f/yfjf8AE1/9SElNhJTX6gx1uHZW1/pucAGuLBaASRHsPKSnnK+rDFyq68zrVj97avYMPaSROM47 CSmwkpoZdl73WMouspdUZJbT6gM1uIA8ddTHwSUplz2tfW+yw2VtY57/AE2jdsDS6I090EfkSU1m 2 xmp.iid:9B1F35DD0B2068118A6DA3C83C94B8ED a7Bf6uRbhU4m149e+4Vj1A5m1nuMfR3T5wkptUWdSdkAXV1Cg+p7mEk/SHpcn9z6XmkpVNnVHOJv r7t5cGvYRuazgk/yfMJTuYguGO0ZALbBIILt50Oh3QElJklOZ1A9TrvYcSv163XV+oDcKtjAHbnf MjsyMjIyOzs7Ozs7Ozs7Ozs7Ozs7OztAQEBAQDtAQEBAQEBAQEBAQEBAQEBAQEBAQED/wAARCAEA Kgwhzp9Mhvrk+3kGdo7pKZ10uyGB3Uaq3WscdsN3gCdCNzdCYCSmFmNdWXDDoxwGt/Rbm7YcNRO1 bmEipjbH2/Rse2+vc1mwgmupx/rBJTptxen9UoNPUxj5BLi1rKi7b6ZPrUg+4ndsAP8AsSUzdi9B 「プレドニゾロン軟膏0.5%「マイラン」」の添付文書です. gbK8lj32F25mw0bNGkDcS48c+KSnIfkdQrYWdI6fgWell1VVetRbiBzXbdt1TA27cGvfYd+mjSRP saved 8OUpLiU9WZVuvrxG5G5wmreGlnqP26GTPpbf7U9klJuk4tuHiehcyqtwttcG0bi3a6x7mH9ISdxa /MhsR5/FKdGsWBsWuDnS4yBGhJ2j7klM0lOB1bMwm5NrBZiF9L2DIZe2S02VWbZO4fSZxpxKSnPo xmp.did:C6A9D6D90D2068118C14897BDDD2D10A /wDyhT/xN3/VUJKV0/8A5Pxv+Jr/AOpCSk47pKXSUpJTkerk78lzvtZayywNDGNjaGMI2+4yJ+jx saved 2011-09-21T16:24:59+09:00 SUhq6L0qljGV4zA2stcwamC0bWnU8gaT4JKZ0dK6djWPtx6G1utayt+2QC2sOa0RxoHFJS46bgNq MRIEQVFhcSITBTKBkRShsUIjwVLR8DMkYuFygpJDUxVjczTxJQYWorKDByY1wtJEk1SjF2RFVTZ0 SPSIHtglw1md3E8QkpG7JyGsLvstjiA07WuZJJmWjc9vEd0lM8bIOQ1znU2UFrtpbaACdA6Rtc4E 2wYnVJSHHyMt9ljDj57AKxb6kggufUdzGCw9iwRp9I/NJTrYm4VlrvUkOdpbqfpO79x4eSSk6Smu 施設や在宅の膨大な量の鑑査業務が増加してくると、一包化された錠剤の刻印を一つ一つ見ているので肩こりがひどくなってきました。 saved Kwn35PSaTlsc/ZivdU9xaXNa52/aYnvp2SUzb1Xrf2Yvd0nba21rPS+0Mj0y5zfUDgzs0B0Ed/FJ pKc/qXS/tVTGY1eM0sG0C+kWtDCCHNDZbEykprU9I6ix7dz8P0iXG1jceC7fBMO3aS5rSdNYSU6T 6u7QwfeZSUs3o/Txf9pFIFm1rJk8McXt0nxKSkV/ScGltTqcQWuY+lrWglu1rHghxM6hk7oSUti+ 7hngkpJYOk12updiV7mvrrMVsibBLT8ElMMe3oWVluwqaajexhscw0xDQ7ZyWxykpufs/p//AHGp 一般的にどこまで増減すればいいかという具体的な数値等は決まっていませんが、一般の臨床で行われている範囲ではほぼ通常用量の2倍程度までということらしいです。, 「適宜増減」と用法に記載されているものは適宜増減してよいわけだから、1日2回が1日1回になったり、1日3回になったりしても構わないんじゃないか?と食いついてみたりします。 xmp.iid:B822C79F092068118C1489813B7A7377 甘草とはマメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもので、主成分であるトリテルペノイド系サポニンのグリチルリチン酸には砂糖(ショ糖)の約150倍の甘... 早いもので今週末で9月も終わり、今年も残すところ3か月となりました。 学会(日本薬局学会/プライマリ・ケア連合学会/アプライド・セラピューティクス学会), 【監修・出演等】 かつて増量の上限は「およそ2倍」という神話がありました。, 局方には「極量」という値もありました。 jHP3HhzzoT3SUlyX9OorFuU+qplZaQ97g0AnaxupI/eASUyqbh5NTnUFlldgdW51bpB2lzXCWnsZ R80lOikprv8A+UKf+Ju/6qhJSun/APJ+N/xNf/UhJTYSUhyi8Uk1lgdubBsnb9Jvh+CSmgzptTH2 8vBbEtLXHU/nJKbb6GWElxdBIMTEEAjT70lLNx2Mc5zS6XEE+4kaDboOB8klMfslQAEugCPpHw2/ 各都道府県で審査員や財政面の違いがあるのでルールが違うとは思いますが、厚労省的には「適宜増減は用量だけで用法の変更は認められない」という見解だと思います。, ただ、1日3回という用法の薬を1日2回や1回に減量した場合、保険請求上は安くなっているわけで、あえて指摘しないだけ、という気がします。, 用法・用量で薬剤師の頭を悩ませるのが「年齢、症状により適宜増減」という記述です。 Adobe InDesign 7.0 SqOtdSt3Nd04Msa4xX9orLyz1jVuiP3Ru+Ok8kJSTE6p1C8NN+EKQ5jHA+s1/vdYWFmjOzRunvwk HwSU2n2dPypoN7HuaCXNbYNwDXiZ2mY3Ng/ikpYN6dQ0vdY0N9XcS+yQLHPc3lztPe4iPHRJSxyu /metadata xmp.iid:D7C41874072068118C14E2E9D3D12B09 2013-09-09T21:16:52+09:00 /metadata saved gObtY95sAIDSWMBO795xA80lNzFdgm24Yj63WAt9ZrHBxBiG7gDpICSmykprv/5Qp/4m7/qqElK6 DVJTcfgU2Vure58OnhxESQdPhGiSkmPjVYtZrpEAuc8/FxkpKavVMnqWO2r9m4zcpz3gWNc4M2tJ ちな... 患者さんに「漢方薬に含まれる甘草(カンゾウ)は血糖値をあげませんか?」と聞かれました。 axykpJYXitxrG54B2tJiT2CSmo59mRj5DM/H9GvcWDdY2Hs9sP3NPtmT56JKaz8fp2VXd0/ZTdRk S5zuWja3hJS2Pn5ll5eL8GzCr3erY20ueHMneNGtaNv4d/FJSGvrVVbL68vqnT2XtcGtb6zDsL2E ��!X,��1��2@�/���L@���T5J2�g`�` � という質問です。 Zx7zU54Y4WOrBMfSMt0HuGiSlYeJmUPc7JyzktJfDTW1gG525uo19o0SU24HgkpUAHRJS6Smu/8A 添付文書; インタビューフォーム; 作成又は改訂年月 ** 2017年5月改訂 (第5版) * 2016年4月改訂. “適宜増減は、1日の投与量を増減するものであり1日の用法(回数)を変更する事ではない”というタイトルの元、ARBやCa拮抗薬の1日2回投与などが例示されていました。, つまり「適宜増減」がある場合、用量はさじ加減で自由に増減しても良いが、用法を変える場合は必ず理由を備考欄等に書け、というレセプト上の問題だと考えています。, 該当の資料ですが、古い資料なので今は見られなくなっているようです。