if(typeof window.oekaki!=="undefined")return false; } そのために、ギリギリまで黙って見守ることが大切です。行動を監視して「見張っている子育て」が日常化すると、親離れも子離れもできません。 ← ランキングに参加してます♪ポチッと応援して下さると嬉しいです^^ 他の方の反抗期ブログも沢山あるので参考になりますよ~, 子どもが宿題やプリントを持ち帰るのを忘れた場合、ママ友にお願いして写メを送ってもらうのが日常化している, 習い事において、親の期待に応えないこと(やればできるのに頑張らないこと)にいら立っている, 大学のオープンキャンパスの段取りをし(本人は行きたくないのに)何とかして連れていこうとする, 勉強以外に時間を使うのはもったいないので、勉強以外のことはなるべく代わりにやってあげている. Follow @moomii_jp こんにちは! ナビゲーターの藍です。 前回の記事で、過干渉の毒親について紹介しました。 あわせて読みたい毒親の過干渉が辛すぎる!憎んでもいい理由と罪悪感・不安への対処法こんにちは! ナビゲーターの藍です。 毒親って言葉が node.addEventListener=function(t,l,c){this["on"+t]=l;}; 私の母は過保護です。40歳を過ぎた今も変わりません。母の口癖は「どうせあなたはひとりでは何もできないから」です。, 長年の生き辛さの原因が母だったとやっと自覚して、必死に対処法を検索している時にこのサイトを見つけました。, 確かにその通りなんです!今私が1番変えたい性格もこれです!そこで自信を取り戻すワークを始めました。, 書いてある通りに進めた所、1か月後くらいでしょうか?徐々に変わっていることを実感し始めました。本当にありがとうございます。, 今回教えて頂きたい事は「毒親育ちは自信がない大人に育つ」をもっと掘り下げて、「過保護育ちが自信がない大人に育つ理由」です。, 自己肯定力の低い大人に育つのはどの毒親育ちも当てはまる共通項ですが、「自信がない自分」になるまでの行程がちょっと違います。, たいていは1種類だけではなく、例えば、毒親Aさん(虐待80%・過干渉20%)や毒親Bさん(過保護30%・過干渉70%)のような子育てになります。, そのため、しつけ・過保護・過干渉は見分けが難しくなるんですが、この正解を決めていい権利は子供にしかないので、ご自身でどのタイプだったかを決めて下さい。, これを踏まえて、michaさんの質問「過保護育ちが自信がない大人に育つ理由」を解説します!, その合言葉が、michaさんがいつも言われている「どうせあなたはひとりでは何もできないから」ですね。, ですがmichaさんは、「1人でやってみたい!」と挑戦しようとすると、「どうせあなたはひとりでは何もできないから」と、自信を養うための行動をことごとく阻止されていたんじゃないかなと思います。, そのため、成功体験がないので自信が付かないまま大人になったことが、原因その1になります。, 親の「どうせあなたはひとりでは何もできない」というのは、子供を信用していないから言う言葉ですよね。, michaさんの親は、「信じる=成功したあなたしか認めない。どうせあなたは失敗するから、私がやってあげるわ。」というような価値観を持っていると思います。, でもこの場合の信じるとは、「成功しても失敗してもあなたなら大丈夫!」と、結果を相手に委ねることです。, と学ぶんですが、そのお手本が「自分を信じない方法」だったので、その教えを無意識に今も守っていることも原因の1つだと思います。, ですが、自分の親が毒親だったと目が覚めたことで、すでに親からの呪いの効力はなくなっています!, 「どうせあなたはひとりでは何もできない」の言葉は、ただの呪いだったと気付いた瞬間にこの呪文は成立しなくなるからです。, michaさんは自信を取り戻すワークを始めて徐々に変化を実感しているとのことなので、そのまま続けて行けばどんどん変わって行くと思いますよ♪. !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? 毒親の特徴として、よくあげられる「過干渉」ですが、今「いったいどこからが過干渉?」とお悩みの親御さん向けに、小学生高学年・中学生・高校生の3段階に分けて、具体的な事柄をリスト化しました。過干渉とは「子どもが望んでいないことを親が先回りしてやってあげすぎること」です。(よく似ているとされる「過保護」は「子どもが望んでいることを親がやってあげすぎること」)ご家庭の状況やお子さんのタイプによりますが、無気力な子を育てないためにも、参考にしてみて下さいね。, 毎日ちゃんと食べさせて、忘れ物のないよう学校に送り出したり、日々のサポートに一生懸命なのが小学生の親世代です。特に、サッカーや野球、武道をさせている場合は、コーチや監督の采配に腹を立てていたり、わが子のやる気のなさに悩んでいたりと、子どもよりも親の方が一生懸命になっている場合も多くみられます(お父さんが指導している場合も多い)。 今一度、「そのスポーツをやるのは誰か?」を考えて、親は一歩引いたサポートができるといいですね。また、小学生高学年くらいからは、「自主性を育てる」ことを考えて子育てできるとこの先ラクです。 そのためにも、よく気が付くタイプのお母さんは、先回りの育児をやめ、失敗させる機会を奪わないことが大事です。, 中学生は塾世代。 塾の送り迎えしている方が多いですが、無理に行かせていることも多く、イライラ育児の要因になっていることもあります。 また、子どもが朝起きないことに悩んでいる人が多いのも、中学生の特徴です! 朝起きることについて、どんなサポートが欲しいと思っているのか?(もしくはいらないのか?)親子で一度ゆっくり話し合ってみるといいですね。 反抗期や高校受験もあって、難しい時期にはなりますが、自分の不安を解消させようとする「先回りの育児」を、高校生まで持ち越さないようにしましょう。, 「うちの子は高校生になっても、自分から何もしようとしない…」という不満をお持ちの方は、これまでの過干渉な育児が子どもの意欲を奪っている可能性大です。, 高校生は子育ての最終段階。 実はこれ本当なんです! 昨日の投稿「毒親から受けた心の傷を直視してみた」を早速読んで下さり、ありがとうございます。今日は心の傷を直視した時に読んだ本と、見つめた傷について書きます。 昨日の投稿はこちらからご覧いただけます。 ところで、傷を直視するためになぜ本を読んだのか。 1)ライン公式アカウント(←週3でブログ更新のご案内があなたのスマホに届きます♪). } ol.addEventListener("click", , 親が変わらないと子は変わらない。だが世間は毒親を擁護する。かと言って毒親から離れれば孤立する。自立が正解ではなく医療的司法介入つまりアウトリーチとカウンセリングが肝。それを民々介入として俺達で相互にピアでやらないか?, フツーの親が干渉しない事を過干渉する。フツーの親が干渉する事を干渉しない。それが毒親。, http://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12226965690.html, http://argusakita.wordpress.com/2016/01/21/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E3%81%AF%E5%BF%8C%E9%81%BF%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84/, http://iamjapaneas4649.hateblo.jp/entry/2016/07/13/164350, http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1294313255/, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%A4%A7%E9%82%A6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6, https://dotup.org/uploda/dotup.org2170291.pdf.html. node.addEventListener=function(t,l,c){this["on"+t]=l;}; document.getElementsByTagName('HEAD')[0].appendChild(oekaki_script); -->, 親が変わらないと子は変わらない。だが世間は毒親を擁護する。かと言って毒親から離れれば孤立する。自立が正解ではなく医療的司法介入つまりアウトリーチとカウンセリングが肝。それを民々介入として俺達で相互にピアでやらないか?, フツーの親が干渉しない事を過干渉する。フツーの親が干渉する事を干渉しない。それが毒親。, http://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12226965690.html, http://argusakita.wordpress.com/2016/01/21/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E9%81%BA%E4%BC%9D%E5%AD%90%E3%81%AF%E5%BF%8C%E9%81%BF%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%84/, http://iamjapaneas4649.hateblo.jp/entry/2016/07/13/164350, http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1294313255/, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%B8%80%E5%A4%A7%E9%82%A6%E4%B8%B8%E4%BA%8B%E4%BB%B6, https://dotup.org/uploda/dotup.org2170291.pdf.html. 勉強のことはもちろん!服装や友人関係などについても、手出し口出ししたいのを我慢して、自由を与えてみませんか? technology. 過干渉=誰かの指示がないと行動できない という呪いを信じてしまって、自信がない大人に成長します。 たいていは1種類だけではなく、例えば、毒親Aさん(虐待80%・過干渉20%)や毒親Bさん(過保護30%・過干渉70%)のような子育てになります。 if(!node.dispatchEvent) } 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs'). document.getElementById('oekaki_script').addEventListener('load',function(){ setTimeout(500,oekaki.init()); }); 過干渉の毒親育ち集まれ [無断転載禁止]©2ch.net 39コメント ... 同級生の親世代よりの上の世代の毒親の過干渉は最悪だよ。 演歌以外は音楽じゃないとか、着れればいいんだ、食べれればいいんだ、住めれば … pf[0].insertAdjacentHTML('afterend','') var pf=document.getElementsByName('oekaki_thread1'); ツイッターで子育て情報を配信中☆ 所謂「毒親」ってのは過干渉みたいなタイプが多いのかね? もちろん様々だろうけどさ 23 名無しの心子知らず@無断転載禁止 2017/09/05(火) 09:35:55.31 ID:DWC2jTxV (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 周りに過保護と言うと、愛されている証拠だよとか、いつまで経っても親は子が心配なんだよと言われて相談できる人がいなかったので、思い切ってメールを送りました。, めった斬りが楽しみとはっ(>▽<)♪michaさんはすでに目が覚めているので、めった斬る回答にならず…逆にすみません(笑)またお気軽にご相談待ってます♡, 虐待で育った私が世の毒親問題をめった斬る!30歳まで母の教え「お前は幸せになってはいけない」を守り続けたおバカ。19歳で家出、34歳で親と縁を切るなどを経て現在良好な親子関係に。その経験を生かしてブログ更新中♪ Copyright © 男の子の子育て「見守る子育て」 All Rights Reserved. document.getElementById('oekaki_script').addEventListener('load',function(){ setTimeout(500,oekaki.init()); }); if(!node.addEventListener) standardize(ol); 学校や園での子供の立場も不安定になることもありますし、子供が自分で解決する機会を奪っていることにもなります。, 「子育てをちゃんとしなくては」、「子供とはこうあるべき」、という気持ちの強い親にありがちです。「自分の子供なんだから、これくらいできなくてはいけない」という思いや理想に近づくように、親がよいと考えることを子供にさせているケースも多いです。, 子供は、親の意見に大きく左右されます。その時の子供の気持ちを推しはかることもなく、強要することは子供にとって良い影響があるとは言えないでしょう。, 子供と自分を切り離して考えられない場合は「子供のこと=自分のこと」となってしまいます。私(親)がこう考えるんだから、子供も同じように考えるはず、考えるべきと思っているのです。, 子供をコントロール(支配)しようと「○○しなさい」「○○は、やめなさい」と命令口調や、禁止の言葉が多いのも特徴です。, 大きくなって自立した子供が、親を見捨てるのではないかという恐怖感や焦りなどがある時も過干渉になりがちです。だから、今しっかりと自分の言うことを聞くようにと支配しようとしています。「将来、子供が自分の世話をするのは当然!」と、子供の人生と自分の人生が違うという認識がないのです。, また、いなくなった時の不安感が大きい場合など、親自身に自信がないことが根底にあるともされています。そして子供が成人してからも、干渉や指示を続けていくことに・・・。, ヘリコプターペアレントの悪影響は親子関係を破滅させるだけでなく、子供の幸せ/友人関係/未来を奪ってしまうことも…。, 親の言う通りにすると、ご褒美として欲しいものを買ってあげたり、きちんとできなければ罰を与えると、子供は評価ばかりを気にするようになります。そして子供は、自分がやりたいことよりも、親からやらされることをする方が叱られないので、自分の意思に反して従うようになっていくのです。, もちろん、躾をするときには叱ることも大切ですが、「もう二度と許さないから」などと追いつめるような言い方をしないよう注意が必要です。, 「え、これって過干渉なの?普通にやっていたけど・・・」なんてことはありませんか?具体的な例を紹介しますので、自分とお子さんの事に置き換えて考えてみて下さいね。, 「○○君はすぐ叩くから、□□君と遊ぼうね」「△△ちゃんとは遊んではいけません」と子供の友達関係までに口を出します。自分の友達関係と同じように考えているのです。, また、遊ぶ前から「友達とは仲良くね」ともめてもいないのに、クギを刺すことも子供を信用していないことになります。, 遊具で遊んでいる時、ジャングルジムの上を目指していたら「危ないのですぐ降りてきなさい!」「落ちたら大変!」と禁止をしたり、兄弟喧嘩をすぐに止めたり、友達とおもちゃの取り合いになりそうになったら間に入る、という危ないと思ったらすぐに助けたり手を出してしまいます。, 多少の危ないことは身を持って体験したり、喧嘩の仲裁をせずに子供同士で解決させることで社会性を育むことができる機会を奪っているのかもしれません。, 「今日はこの服を着ようね」「靴下はコレ」「靴はこっちね」幼児へはある程度、決めてあげることも必要ですが、ヘアゴムの色まで指定しまうのはやり過ぎです。いくつになっても「ママに聞かなくてはわからない」という子に育ってしまいます。, また、靴は自分で履けないと決めつけていつまでも靴を履かせてあげると、自分からやろうとする力が育ちません。そしてある時急に「早く靴を履きなさい、自分でできないの?」と言われても、子供は戸惑ってしまいますよね。, 小学生にもなると、しっかりと自分で考え行動することもできるようになってきます。4年生くらいになると反抗期も迎えますが、親はいつまでも幼児のように考えてしまう部分もありますよね。, 「勉強は○時から始めて、今日はココとソコを勉強しなさい」と事細かに指示をすることも過干渉になります。細かく決められると、勉強したい気持ちもどこかへ行ってしまいますし、面倒くさく感じて、言われるたびにウンザリしてしまうことになります。, 勉強をしている時に、勝手に「ここ間違ってるよ。正しい考え方はね~」と説明を始められると、「聞いてないし・・・」とうざがられると思いませんか?, 質問もされていないのに、あれこれ答えていると、子供は自分で考えることができなくなってしまいます。, 子供が学校から帰ってきたら「今日はどうだった?」「学校で何かあった?」と根掘り葉掘り聞く親も多いですよね。これも、学校での出来事を把握しておきたい、という親心ですが、あれもこれも聞きだすのは過干渉になります。, 子供だって、言いたくない事や話したくない時もあります。悪い友達と付き合っていたらどうしよう、ではなく、子供を信じることも大切です。, 幼稚園時代と違い、小学校の友達は親もわからず、子供が仲良くなってくることが多いです。友達の顔もわからないことが増え、不安に感じることもありますが、友達のことについて詮索をするのはよくありません。, 子供には、子供の世界があります。子供の気持ちを無視して「あの子とは遊んではいけません!」などと言うのは、子供も悲しくなってしまいます。, 過干渉な親に育てられた子供は、将来どのような苦労をするのでしょうか?大人になっても親から逃れられず苦しむ人も少なくないとされています。, 母が過干渉で、なんでもかんでも自分の思うようにされてきました。私は指示されるがままに母に従い、コントロールされていましたが、それが普通の事だと思っていました。