銀閣寺前, 北大路バスターミナル - 大徳寺前 - 金閣寺道 - 北野天満宮前 - 二条城前 - 四条烏丸 - 京都駅前, 錦林車庫前 - 銀閣寺道 - 出町柳駅前 - 北野白梅町 - 金閣寺道 - 千本北大路 - 北大路バスターミナル, みぶ操車場前 - 四条大宮 - 祇園 - 百万遍 - 千本今出川 - みぶ操車場前, 九条車庫前( ← 京都駅八条口アバンティ前 ← )- 東福寺 - 熊野神社前 - 西ノ京円町 - 西大路九条 - 九条車庫前, 九条車庫前 - 西大路駅前 - 西大路四条 - 北野白梅町( ← 小松原児童公園前 ← )立命館大学前, 錦林車庫前 - 熊野神社前 - 祇園 - 西大路四条 - 北野白梅町 - 銀閣寺道 - 錦林車庫前, 北大路バスターミナル - 金閣寺道 - 西ノ京円町 - 東天王町 - 銀閣寺道 - 田中大久保町 - 高野 - 北大路バスターミナル, 九条車庫前 - 京都駅前 - 四条河原町 - 洛北高校前 - 北大路バスターミナル - 金閣寺道 - 西大路七条 - 京都駅前 - 九条車庫前, 九条車庫前 - 京都駅前 - 西大路七条 - 北野白梅町( ← 小松原児童公園前 ← )立命館大学前, 北大路バスターミナル - 千本北大路 - 七条大宮 - 京都駅前 - 東山七条 - 高野 - 北大路バスターミナル, 九条車庫前( ← 京都駅八条口アバンティ前 ← ) - 東福寺 - 祇園 - 四条大宮 - 九条大宮 - 九条車庫前, 九条車庫前 - 東福寺 - 東山七条 - 西大路七条 - 西大路九条 - 九条車庫前, 横大路車庫前 - 中書島 - 国道大手筋 - 城南宮 - 九条車庫前 - 京都駅八条口 - 京都駅前, 横大路車庫前(京阪中書島・伏見港公園) - 中書島 - 国道大手筋 - 免許試験場前 - 京阪淀駅 - 納所町 - 国道大手筋 - 中書島 - 横大路車庫前, 横大路車庫前(京阪中書島・伏見港公園) - 中書島 - 国道下鳥羽 - 横大路 - 久我 - 南工業団地前, 洛西バスターミナル - 三ノ宮 - 桂駅東口 - 西京極小学校前 - 西大路七条 - 京都駅前, 洛西バスターミナル - 三ノ宮 - 桂駅東口 - 川勝寺 - 西大路七条 - 京都駅前, 洛西口駅前 - JR桂川駅前 - 久世橋西詰 - 南区総合庁舎前 - 東寺東門前 - 京都駅前, 二条駅西口 - 四条大宮 - 梅津段町 - 上野橋 - 千代原口 - 物集女 - JR桂川駅前 - 桂駅東口, 小畑川公園北口 - 洛西口駅前 - JR桂川駅前 - 桂駅東口 - 上野橋 - 梅津段町 - 太秦天神川駅前, 洛西バスターミナル - 新林公団住宅前 - 千代原口 - 西京極 - 烏丸五条 - 京都駅前, 洛西バスターミナル - 右京の里 - 西竹の里町 - 境谷大橋 - 三ノ宮街道 - 桂駅西口, 洛西バスターミナル - 南春日町 - 大原野小学校前 - 境谷大橋 - 三ノ宮街道 - 桂駅西口, 桂駅西口 → 南福西町 → 西竹の里町 → 東新林町 → 洛西バスターミナル(境谷大橋), 洛西バスターミナル - 西竹の里町 - 洛西高校前 - 北福西町一丁目 - 洛西口駅前 - JR桂川駅前, 洛西バスターミナル - 東新林町 - 新林センター前 - 境谷センター前 - 西竹の里町 - 南福西町 - 洛西口駅前 - JR桂川駅前, 桂坂中央 - 峰ヶ堂町一丁目 - 桂坂小学校前 - 桂坂口 - 境谷大橋 - 三ノ宮街道 - 桂駅西口, 桂坂中央 - 西桂坂 - 峰ヶ堂町三丁目 - 桂御陵坂 - 京大桂キャンパス前 - 野田町 - 桂駅西口, 洛西バスターミナル - 東新林町 - 境谷大橋 - 洛西大橋 - 南福西町 - 三ノ宮街道 - 桂駅西口, 竹田駅西口 - パルスプラザ前 - 久我石原町 - 中久世 - JR桂川駅前 - 桂駅東口, 竹田駅西口 - パルスプラザ前 - 久我 - 樋爪口 - 免許試験場前 - JR長岡京東口, 横大路車庫前(京阪中書島・伏見港公園) - 中書島 - 西大手筋 - 伏見警察署前 - パルスプラザ前 - 竹田駅西口, 京阪中書島・伏見港公園 - 中書島 - 西大手筋 - 国道大手筋 - 下鳥羽城ノ越町 - パルスプラザ前 - 竹田駅西口, 横大路車庫前 - 国道大手筋 - 西大手筋 - 中書島 - 桃陵団地前 - 藤ノ森 - 竹田駅東口, (MN205から続行 →)烏丸北大路 → 高野 → 上終町京都造形芸大前 → 錦林車庫前, 五条大和大路・東山開睛館前 → 五条坂 → 祇園 → 知恩院前 → 東山三条 → 神宮道, 四条烏丸 - 四条大宮 - 西大路四条 - 京都外大前 - 太秦天神川駅前 - 高雄, 京都駅前 - 東山七条 - 祇園( → 東山三条 → / ← 四条京阪前 ← )三条京阪前, 京都駅前 - 四条河原町 - 丸太町京阪前( → 宮ノ前町 → / ← )銀閣寺道, 京都駅前 → 四条大宮 → 壬生寺道 → 西大路四条 → 西大路御池 → 西ノ京円町 → 北野天満宮前 → 千本今出川 → 二条駅前 → 四条大宮 → 京都駅前, みぶ操車場前 - 四条大宮 - (特50系統と同じ) - 北野天満宮前 - 千本今出川 - 堀川今出川 - 烏丸今出川 - 河原町今出川 - 出町柳駅前, みぶ操車場前 - (出町柳駅前行きと同じ) - 出町柳駅前 - 百万遍 - 熊野神社前 -(東山仁王門 → 岡崎公園 美術館・平安神宮前 → 岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前 → 東山仁王門), 京都駅前 → 七条京阪前 → 五条坂 → 五条京阪前 → 烏丸五条 → 京都駅前, 壬生寺道 - 四条大宮 - 祇園 - 京大正門前(吉田神社) - 百万遍 - 出町柳駅前, 京都駅前 - 四条烏丸 - 四条河原町 - 三条京阪前 - 岡崎公園 美術館・平安神宮前 - 東天王町( → 宮ノ前町 → / ← 銀閣寺道 ← )銀閣寺前, 京都駅前 - 四条烏丸 - 四条河原町 - 三条京阪前 - 岡崎公園 美術館・平安神宮前, 岡崎公園 ロームシアター京都・みやこメッセ前 → 岡崎公園 美術館・平安神宮前 → 三条京阪前 → 四条河原町 → 四条烏丸 → 京都駅前, 堀川今出川 → 二条城前 - 堀川御池 - 四条堀川 - 四条烏丸 - 四条河原町 - 四条京阪前( → / ← 祇園 ← )三条京阪前, 西京極運動公園前 → 西大路五条 → 京都リサーチパーク前 → 烏丸五条 → 京都駅前, 京都駅八条口 - 四条京阪前( → / ← 三条京阪前 ← )三条神宮道 - 阿含宗総本殿, 101号系統:京都駅 - 烏丸五条(地下鉄五条駅)- 四条烏丸(地下鉄四条駅)≪阪急烏丸駅≫ - 四条堀川 - 堀川御池≪地下鉄二条城前駅≫ -, 102号系統:北大路バスターミナル(地下鉄北大路駅)- 北大路堀川 - 大徳寺前 - 千本北大路 - 金閣寺道 - わら天神前 - 北野白梅町 - 北野天満宮前 - 千本今出川 - 今出川大宮 - 堀川今出川≪, 各洛バスは、京都駅前、銀閣寺道 - 錦林車庫間、北大路バスターミナル(地下鉄北大路駅)- 金閣寺道、北野天満宮、堀川今出川間で乗り換えることができる。, みぶ操車場を経由する循環系統、右京区北部(宇多野・御室地区)と市内中心部を結ぶ路線、京都駅を起点とする均一系統を受け持っていた。また京阪バスと共同運行していた定期観光バスの車両も在籍していた。2003年1月閉所。跡地は, 左京区の多区間系統を受け持っていた。1986年3月閉所。跡地は、京都市障害者スポーツセンターとなっている。, 1961年7月以前の前身は、市電堀川線(北野線)北野車庫であった。北区西部(衣笠地区)と市内中心部を結ぶ路線を受け持っていた。バス営業所だった時代には、正門横に堀川線に使用されていた27号電車がガラス張りにして保存されていた(現在、同車は梅小路公園で動態保存されている)。1979年5月閉所。跡地は京都こども文化会館となっている。, 京都駅八条口前に所在し、京都駅(八条口)を起点とする路線を受け持っていた。1970年3月までは, 上賀茂方面の系統を受け持っていた。西賀茂営業所へと移転の形で1970年12月閉所。, 1969年1月移転、1981年5月東土川操車場から改称。跡地は久我転回場となっている。, 代走:西賀茂・烏丸・錦林(京都バス)・梅津・梅津(西日本ジェイアールバス)・横大路(阪急バス)・洛西(近鉄バス), 快速202系統は九条近鉄前から、快速205系統は京都駅前から「快速立命館」と表示して運行。(立命館大学行き(往路)のみ), 往路(臨12号イ系統)は快速運転(堀川御池 → 三条京阪前間)、復路は(臨12号ロ系統)各停運転(三条京阪前 → 二条城前まで), 京福電気鉄道の駅については2017年3月18日改正時に「京福〜」が「嵐電〜」に改称された。, 京阪電鉄の駅については「○○駅前」ではなく、七条京阪前、五条京阪前、四条京阪前、三条京阪前、丸太町京阪前と「○○京阪前」という名称が多い。これは「○○京阪」の名称が駅だけでなく地域一帯を指すものとして使われているためである。例外は「京阪淀駅」と「京阪中書島・伏見港公園」ぐらいであるが、両方とも郊外の停留所である。「○○京阪前」という命名法は元は市電の電停の命名法であり、近鉄東寺駅前の停留所名が「九条近鉄前」(1963年までは「九条奈良電前」)であるのも市電以来のものである。なお、出町柳駅前の停留所名が「出町柳駅前」になったのは京阪鴨東線の開業後の1989年からのことで、それまでは川端通にある停留所名は「叡電前」だった。, 「まで」と書いてあるバスは、通常の運行と異なり、掲示された停留所で終点となる。一部区間が一方に回る系統などの最終便など車庫に戻る(入庫)の関係で途中の停留所で運行を打ち切るためである。, 出入庫系統(操車場と車庫間の営業)も「臨」扱いなので、臨時系統でも毎日のように運行される系統がある。松尾橋〜四条烏丸間、桂坂中央〜桂駅東口間、西大路四条〜立命館大学前間など。, 臨時系統のうち、系統表示部に「臨」と表示されるものは均一区間内なら青、区間外なら白地に黒(一般系統と同様)で書かれる。, 100円循環バスは緑地の方向幕で、側面の表示は100円循環バスの運行区間の4道路状に矢印が記された形となっている。烏丸御池入庫の場合は前面は「(キャラクター)100円 烏丸御池まで」、側面は4道路状の→の「烏丸御池」部に大きく「烏丸御池まで」とある。, 循環系統の途中入庫便の系統表示は、系統番号上部に白地に黒字で「北大路BT」や「みぶ」など、入庫する停留所名(九条車庫までの特202乙入・特207乙入号は、京都駅八条口アバンティ前を経由するため「九条車庫」ではなく「八条口」)が付記される。, 上終町行3号系統(3F号系統)、松ヶ崎駅前経由4号系統(特4号系統)、五条通経由5号系統(特5号系統)、竹田駅経由18号系統(臨18号系統)、広沢池経由59号系統(特59号系統)、伏見港行20・22・81・南3号系統でも同様の表記がある。, 循環系統や一部の系統、ラインカラーが展開されている系統では、途中で表示幕を変える。, 烏丸営業所が担当する206号系統の東山通側の区間便(北大路バスターミナル〜祇園〜京都駅前)の系統表示は、白地に橙色(通常と反転)で「206」と書かれその上部に「京都駅」や「北大路BT」、「東山通」と付記される。, 上終町行3号系統、松ヶ崎駅前経由4号系統、竹田駅経由18号系統、二条駅行18号系統、広沢池経由59号系統、伏見港行20・22・81・南3号系統、太秦天神川駅前経由71号系統、竹田駅行特81号系統でも、系統番号の地色は通常と同じだが同様の表記がある。, 5号系統の岩倉行きは平安神宮付近、10・26号系統の山越中町行きは北野白梅町付近、32号系統の京都外大前行きは河原町三条、59号系統の山越中町行きは千本北大路付近、急行100号系統は銀閣寺行きは五条坂付近、京都駅行きは祇園付近、急行101号系統は京都駅行きはわら天神前付近、北大路バスターミナル行きは北野白梅町付近、急行102号系統は錦林車庫行きはわら天神前付近、北大路バスターミナル行きは北野天満宮前付近で方向幕を変更する。, これらは全て、終着点ではなく経由地に観光地や主要地点が含まれ、その地点の通過後には不要な情報となるためである。また全便がLED表示器搭載車で運行する70号系統も、経路の途中で表示を変更する。, 市営バスが交通社会実験を行う際には、専用の幕が加刷される。2011年の「四条通におけるバス交通に関する交通実証実験」、2011年および2012年の「電動バス運行に関する実証実験」で設定された運用に入るバスでは専用幕が用意された。, 市営バスとその他の民間バス会社の同名の停留所が別の位置に所在することもあり、特に西日本JRバス「大将軍」の南行は市営バス「北野中学前」と同一乗り場であり、市営バス「大将軍」とは全く異なる場所にある。, 市営バスの車両は乗車ドアが閉まる際にブザーが鳴った後、「扉が閉まります」という男声によるアナウンスが、2012年から2015年までの新車はドアチャイム+女声による「扉が閉まります」というアナウンスが、2016年の新車はドアチャイム+女声による「扉が閉まります。ご注意ください。」とドアが完全に閉まるまで繰り返し流れている。これは、かつて乗車しようとした乗客に気づかず、扉にはさんだまま引きずって走行するという事故が立て続けに起きたためである。, かつて夏・冬・春の学休期間は、平日でも土曜ダイヤで運行され、全く違うダイヤパターンであることが多かった。2004年の白紙改正でこのダイヤは廃止された。.