© 2020 たびはう All rights reserved. 滋賀県米原市醒井(さめがい)は、中山道の宿場町としても知られていますが、夏になると清流中にかわいらしい白い花をつける梅花藻の姿は絶景です。しかも大変貴重な淡水魚の「ハリヨ」の泳ぐ姿も見られます。そこで、梅花藻の見ごろの時期や醒井の観光情報などをご紹介します。 情報公開 〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2番1号 「コラボしが21」6階. 5月中旬~8月下旬まで白い小さい花を咲かせる水中花『梅花藻』で有名な醒ヶ井。水温は年間を通じて14℃前後と安定しており、貴重な淡水魚であるハリヨも生息している。また、醒ヶ井の加茂神社に湧き出る名水『居醒の清水』は、『平成の名水百選』にも選ばれている。 できる限り公共交通機関でお越しくださいますようご協力お願い申し上げます。, 台風10号による雨の影響により、河川が増水し、かなりお花が流れてしまっています。(9月8日現在), E-mail : biwakonomotodmo@office.eonet.ne.jp, 梅花藻は、地域の生活区でもある醒井宿内に咲いていますので、マナーを守り鑑賞いただきますようお願いします。. できる限り公共交通機関でお越しくださいますようご協力お願い申し上げます。, E-mail:[javascript protected email address]/*\"+d+\"\"")/*]]>*/. tel: 077-511-1530 / fax: 077-526-4393. 梅花藻(バイカモ)はキンポウゲ科の淡水植物。梅の花に似た、白い小さい花を5月中旬~9月下旬まで咲かせ、7月下旬~8月下旬にかけて見頃を迎えます。梅花藻と呼ばれるこの水草は、水温14℃前後の清流にしか育たず、全国でも生育場所が限られています。 公益社団法人 びわこビジターズビューロー. 地蔵川は、居醒の清水などから湧き出る清水によってできた川で、大変珍しい水中花「梅花藻(バイカモ)」で有名です。水温は年間を通じて14℃前後と安定しており、貴重な淡水魚である「ハリヨ」も生息しています。また、「居醒の清水(いさめのしみず)」は、平成20年6月「平成の名水百選」(環境省)にも選ばれています。, 梅花藻(バイカモ)はキンポウゲ科の淡水植物。梅の花に似た、白い小さい花を5月中旬~9月下旬まで咲かせ、7月下旬~8月下旬にかけて見頃を迎えます。梅花藻と呼ばれるこの水草は、水温14℃前後の清流にしか育たず、全国でも生育場所が限られています。, マスクを着用いただく等、感染症予防対策にご協力くださいますようお願いします。 梅花藻は、地域の生活区でもある醒井宿内に咲いていますので、マナーを守り鑑賞いただきますようお願いします。 醒井宿(米原市)に行くならトリップアドバイザーで口コミ(81件)、写真(241枚)、地図をチェック!醒井宿は米原市で2位(59件中)の観光名所です。 種類によっては絶滅危惧種にも指定されており、日本でも観光として楽しめるのは数ヶ所だけと言われる貴重な花です。, 水面に1~1.5cmの小さな「梅」のような白い花を咲かせる一方、流水に沿って1mほどの「藻」のような草をたなびかせるのが特徴です。, 生育条件が厳しく「年間を通して生育適温の15度前後」「常に水の流れがある水位が低い場所」でしか育たないと言われています。, 梅花藻は基本的に「夏に咲く」もので、開花期間が長いので見に行きやすい花と言えます。特に6~7月が最も開花していると言われ、8~9月でも見られるケースが多いです。, 水温が一定のところで育つため、品種によっては一年中花を咲かせているものもあります。, 梅花藻の名所といえば、滋賀県米原市の醒ヶ井(さめがい)にある地蔵川の梅花藻が有名です。, 他にも  車での醒井宿への侵入は近隣住民の方のご迷惑となりますので、ご遠慮ください。 梅花藻 5月中旬頃 〜 8月下旬頃 梅花藻(バイカモ)はキンポウゲ科の淡水植物。梅の花に似た、白い小さい花を咲かせます。バイカモと呼ばれるこの水草は、水温14℃前後の清流にしか育たず、全国でも生育場所が限られています。 醒井・地蔵川の梅花藻の観光情報 交通アクセス:(1)JR東海道本線醒ヶ井駅下車。醒井・地蔵川の梅花藻周辺情報も充実しています。滋賀の観光情報ならじゃらんnet 梅の花に似た小さな白い花が咲いています。 [CDATA[*/eval("var a=\"8EJdD_@+avBpyL0qNZTg7W4M6CFoRm9KPVHisS3tkf.A-QxhnbwXeY1UcOI2zG5lrju\";var b=a.split(\"\").sort().join(\"\");var c=\".blfXU1UYUzU-YULUxxbAQJQU1QzJ1QJwc\";var d=\"\";for(var e=0;e\"+d+\"\"")/*]]>*/, 地蔵川は、居醒の清水などから湧き出る清水によってできた川で、大変珍しい水中花「梅花藻(バイカモ)」で有名です。水温は年間を通じて14度程度と安定しており、貴重な淡水魚である「ハリヨ」も生息しています。また、「居醒の清水(いさめのしみず)」は、2008年6月「平成の名水百選」(環境省)にも選ばれています。, E-mail:[javascript protected email address]/*\"+d+\"\"")/*]]>*/, 梅花藻(バイカモ)はキンポウゲ科の淡水植物。梅の花に似た、白い小さい花を咲かせます。バイカモと呼ばれるこの水草は、水温14℃前後の清流にしか育たず、全国でも生育場所が限られています。, E-mail:[javascript protected email address]/*