これからも内場さんと辻本さんには体を大事にしつつ新喜劇で笑いを届けてほしい!!!!辻本さんのしげぞうが好きです!!!!!#吉本新喜劇, — ベル@17.ブルライLV神戸 (@Vell_cosxxx) 2019年2月4日, ショック… 時々、実質的によしもと新喜劇の座長を務めていたのです。, テレビ「せやねん」ですっちーはよしもと新喜劇座長になってから月収は約3倍になったとか?, レクサスは、芸能人の間でも人気の車種ですね。 リーダーの役目を任されるようになります。 2019年のゴールデンウィークに香川県を選んで来てくれる方におすす…, もうすぐゴールデンウィークがやってきます^^ copyright © 2019 SANKEI DIGITAL INC. All rights reserved. 吉本新喜劇は座長がよく変わるなという最近のイメージです。若返りと変化は大事なんだけど、こうなってくると「座長」って必要?と思えてくる — ふーこ軍曹 (@akafc2) 2019年2月4日. よしもと新喜劇は2019年3月1日に、結成60周年を迎えます。 ?キャンペーン」の頃から1997年6月末頃までのなんばグランド花月での新喜劇の演出を担当したのは、ほぼすべてが女性演出家の湊裕美子である。彼女は、その後、1997年秋〜1998年秋にかけて放送された東京発のゴールデンタイムの全国ネットの新喜劇の番組である『超!よしもと新喜劇』と『超コメディ60!』でも演出を担当した。, 「やめよっカナ!?」時代の主力メンバーだった今田耕司、130R、東野幸治らがダウンタウンと共に東京進出したあとは、内場勝則、辻本茂雄、石田靖の3人が頭角を現し、1995年にはニューリーダーに就任した。この頃より「やめよっカナ! ず~っと気になって…, 香川県といえば「さぬきうどん」 親に反対されたために、2006年に警察官になります。, 2007年9月に吉本新喜劇の「第3個目金の卵オーディション」に合格したので ?キャンペーン」時代まで副座長を務め、現在は福岡吉本に所属する寿一実(旧芸名・中川一美)の還暦祝い座長公演が嘉穂劇場にて行われた。, 2018年2月には、正式に寿を座長とする「九州新喜劇」が旗揚げされた。座員は福岡吉本所属タレントで、オリジナル新喜劇となるほか、マドンナオーディションの実施も発表されている[15]。, ほとんどの吉本興業所属タレントが新喜劇に出演している。『日曜笑劇場』に出演していた明石家さんま、ダウンタウン、桂三枝(現:六代 桂文枝))、ルミネ版に出演している森三中、山崎邦正(現:月亭方正)など新喜劇出身者(あるいは元座員)も数えきれないため、以降では組織としての「吉本新喜劇」に所属したものを中心に述べる。, 新喜劇入団の際、新人はNSCで新喜劇入団を希望したり、あるいはオーディションを受け、合格したら養成機関である吉本新喜劇jr.(YSJ)に入り、そしてある程度実力が付いたと見なされたらNGKに出られる運びとなる。この他、吉本興業本社が有望な若手を自社内で異動させたり、漫才コンビを解散した芸人が新喜劇に入団したりすることが多い。座長経験者では、辻本茂雄(三角公園USA)、吉田ヒロ(ボブキャッツ)、小籔千豊(ビリジアン)、すっちー(ビッキーズ)がコンビの出身である。過去にはしましまんずやレイザーラモン、現在ではランディーズと水玉れっぷう隊(アキのみ)が、漫才活動と並行して新喜劇に加入している。, 男優は漫才畑を歩いてきた者が圧倒的に多く、NSCを含む純粋な芝居畑出身は内場勝則、石田靖、烏川耕一、安尾信乃助、川畑泰史、伊賀健二、山田亮、平山昌雄など数える程度であるが、逆に女優はNSCから直接入るケースがほとんどで、コンビの出身は未知やすえ(やすえ・やすよ)、若井みどり(若井小づえ・みどり)などである。過去には大阪パフォーマンスドールやJDといった吉本興業の他分野からの転向も多かった。また、中西喜美恵や高橋靖子などのマドンナ役の女優の場合には、オーディションで他の芸能事務所や劇団などから吉本興業(新喜劇)に引き抜かれたケースもある。珍しいケースに落語出身者が挙げられる。中條健一(六代 桂文枝門下。ただし落語部門の弟子ではない)、森田展義(笑福亭福笑門下)など。, 新喜劇退団の際は、座員同士、または座員がピン芸人(落語家も含む)や旧コンビを解散した芸人とコンビを結成して退団するケースが見られるが、それでも多いとは言い切れない(尾崎小百合、岡ゆうた、梶原一弘らがその例)。圧倒的に多いのは、所属事務所の移籍と芸能界からの引退である(宮崎高章のように放送作家への転向もこれに含まれる)。東京進出に伴うスケジュールの多忙化などで、吉本興業本社が自社内で異動させて退団となるケースも多く見られる(今田耕司、レイザーラモン)。また、帯谷孝史のように、プライベートの問題で新喜劇から(一時的に)追放されてしまうケースもある。女性座員の場合には、結婚によりタレントを引退ケースも多いが、中條健一・秋田久美子、内場勝則・未知やすえ、吉田裕・前田真希のように夫妻で新喜劇座員として在籍するケースもある。, 3チーム制を維持していた時期は、最盛期には130人以上の座員、10数人の座付き作家を抱えていた。そのため、「元・吉本新喜劇」という肩書きを持つ人物は、先述の代表的な座員以外にも膨大な数に上る。しかし「やめよっかナ!?キャンペーン」での大リストラによって、座員は一時40人前後にまで減らされた。現在では若手の新規採用やベテラン役者の復帰(「やめよっかナ! 茂造じいさんでおなじみの辻本茂雄さんは座長を引退するだけで 生活の安定が欲しい!ということで ?キャンペーン」を開始。この時に設定された目標観客動員数は1989年10月から1990年3月までの半年間で延べ18万人、1日平均に換算すると約1000人であり、当時のうめだ花月の座席定員から換算して70%近い平均稼働率(1日2回公演の場合)を上げなければ目標値に達しないという、非常に高いハードルであった。これにより、現場は緊張し、マスコミが取り上げ、関西地方を中心とした潜在的ファンの掘り起こしや、新喜劇になじみのない全国のファンに認知度を高めることにより、観客動員が増え、キャンペーン期間終了を目前に控えた1990年3月中旬、ついに観客動員数は目標数の「1989年10月から数えて延べ18万人」に達し、新喜劇は存続・復活を果たすこととなった。, この裏で、木村政雄は座員全員にいったん解散を宣告した。そして、一人一人に面談を行い「これからは若手を中心にキャスティングします。もしかしたら、通行人Aとかをやってもらうかもしれません。それでもやっていただけますか?」とベテラン・中堅座員等にヒアリングを行い、今後の手法に意が沿わない座員は外れてもらうという再入団システムを導入した。ヒアリングの末、かつて新喜劇の顔であった花紀京、岡八郎(共に故人)が「勇退」という形で退団を強いられ、その他中堅・ベテラン座員の多くが戦力外通告され、船場太郎ら一時的に残留したベテランも脇に回るなど世代交代が進んだ(後年、新しく入団してきた座員を優しく指導してくれる人に残ってもらったと社長に言われた、と池乃めだかが「新喜劇55周年生放送」で語っており、他に残留した未知やすえは立場的には一番下の団員扱いとなり、NSCから入ってきた若手団員と一緒に発声・体力強化等の基礎練習からさせられ、座長就任した若手の今田・東野は参加してないことに屈辱的で本当に辛かったと「よしもと黄金列伝!未知やすえ回」にて語っている)。当時、みうらじゅんがプロデュースした『吉本ギャグ100連発』は、この新喜劇復活劇の重要な要因の一つであったが、その内容は世代交代で去ってゆく芸人の芸が中心である。みうらはそれ以後の『吉本ギャグ100連発2』『吉本ギャグ100連発3』の制作には参加していない。, ちなみに、この「新喜劇やめよっカナ! よしもと新喜劇からは引退はしません。, よしもと新喜劇をテレビで見るのではなく 茂造じいさんでおなじみの辻本茂雄さんが2019年3月1日で座長引退するということで、 小藪千豊(こやぶかずとよ)さんはファミレスでの副業のアルバイト、および妻の収入でなんとか生活をしていたとか。, 3年後の2004年ごろからは座長不在時に代役を務めるなどの 吉本新喜劇(よしもとしんきげき)は、日本の芸能事務所「吉本興業」に所属するお笑い芸人によって舞台上で演じられる喜劇、およびその喜劇群を演じる劇団の名称である。, なんばグランド花月劇場(NGK)で本公演が行なわれ、『よしもと新喜劇』(毎日放送(MBSテレビ)制作)としてテレビ放映される[1]。また、地方公演として座員を絞った形での巡業によって公演される(よしもと神戸花月など)。, 池乃めだかをはじめとする数人の新喜劇座員と、他の吉本興業所属お笑い芸人らが共演する新喜劇風の舞台喜劇の番組(『日曜笑劇場』 → 2012年4月~2013年3月放送、『熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん』)も伝統的に朝日放送テレビ(ABCテレビ)で放送されていたが、こちらではMBSテレビで放送される『よしもと新喜劇』と違って、毎回の舞台設定やレギュラー出演者の役柄設定などは固定されていた。以前は読売テレビでも、『吉本コメディ』の名で放送されており、こちらも同様の構成であった[2]。, 関西ではNGKのほか、よしもと祇園花月でも座員による新喜劇が上演されており、東京ではルミネtheよしもとを本拠地とする芸人たちと「やめよっカナ!