藤花戦三番勝負展望, このサイトに掲載されている記事・イラスト・写真・商標等の無断転載を禁じます。. DB内対局数 139054 局. 対戦成績は左から. Copyright(c) 2016 Japan Shogi Association , All rights reserved. 将棋棋士の現在の棋力(強さ)を表す指標の一つに棋士レーティングがあるが、現時点のプロ棋士のレーティングにおいて、どのような棋士が上位にいるかを調査した。※「将棋棋士レーティング」は連盟等により公式に発表されているものではなく、有志によって独 1953年10月20日から2020年07月14日までの期間で対局数30局以上の対戦カード. 対戦成績は左から. 棋士 ... 公式戦記録 月別 棋戦別 戦型別. 棋士名1の勝数(不戦勝)-持将棋(タイトル戦等で1局と数えられている場合)-棋士名2の勝数(不戦勝) となっています 将棋倶楽部24のレートを上げるのにおススメの本『羽生善治の終盤術』 将棋 2018.11.27 68期王将戦挑戦者決定戦は渡辺明棋王と糸谷哲郎八段のプレーオフに【日程】 将棋 2019.9.20 【将棋】折田翔吾アマのプロ編入試験の対局相手が決定しました!【合格者・今… 日本将棋連盟の今年度棋士成績・記録のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 1953年10月20日から2020年07月14日までの期間で対局数30局以上の対戦カード. 将棋棋士一覧(しょうぎきしいちらん)は、日本将棋連盟の将棋の棋士の一覧である。 現役・引退 ・物故を問わず、棋士のすべてを棋士番号順に記す。 ただし、棋士番号制定以前(棋士番号制度が始まったのは1977年4月1日)や日本将棋連盟発足以前の棋士も本記事の後半に記す。 棋士名1の勝数(不戦勝)-持将棋(タイトル戦等で1局と数えられている場合)-棋士名2の勝数(不戦勝) となっています 詳しくは、プロフィールページをご覧ください。棋力などについても記載があります。, 囲碁と将棋では『初段』になるのが難しいのはどちらか? | 囲碁ブログ『日々ネット』. last update 2020年10月12日. プロ棋士・女流棋士へのお仕事依頼. 同一対戦カード記録. 江戸時代の棋士については、江戸時代の将棋棋士一覧、将棋の家元(大橋家、大橋分家、伊藤家)の記事を参照。, 棋士番号のない棋士(棋士番号制度以前に死去または退会)の一覧。なお、現在のように「四段昇段=プロ入り」ではなかった時代(三段以下のプロも存在した時代)の棋士が大半であるが、ここでは便宜上、四段昇段年を表記している。, 王将・玉将 - 飛車→(竜王) - 角行→(竜馬) - 金将 - 銀将→(成銀) - 桂馬→(成桂) - 香車→(成香) - 歩兵→(と金), 行き所のない駒 - 打ち歩詰め - 王手 - 後手 - 先手 - 千日手 - 詰み - 成駒 - 二歩 - 入玉 - 必至 - 封じ手 - 振り駒 - 待った - 持ち駒 - 持ち時間, 合駒 - 居玉 - 上手と下手 - 大駒・小駒 - 飾り駒 - 感想戦 - 奇襲戦法 - 棋譜 - 棋風 - 急戦 - 棋力 - 公開対局 - 持久戦 - 定跡 - 攻め - 大局観 - 太刀盛り - 中段玉 - 長考 - 付き人 - 手順前後 - 手待ち - 成金 - 羽生マジック - 藤井マジック - ハメ手 - 早指し - 盤外戦 - 盤寿 - 番勝負 - 妙手 - 米長玉 - 力戦 - 両取り - レーティング, 将棋界 - 棋士 - 棋戦 - 将棋の段級 - 日本将棋連盟 - 日本女子プロ将棋協会 - 将棋大賞 - 国際将棋フォーラム - コンピュータ将棋 - 将棋電王戦 - ソフト不正使用疑惑騒動 - 観戦記者 - 囲碁・将棋チャンネル - AbemaTV 将棋チャンネル, 棋士一覧 - 女流棋士一覧 - タイトル在位者一覧 - 女流タイトル在位者一覧 - 将棋類の一覧 - 将棋類の駒の一覧 - 将棋棋士とコンピュータの対局一覧, 原将棋 - 平安将棋 - 平安大将棋 - 小将棋 - 中将棋 - 大将棋 - 天竺大将棋 - 大大将棋 - 摩訶大大将棋 - 泰将棋 - 大局将棋 - 和将棋 - 禽将棋 - 広将棋, 詰将棋 - 五分摩訶将棋 - 5五将棋 -3三将棋 - 京都将棋 - 鯨将棋 - ジャドケンス将棋 - 槍将棋 - 四人将棋 - 四神将棋 - 大砲将棋 - 川中島将棋 - 征清将棋 - 国際三人将棋 - 京将棋 - 9マス将棋 - どうぶつしょうぎ - ろっかくしょうぎ - サッカーしょうぎ, 軍人将棋 - 哲学飛将碁 - 太閤将棋 - J-Chess - じゃんけんしょうぎ - 宇宙将棋 - リアルタイムバトル将棋, はさみ将棋 - まわり将棋 - 将棋崩し - 将棋倒し - おはじき将棋 - 飛び将棋, ペア将棋 - 目隠し将棋 - 郵便将棋 - 人間将棋 - 盲人将棋 - ついたて将棋, 将棋の手合割 - 将棋の格言 - 詰将棋‎ - 名人 - 新進棋士奨励会 - 将棋のアマチュア棋戦 - 日本アマチュア将棋連盟 - 将棋講座 - 将棋会館 - 将棋倶楽部24 - 81Dojo - 天下一将棋会 - 将棋ウォーズ - 将棋・チェス板 - 天童市 - チェス - シャンチー - チャンギ - 将棋パズル - 縁台将棋 - 将棋用語 - 将棋天国社 - 近代将棋 - 将棋まつり - 将棋の日, 棋士は現役引退をしても、退会しない限りは依然として「棋士」(現役と区別するときは「引退棋士」という)であり正会員である。, 2度目の名人失冠後に現役を引退して十四世名人に襲位しており、引退前の肩書は「前名人」の扱いとなる。, 第4期(1949年度)順位戦では、東のC級乙組(現在のC級2組に相当)に清野静男三段(棋士番号47)・浅沼一二段(同56)、西のC級乙組に神田静男三段・増田敏二二段の参加が許された。清野と神田は1位の成績でC級甲組に昇級。1950年, 木下晃は、引退が2000年3月、七段昇段が同年4月であるが、七段昇段の事由は引退棋士の昇段規定ではない。, 本名は「佐瀬春雄」(結婚に伴う改姓)。棋士としての名義は沼(旧姓)のままで変更していない。, 宮本広志は三段リーグで勝ち越した会員が在籍年限を満29歳まで延長できる規定が1994年に施行されて以降の最年長昇段記録保持者。, 制度化された棋士編入試験に合格してプロ入り。今泉健司(棋士番号299)が初のケース。, 当初は天野の指導を仰いだがその後宗桂の元に身を寄せる。両説があり、日本将棋連盟の公式な資料では師匠が記載されていない。, 八代伊藤宗印門下とする資料もあるが、日本将棋連盟の公式な資料では師匠が記載されていない。, 生前は免状の署名、著書の名義、新聞での記載などいずれにおいても「坂田三吉」と表記されていたが、死後に作成された日本将棋連盟の系図での表記は「阪田三吉」となっている。, 若い頃に小林から助言を受けており、小野から八段の免状を与えられて以降は小野門下を自称していた。日本将棋連盟の公式な資料では師匠が記載されていない。, 関根金次郎門下とする資料もあるが、日本将棋連盟の公式な資料では師匠が記載されていない。, 小林東伯斎門下とする資料もあるが日本将棋連盟の公式な資料では師匠が記載されていない。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=将棋棋士一覧&oldid=80449911, 「タイトル歴」は、挑戦経験者は「+」、タイトル獲得者は「○」、永世称号者・永世称号資格者は「◎」でそれぞれ表記。, 「タイトル歴」は、挑戦経験者は「+」、タイトル獲得者は「○」、永世称号者(実力制名人戦創設前の永世名人襲位者を含む)は「◎」でそれぞれ表記。. 同一対戦カード記録. プロ棋士になった弟子は、故・村山九段を含めて11名。 ちなみに森信雄門下には女流棋士もいます。 藤井聡太七段と対戦したことがある棋士は、6名です。 森門下と藤井七段の対局の棋戦と日程 . ├: 年度毎 └: グラフ 年度別 棋戦別 対戦カード別成績(上位) 日本将棋連盟の通算成績のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 将棋棋士成績DB. 将棋棋士一覧(しょうぎきしいちらん)は、日本将棋連盟の将棋の棋士の一覧である。現役・引退[1]・物故を問わず、棋士のすべてを棋士番号順に記す。, ただし、棋士番号制定以前(棋士番号制度が始まったのは1977年4月1日)や日本将棋連盟発足以前の棋士も本記事の後半に記す。 山崎隆之八段が王位戦予選で藤井聡太七段に勝ったことで、森信雄一門の対・藤井聡太の連敗がついに止まりました。, 同時に、藤井七段の2度目の公式戦連敗となりました。しかし、その次の対局では終盤見事に逆転勝ちし、3連敗せずに踏みとどまったのはさすがです。, そして、山崎八段の勝利によって、連敗数は12連敗には伸びず、森一門と藤井七段の対戦成績は11勝1敗に。, そこで、改めて、藤井七段と森門下の棋士たちとの戦いの歴史を振りかえってみましょう。, これまでの森先生の弟子との対局の日程や棋戦、対局した棋士の名前を表にまとめてあります。, 藤井聡太七段のこれまでの歩みの中でも重要だった対局も含まれます。振りかえってみると当時の感動を思い出すかもしれませんよ。, ですので、森一門との戦いの歴史をみることは、藤井七段のこれまでの活躍を思い出すのに有益かもしれませんね^^, もっとも、竜王戦や叡王戦では当たっていませんので、これらの棋戦は別途チェックする必要がありますが。, ちなにみ藤井七段の段位ですが、上の表でいうと、朝日杯の澤田戦までは四段、その後の糸谷戦と大石戦では六段、山崎戦では七段でした。, たとえば、澤田六段との2017年6月の棋王戦予選では、澤田六段が後手、藤井四段(当時)が先手でした。, ちなみに手番についてですが、振り駒による手番に関しては、藤井聡太七段が先手になった回数が6回で、ちょうど半分です。, ところで、「炎の7番勝負」のときは、藤井聡太四段(当時)が先手を引く確率が高く、スター性があるという話がありました。, このあたりは、棋士デビュー後はどうだったのでしょうか?調べてみると面白いかもしれませんね^^, 後から振り返ると、結果的にその後のドラマチックな展開を生み出した対局がいくつもあったことに気づきます。, まず第一に、棋王戦というタイトル戦で渡辺棋王に挑戦して、敗れたとはいえ素晴らしい対局をみせた千田六段との戦いでした。, 炎の7番勝負のような非公式戦だけでなく、公式戦でも実力者相手に勝つことで藤井四段(当時)の強さが際立ちました。, さらには、千田六段に勝ってトーナメントを勝ち進んだことにより、次の対戦相手である永世名人資格者である森内九段との対戦が実現しました。, 藤井四段(当時)のデビュー20戦目、「29連勝の20勝目」の対局の対戦相手が、澤田六段でした。, また、28戦目も、藤井聡太四段(当時)が勝ったことで、それまでの最大連勝記録であった「28連勝」とタイで並んだという意味で、歴史的な対局でした。, その次の竜王戦本戦・増田四段(当時)との対局で藤井四段(当時)は連勝記録を更新したのですが、その対局は大きく社会の関心を集めました。, そして、1年後に再び竜王戦で藤井-増田が実現するなど、さらなるドラマティックな展開が待っていました。, このようなドラマが生まれた背後に、森門下の澤田六段との対局があったという見方もできると思います。, 藤井聡太七段のこれまでの活躍の中でも強烈な印象を残したものの一つが、中学生での朝日杯優勝です。, 藤井四段はその後、屋敷九段・松尾八段らトップ棋士たちに勝って2次予選も突破し、本戦進出を決めます。, そして本戦では、1日に連続して澤田六段・佐藤名人を破って準決勝進出、さらに別の日にまたしても1日に連続して羽生竜王と広瀬八段に勝ち優勝を決めました。, 朝日杯本戦の藤井四段(当時)との対局では、澤田六段の方に見落としがあって短手数で決着がついたのですが、そのときに出たのが、角換わりでの先手48金・29飛の形に対して、48の金を一つ前に誘導して後手38角と打つ筋でした。, ちなみに、後の竜王戦ランキング戦決勝の、藤井-石田戦でも、石田直裕五段が同様の筋を出したのですが、そのときは藤井六段(当時)がわをかけていい手を用意していて、石田五段の手が悪手になってしまいました。これは観ているものに衝撃を与えたみたいです。, さらに、類似した筋は、Abema TVトーナメント決勝の、佐々木勇気六段-藤井聡太七段との対局(1局目)でも出ました。, このときは、一見佐々木六段の攻めが決まったかにみえましたが、藤井七段が渡辺棋王も関心する受けをみせました。, 個人的には、一つの狙い筋にも、決定打になるときと、そうでもないときがあることがあるという奥深い事実を藤井七段のおかげで学べたのですが、それも澤田六段との対局のおかげでこの筋が強く印象に残っていたおかげであると感じています。, 朝日杯の藤井-澤田戦のおかげで、その後の藤井七段の将棋をさらにドラマティックなものに感じることができているような気がして、鳥肌が立ちます。, 現在、斎藤七段と中村王座の王座戦5番勝負が行われていますが、その斎藤七段は、藤井七段に準決勝で勝ち、さらにその後渡辺棋王にかって王座戦挑戦者になったのでした。, つまり、王座戦挑戦者決定トーナメントで藤井七段は、あと2勝タイトル挑戦というところまで来ていました。, 藤井七段は、屋敷九段から2勝目をあげ、さらに深浦九段へのリベンジを果たしての準決勝進出でした。, 藤井七段は、王座戦2次予選の第5ブロックで優勝して王座戦挑戦者決定トーナメントに進出したのですが、その2次予選の決勝の相手が糸谷哲郎八段だったのです。, 順位戦B級1組で首位の成績をとり、A級への昇級を決めた元竜王相手に、藤井六段(当時)は、持ち前の終盤力を発揮して、解説者にとっても難解な局面から勝ち切りました。, この出来事には、単に挑戦者決定トーナメント進出というだけでなく、藤井六段(当時)が近いうちにタイトルを可能性が現実味を帯びてきた、というような意味もあったと思います。, 今回は、森信雄七段の弟子たちと藤井聡太七段との公式戦12戦について情報をまとめました。, また、その12戦の一部について、藤井七段の軌跡の中で重要だったと思われる対局がそれだったかについても書きました。, 森門下vs藤井七段の今度の舞台は、どの他の棋戦になるか?楽しみにしておきたいところです。, 森一門で叡王戦にまだ勝ち残っている棋士もいるようですので、もしかしたら叡王戦が舞台になるかもしれませんね。, 将棋に関しての情報を日々発信しています。