- 世界の超豪華・珍品料理 - ものまね王座決定戦(ものまね紅白歌合戦) - 週刊スタミナ天国 - 所さんのただものではない! !かもしんない - 所さんのまっかなテレビ - 日曜はダメ!! - オールナイトフジ - 夕やけニャンニャン - とんねるずのみなさんのおかげです - ドリフ大爆笑 - 志村けんのだいじょうぶだぁ - マジカル頭脳パワー!! - 所さんの画スタマイズ天国 - パオパオチャンネル - 全国おもしろニュースグランプリ - ニッポン大予想 - 所さんの家族まるだし - たけしの万物創世紀 - 世界とんでも! - 笑っていいとも!増刊号 - 笑っていいとも!特大号 - 桃色学園都市宣言!! - 仰天!くらべるトラベル - 所さんの20世紀解体新書 - 所萬遊記 - たけし・所のドラキュラが狙ってる - すばらしき仲間復活スペシャル - スターオーディション - 爆笑!迎春ブッちぎり 所ジョージのオールスター自動車レース大賞 - 天才!トコロ店 - 所さんのニッポンの出番! - 所さんのただものではない! 三味線屋・勇次 - 真夜中の弥次さん喜多さん - 20世紀少年(全3章), 田邊昭知 - 堺正章 - 井上順 - 小林麻美 - タモリ - 愛川欽也 - 宇崎竜童 - 阿木燿子 - 坂上二郎 - 車だん吉 - 関根勤 - 明石家さんま - 所ジョージ - 榊原郁恵 - あのねのね(清水國明・原田伸郎)- 志村けん - 田原俊彦 - 地井武男 - ヒロミ - 今田耕司 - 東野幸治 - THE ALFEE(坂崎幸之助・桜井賢・高見沢俊彦)- 福澤朗, 田辺エージェンシー - 東宝レコード - ポニーキャニオン - 徳間ジャパンコミュニケーションズ - ケンズファミリー, スター誕生! (けん♀♂けん) - 恋すれどシャナナ (田原俊彦とのデュエット), 女ごころ - 㐧三の女 - 愚図 - 泣き笑い - かもめのように - NAOKO VS MIYUKI (研ナオコ、中島みゆきを唄う) - NAOKO VS AKU YU - あきれた男たち - 恋愛論 - Naoko Mistone - スタンダードに悲しくて - Again - 名画座 - Deep - Bitter - LOVE LIFE LIVE 弥生 - 雨のち晴れ、ときどき涙, その道・オリジナル14 - 研ナオコ best - 研ナオコ スペシャルベスト - 中島みゆき作品コンプリート, マチャアキのガンバレ9時まで!! !ココロジー - 所さんのお騒がせデス - 所さんの日本ジツワ銀行 - スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会 - さんま・所のオシャベリの殿堂 - 今夜は営業中! - 所さんお届けモノです! ピンキーパンチ大逆転 - パリンコ学園No.1 - 笑ってポン! Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 『ものまね王座決定戦』(ものまねおうざけっていせん)は、フジテレビ系列で1973年より不定期(年数回)で放送されているものまね番組。通称は「ものまね王座」。, 本項では特別編にあたる『発表!日本ものまね大賞』と総集編にあたる『あなたが選ぶ!ものまね王座決定戦ベスト101』についても述べる。, 1973年、『火曜ワイドスペシャル』として、『第1回オールスターものまね王座決定戦』が放送される。非常に高視聴率を記録し、スペシャル番組として定着した。, 1985年7月2日、笑いに特化した内容の『第1回爆笑!スターものまね王座決定戦』がスタートし、以降は2番組が交互に放送される。, 番組初期は当時の売れっ子アイドル歌手や演歌歌手らの余興的色彩があったが、1987年に後のブームを構築する木村忠寛がプロデューサーに就任する。同年3月放送の『第2回爆笑!スターものまね王座決定戦』から、それまで司会を務めたあのねのねに代わり、新たな司会者に所ジョージ・榊原郁恵が就任し(1988年4月の『第20回オールスターものまね王座決定戦』からはそれまで桑野信義とタッグを組み出場者側だった田代まさしも加わる)、審査員に淡谷のり子を加えてからは、お笑い、パロディ芸としてのものまね(無論お笑い要素のない歌まねを排除したわけではなく並行)に方針転換し、いわゆるものまね四天王を前面に出す番組作りに衣替えする。ダチョウ倶楽部や笑福亭笑瓶、ピンクの電話のような、ものまねよりも単なる一発芸やカラオケに終始したネタも頻繁化され、1990年代にものまねブームを巻き起こした。, 1986年までは3ブロック制で90分での放送だったが、1987年の90分での放送が2ブロック制に改める。1987年から1998年までは年に3回(『オールスター』が秋、『爆笑!スター』が春と11月頃に放送)この2番組が並行して行われたが、1997年・1998年の11月頃に放送された分はそれまでの優勝者・決勝進出者に常連組が揃ったグランドチャンピオン大会になった。, 1989年に入ると、春の改編期に『爆笑!スター』、秋の改編期に『オールスター』を放送するようになり、この年の10月に放送された第21回以降の『オールスター』から3ブロック制に変更され、翌1990年4月にも第7回以降、春の改編期に放送する『爆笑!スター』も3ブロック制に変更された。, 1989年12月の『爆笑!スター』からは、審査員のネームプレートが手書き体からナールフォルト体に変更された。また、それとは別に『火曜ワイドスペシャル』や『金曜おもしろバラエティ』→『金曜ファミリーランド』枠で、年数回、特別版や番組の舞台裏ドキュメントを放送した。, 1991年にはオリジナルビデオ作品にも進出し、『ものまね四天王 オリジナルムービー ひょうたん』を発表した。, しかし、プロデューサーの木村と四天王の一角・コロッケの対立が発端になり、コロッケは1992年3月31日放送分の『第11回爆笑!スター』を最後に降板した。さらに、コロッケを含め、司会者の研ナオコや常連出演者で優勝経験もある岩本恭生、ものまね女四天王の一員であった篠塚満由美らが、日本テレビでスタートした『史上最高そっくり大賞』→『ものまねバトル大賞』に移った。, 一方で、当時番組のメイン司会者の榊原郁恵や1980年代後半・1990年代初頭から長年出演中の松居直美と清水アキラ、栗田貫一、ダチョウ倶楽部、岡本夏生、松村邦洋、中島マリ、ジェニーいとうなど、当番組に残留した出演者も多かったが、上記の事件が大きく響き、ものまねブームは沈静化する。四天王の一員だったビジーフォーが降板し、視聴率も『ものまねバトル』に奪われるなどした。1999年以降は1回減らした年2回の編成となる。番組の司会の顔であった榊原も2000年4月7日放送の『第25回爆笑!スター』で降板、同時に司会者全員の赤いブレザーや、1980年10月28日放送回から続いてきた最高100点得点式採点方式もこの回で終了した。, 2000年10月3日放送の第32回でテコ入れをして下記のように多数の演出が大幅なリニューアルし、プロデューサーも木村から水口昌彦に交代(この回は司会に今田耕司、東野幸治、篠原ともえ。基本的に生バンドであった演奏も事前収録の効果音に変わった。これ以降ネタの伴奏は生バンドによる事前収録となる)するが、視聴率が本番組史上最低の13%となり、さらに『ものまねバトル』に敗戦したことを受けて、この回を最後に本番組の第1期は打ち切られ、27年の歴史に幕を降ろした。, 司会陣も所[1]・田代は1990年12月の『第8回爆笑!スター』で降板し、1991年4月の『第9回爆笑!スター』からは研ナオコ(1994年11月の『第16回爆笑!スター』まで)に交代。その研も上記の通り日本テレビのものまね番組の司会に移り、メイン司会が井上順(1995年4月の『第17回爆笑!スター』から)の復帰や松本伊代(1996年4月『第19回爆笑!スター』から)の審査員からの移行など司会者が目紛るしく変わることもあった。, 司会者の人数も3人から、1996年4月の『第19回爆笑!スター』からは4人に、1998年10月の『第30回オールスター』~1999年10月の『第31回オールスター』には5人までに増えた(1998年11月の「グランドチャンピオン大会」と2000年4月の『第25回爆笑!スター』は4人に戻る)。, トーナメント制も、1997年10月の『第29回オールスター』から2000年4月の『第25回爆笑!スター』まで、春・秋の改編期の『爆笑!スター』、『オールスター』が4ブロック32組となる。複数名のユニットも作られるようになり、最大で50人を超えたこともあった。, 番組のセットに関しては、中央が従来のトーナメント表を表したセットだったが、周りが電飾中心のセットになり、出演者席も中央のトーナメント表の所から両側に座ることになった。また、トーナメント表もコンピュータ処理になり、表示されたが1999年10月 - 2000年4月の回はなかった。審査員席の後ろも1997年10月(お台場新社屋での収録初回)からは観客に埋められ、1998年4月 - 1999年4月はものまねのターゲットとなった出演者とグラビアアイドルに埋められたが、1999年10月第31回オールスター - 2000年4月の第25回爆笑!スター回は周りが花に埋められた。, 1997年4月の第21回爆笑!スターからテロップが乱発・カラフル化するようになる。放送送信が河田町からお台場へ移転したことも背景にあると思われ、司会者・審査員の名前を表示する際に3倍ほどの特大サイズの表示になった(このデザインは2000年4月の第25回爆笑スターまで使用)。ただし、引き続き針すなおのイラストと、ものまね・歌手名のテロップ表記はオリジナルの手書き調を引き続き使用していた。, 第1期での各放送回の詳しい視聴率は不明だが、全盛期は毎回30%以上を叩き出していた。1980年代のフジテレビのスペシャル番組では、『新春かくし芸大会』『ドリフ大爆笑』『FNS歌謡祭』などに並ぶ高視聴率を獲得している。, 1985年の第1回爆笑!スターより採用。出演者が多い番組であり混合を避けるため、司会者の衣装は赤い背広(赤い背広(赤いブレザー)に赤蝶ネクタイまたは赤ネクタイ、男性は白いズボン・女性は白いスカートといった出で立ち)を着用して司会進行を担当していた。スタッフとスタジオの左右にいるアシスタントガールも同様に着用していた(スタッフは上着のブレザーのみ)。フジテレビのバラエティ番組においてはそれまで出演者とスタッフ統一の衣装という演出番組はなく、その後の1996年・2004年以降の『FNS27時間テレビ』の統一番組Tシャツにつながったとされる。それ以前1984年の第16回オールスターまでは司会者は普通の正装で担当していた。1996年第20回爆笑!スターではオープニングの司会者紹介時に当時司会の翔が背広の内側に「翔」と刺繍されていたのを見せた。ひそかに約15年間名物・恒例となっていたが、2000年4月の第25回爆笑!スターが最後となりプロデューサー交代を機に廃止された。2000年10月の第32回オールスターでは当時司会の今田耕司と東野幸治がオープニングでこの赤い背広がなくなったことをオープニングにおいてそのままネタにし「着たい」と言っていたが、「スタッフが着てるんですよ」とスタッフは着ていると説明していた。, 1993年「第25回オールスター」での亘哲兵が所ジョージのものまねする際や、1994年「第26回オールスター」での島崎和歌子が榊原郁恵のものまねする際、1995年「第17回爆笑!スター」での鈴木末吉が井上順のものまねする際でも赤い背広の衣装で登場した。また、1990年「第7回爆笑!スター」では松本明子が榊原郁恵のものまねする際、オープニング・登場時は赤い背広を着たが、歌唱時は郁恵が「夏のお嬢さん」に着た当時の衣装に着替えた。, 1997年3月放送の「第21回爆笑!スター」までは河田町旧本社屋・第6スタジオ、1997年10月放送の「第29回オールスター」からお台場現新社屋・V4スタジオで収録されていた。先述・後述のとおり、スタジオ移転と同時に一部のセット(各ブロック出演者の待避場所が開始当初より続いたメインステージセンター後方からセット裏へ変更等)・一部の演出が変更された。, 2000年末に、それまで1988年正月より年末年始に行われていた『オールスター爆笑ものまね紅白歌合戦! !劇的ビフォーアフター - ゴールデンまなびウィーク - インテリが知らない世界のおバカ疑問, 金曜10時!うわさのチャンネル!! ジャックをねらえ - えびす温泉 - 幸せの☆一番星 - GAHAHAキング 爆笑王決定戦 - クイズ天下一品博物館 - 特捜TV!ガブリンチョ - まけたらアカン! - BANG! - どちら様も! !」の字幕スーパーが出ていた)。, この回の第32回オールスター・決勝戦で行った審査方法は、2008年から毎年10月下旬に放送している『オールスター芸能人歌がうまい王座決定戦スペシャル』でも採用される。ただし異なる点として、前者では5人一斉に提示したが、後者では右から順に1人ずつ、司会者がコールをした後にプレートを提示する形だった。, 決勝はソンミ・清水良太郎・ビューティーこくぶ・ミラクルひかるの4組が戦い、ビューティーこくぶとミラクルひかるが同点になった為、第1期にありえなかった決選投票を実施。第32回オールスター・決勝と同じ審査方法で決したが、審査員が10人である為、5対5に割れた場合は審査員長の堺正章が挙げた人が優勝となった。, 復活版では、『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』のスタジオセットを使用しているが、トーナメント表は審査員席の背後のLEDスクリーンに表示される。, 決勝戦の審査結果発表でチャンピオンが決定し、くす玉が割れ(割れる場面をアップで写す)、大量の紙吹雪と風船を浴びる優勝者の表情を映し出した。中には、大泣きする優勝者(コロッケ、清水アキラ、栗田貫一、松本明子、森口博子、松居直美、中島マリ、岩本恭生など)も多数いた(松居、松本、森口が決勝戦の結果発表の際は、3人が抱き合いながら大泣きしていた)。, なお、初期のチャンピオンへの賞品はハワイ旅行だったが、第10回以降からは賞金100万円(84分(1997年・1998年は114分)以上の拡大スペシャルの場合は200万円にアップ。ただし、2000年10月放送回・2012年以降の復活版は100万円だった。賞金目録は小切手をモデルにしたものだった)。ダチョウ倶楽部がチャンピオンになった回(1996年11月の第20回爆笑!スターと1999年4月の第24回爆笑!スター(この回の優勝賞金は200万円だった))では、賞金を3等分できないとの理由でさらに100万円を追加、都合賞金300万円となったこともある。そして、ゴールデントロフィーと花束が贈呈される。惜しくも敗れた決勝進出者にも、得点にかかわらず「準優勝」と書かれた目録(金一封)が渡される(1997年のオールスターでは賞金50万円と海外旅行)。また、審査員特別賞や敢闘賞、熱演賞などが選ばれた回もある。, なお、賞金総額は1994年秋などでは500万円、1997年秋などで700万円だった。, また番組の収録が長時間に渡るため、収録終了後は近くの居酒屋や焼肉屋などで飲み会が必ず開催される。この代金は優勝者の賞金から支払われ、残金が優勝者の物になるのが通例であった。この模様はドキュメントで放送された。, 2012年7月6日に復活してからの放送では優勝者に対するトロフィー・賞金小切手パネル贈呈はあったが、祝賀用くす玉・キャノン砲(大量の紙吹雪・風船・紙テープ)はない。, ★ = 2012年復活版にも出演。 THE HISSATSU - 必殺! ?ヒストリー - ケンカの花道 - 今世紀最後 史上最大! - ためしてガッテン - 1億人の大質問!?笑ってコラえて! ©its communications Inc. All rights reserved. - 笑って許して!! - ザ!鉄腕!DASH!! - メレンゲの気持ち - 快快!高田病院へ行こう - TVチャンピオン - TVチャンピオン2 - 2時っチャオ! おそらくあの時期、針先生はありとあらゆる有名人の似顔絵を描いていたんじゃないかと。しかし、最近ではモノマネ番組のお仕事はされていないようで……。, ということで、針すなお先生が描きそびれてしまった最近の有名人を、あのテイストで描いてみたいと思います。, はじめて観た瞬間に「キター!」と思った顔力。日本ボクシング連盟の男・山根明会長といい、どうしてスポーツ団体の会長ってキャラの立ちまくった顔をしてるんでしょうか……。, 長らく政界の人気者というポジションをキープしてきた進次郎さんですが、大臣になったとたん、だいぶ面白おじさん風味が出てきて好感度アップです!? 昔の「ものまね王座決定戦」は面白かった! 今日は「ものまね王座決定戦」について書いていこうと思います。 フジテレビのものまね王座決定戦・・・私自身10代の終わりから20代前半の時期によく観てた番組であります。 BANG! - 知りたがり! そんな「スターものまね王座決定戦あるある50」を今回はお届けしたい。 【スターものまね王座決定戦あるある50】 その01:「スターものまね王座決定戦」が放送される日は、家全体が異常にソワソワする。 - ザッツお台場エンターテイメント! こんにちは「ガキおやじ くまもん」です。「FUN FAN TODAY!」のお時間ですよ・・・。一緒に楽しく雑談しましょー!, フジテレビのものまね王座決定戦・・・私自身10代の終わりから20代前半の時期によく観てた番組であります。, 1973年に「火曜ワイドスペシャル」枠に登場、1986年頃まではアイドルや演歌歌手の余興的な色彩の強い番組でありました。, 同じフジテレビの「スターどっきり」でも司会者(キャップ)をはじめレポーターたちがおそろいの背広を着用。ともにものまねの審査員として出演していたフジテレビ衣装部の保沢さん(「あのね・・・」の口癖でおなじみ)によるもの。(なんとなく保沢さんのセンスが分かります。), 淡谷のり子さんや針すなおさんのように厳しい審査で10点つけない人もいれば、前出の保沢さんのように誰でも10点つけることも・・・。, これまでフジテレビの「ものまね」担当ディレクターだった木村忠寛さんが1987年プロデューサーに就任(正式に「プロデューサー」でクレジットされたのが1989年あたりから)、アイドル中心から清水アキラ、栗田貫一、コロッケ、ビジーフォーの「ものまね四天王」を中心としたお笑い路線に変更、空前の「ものまねブーム」となりました。, 「ものまね四天王」のほかに「ものまね女四天王」「お笑いものまね四天王」も登場しました。, 木村さんは1975年にフジテレビ入社、以降「ものまね」を中心にバラエティ番組を一貫して担当、80年代中ごろは「夕やけニャンニャン」のディレクターとして活躍、1987年より「ものまね王座」のプロデューサーに就任し「ものまね四天王」ブームを生み出しました。, 木村さんは一切の妥協を許さぬ主義の番組づくりで、番組内でへまをした出場者・・・タレントばかりでなく素人のものまね名人に対して「鉄拳制裁」もよく見られました。, 松村邦洋がたまに笑いのネタにしてましたが、よく番組収録中に「松村、あとで上(副調整室)に上がってこい!BY木村」と呼び出されていたようで・・・。, そういえばおなじフジテレビの「夜ヒット」でも一世風靡セピアが番組終了後にHプロデューサーの「往復ビンタ」を受けたとか・・・。, のちに1992年に「ものまね四天王」のコロッケと対立、コロッケをはじめ司会の研ナオコ・常連出場者の岩本恭生、篠塚満由美らが降板、ライバル局・NTV「ものまねバトル」へ移籍、ビジーフォーも「ものまね王座」から降板し番組の人気が低下し「ものまねブーム」も一段落しました。, 「ものまね王座」は2008年・2009年にDVDで名場面・名勝負集としてリリースされてます。, 昔の「ものまね王座決定戦」は面白かった! | ガキおやじくまもんの「FUN FAN TODAY!」. センチメンタル・ジャーニー - ラブ・ミー・テンダー - TVの国からキラキラ - オトナじゃないの - 抱きしめたい - チャイニーズ・キッス - 太陽がいっぱい - 恋のバイオリズム - 時に愛は - 恋のKNOW-HOW - 流れ星が好き - シャイネスボーイ - ビリーヴ - あなたに帰りたい(Dancin' In The Heart) - Dancin' In The Heart - ポニーテイルは結ばない - 月下美人 - Last Kissは頬にして - 信じかたを教えて - サヨナラは私のために - 思い出をきれいにしないで - すてきなジェラシー - 淋しさならひとつ - Sonatine - 悲しくてやりきれない - きっと忘れるから - BOY FRIEND A GOGO - 私の声を聞いて - センチメンタル・ジャーニー まだ50歳ver. - 細木数子の人生ダメだし道場 - いよっ!日本一 - おもいッきりDON! - たけし・所の二人テレビ - 世界の超豪華・珍品料理 - 春休み・夏休みマンガ祭り - ニッポン再検証プロジェクト「コ・コ・ロ・ミ・ル」 - 人生で大事なことは○○から学んだ - テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜 - NHK紅白歌合戦(第66回NHK紅白歌合戦), 所ジョージのオールナイトニッポン - 所ジョージの足かけ二日大進撃 - 所ジョージの日立ハローサタデー - 所ジョージのヤングタウンTOKYO - もてもてスクランブルBEGIN the OJIN - 所ジョージのホロホロ天国すんごいですね - 所ジョージの進め!おもしろバホバホ隊 - スーパーギャング - 日曜夕方トコロのココロえ - おとなの時間割・所さんのブクブクゴシゴシ! - 土曜スペシャル - クイズ地球まるかじり - 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル - 秘密のケンミンSHOW - ゴゴスマ -GO GO!Smile!- - ヒルナンデス! - 電波少年シリーズ(進め!電波少年、進ぬ!電波少年) - スーパークイズスペシャル - スーパー電波バザール 年越しジャンボ同窓会 - 24時間テレビ 「愛は地球を救う」 - THE夜もヒッパレ - ザ・ラスベガス - 歌いこみ音楽隊! - ポツンと一軒家 - 所JAPAN, 志村&所の戦うお正月(カウントダウン2000) - はじめてのおつかい - サイエンスミステリー - 所さんのビックリ村!〜こんなトコロになぜ?〜 - 所さんの楽しいゴルフ - たけしの“これがホントのニッポン芸能史” - 大改造! - 世界まる見え!テレビ特捜部 - 所さんの世田谷ベース - 1億人の大質問!?笑ってコラえて! - 夕やけニャンニャン - Music Museum - 森田一義アワー 笑っていいとも! 第5回 爆笑!スターものまね王座決定戦 1989年3月28日放送 【司会】 所ジョージ 田代まさし 清水国明 【審査員】 ものまね王座決定戦(ものまねおうざけっていせん)は、 . ☆ = 「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」にも出演している。, ☆ = 「爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル」にも出演している。◎ = 「ものまねグランプリ」(日本テレビ)にも出演している。, プロのものまねタレントが出演する『ものまね王座決定戦』と並行して、番組に応募した素人の出演者がものまねを披露する『発表!日本ものまね大賞』も年1回程度放送された。司会者や審査員、生バンドスタイルもそのままであったが、司会者は赤いブレザーを着用せず、その代わりに金と銀の背広を着用した(初期と後年になると全員が赤いブレザーになった)。, チャンピオン(この時もくす玉と大量の紙吹雪と風船と紙テープがあった)は、賞金20万円と海外旅行が贈られる(稀に審査員特別賞がある年もあり、その場合は海外旅行が審査員特別賞に回され、チャンピオンは賞金のみとなる)。栗田貫一、松村邦洋、中島マリ、布施辰徳、ジェニーいとう、ナオミ・グレースなどがこの番組からデビューし、本選の常連となった。, 素人時代のコージー冨田はこの番組での優勝を機に本格的にプロ転向し、後に日本テレビ『ものまねバトル』でブレイク。若手時代の千秋(当時・藤本千秋)も出演したことがある(ネタは浅田美代子の「赤い風船」や山本リンダなど)。, また、1994年放送回では明石家さんまが森高千里の「気分爽快」を数回行った。これはのちに本選にレギュラー出演した藤川なお美が披露した後に行っており、その年の秋の「オールスター」では藤川と同じ回から出演している中島マリが披露する前に榊原がコメントをし、1995年の「ベスト101」では本番組・紅白以外の映像でベスト3に入った。, 2013年8月27日には、『カスペ!』枠にて『ものまねスター誕生! - オールナイトフジ - うるとら7:00 - お天気チャンネル - オレたちひょうきん族 - ものまね王座決定戦 - ものまね珍坊 - ビートたけしのお笑いウルトラクイズ - スターどっきり(秘)報告 - ドリフ大爆笑 - まけたらアカン! - デジタル所さん - ZZZ・所的蛇足講座 - 徳光&所のスポーツえらい人グランプリ - あらすじで楽しむ世界名作劇場 - 爆笑! 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦 祭りだ祭りだスペシャル, テレビ東京52年分の映像大放出!モヤモヤ映像廃棄センター〜こんなVTR新社屋に持って行けません〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ものまね王座決定戦&oldid=80448606, 基本的には歌ものまねオンリーになるため、お笑いものまねを披露する2000年秋までの常連だった松村・ダチョウや『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』でネタを披露する, また、出場者は個人およびコンビがほとんどで、1997年秋 - 2000年秋にあった合同グループはチームよしもと(山崎邦正・オリエンタルラジオ・NON STYLE・楽しんご)のみとなる。, 『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』と同じくテロップの乱発が著しくなっている。, なお、2004年秋の『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』以降、司会を務めていた当時フジテレビアナウンサーの, この日は、放送時間が7月の放送より1時間長いため、総勢32組のものまね芸人や芸能人・一般人がAブロック・Bブロック・Cブロック・Dブロックの4ブロックでトーナメント対決を行った。三田友梨佳にとって2回目の司会となった。, 出場32組をAブロック・Bブロック・Cブロック・Dブロック・Eブロック・Fブロック・Gブロック・Hブロックの8つのブロック(各ブロック4組)に分かれるため、決勝は8組になる。内田嶺衣奈にとって2回目の司会となり、西山喜久恵が新司会者となった。, この回から、ネタ数が4ネタから3ネタに縮小、審査が1人10点・合計100点満点の審査から1人100点・合計1000点満点の審査に変更、また決勝戦は予選(1回戦・準決勝)の合計得点が低い順にものまねを披露した。, この回は、『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』も含めフジテレビのものまね番組では過去にはなかった, この回も、昨年同様日本テレビ『ものまねグランプリ』から、元レギュラーのコージー冨田, 同年9月2日に放送された『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』で行われた「ものまねジャニーズ軍団 スペシャルヒットメドレー」が、再びこの放送回でエキシビジョンアクトとして行われた。, この回も、一昨年・昨年同様日本テレビ『ものまねグランプリ』から、元レギュラーのコージー冨田, 番組初の試みとして敗者復活枠が新設された。通常の決勝進出者6組に、決勝進出者以外の一回戦や準決勝戦で敗退した出場者の中で審査員の多数決により決定した1組を加えて合計7組で決勝戦が行われた。, さらに、番組初の総集編コーナー「ものまね王座決定戦 名場面プレイバック」と題して、番組開始の1973年から現在の2017年までの45年の長い歴史の当番組で披露されたものまねの中で厳選された傑作ものまねを番組の随時の, また、昨年行われた総集編コーナー「ものまね王座決定戦 名場面プレイバック」が本年でも番組の随時のCM明けで行われた。, 今回からフジテレビのスポットニュース枠の廃止により、22:46に飛び降りポイントが設けられた。, また、『金曜プレミアム』終了に伴い、第2期では初の単発特別番組枠以外での放送となる。, 昨年に引き続き、総集編コーナー「ものまね王座決定戦 名場面プレイバック」が本年でも番組の随時のCM明けで行われた。, 尚、この放送で『ものまね王座決定戦』と『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』を含めた1999年10月からフジテレビのものまね番組で司会を務める今田耕司と東野幸治が20周年を迎えた。, 最初は出場者のマネージャーが組み合わせ抽選を行い、終了後、本人に対戦相手を告げた。, 1998年の「グランドチャンピオン大会」と2000年放送回の2回は番組のオープニングに出場者(2人以上のユニットは代表者)が抽選し決定する。, 1998年の「グランドチャンピオン大会」では、左から順に「A-1」から「B-8」までのカードが入った封筒をめくり発表したが、2000年放送回の2回はくじ引き形式で発表し即時に対戦相手がわかるようになった。, 審査員1人赤コーナー・青コーナーそれぞれ100点ずつの持ち点でそれぞれ採点する。明らかに勝敗が分かれる勝負なら[, 決勝戦は、2012年夏ではA・B・Cブロックの勝者がそれぞれ赤・黄・青コーナーに分かれる。2012年冬ではA〜Dブロックの勝者がそれぞれ赤・黄・青・緑コーナーに分かれる。2013年はA〜Hブロックそれぞれの勝者が赤・青・緑・黄・橙・紫・水・桃コーナーに分かれる。2014年以降はA〜Gブロック勝者がそれぞれ赤・青・黄・緑・紫・橙・水コーナーに分かれる。詳細は下記通り。, 大江千里(2000年10月3日のみ):布施辰徳と香田晋にものまねをされたことがある。, 松本伊代(1992年春〜1994年晩秋):原田ゆかり、しのざき美知、斉藤ルミ子、松下桂子、有田哲平(当時・海砂利水魚)、三井ゆりにものまねをされたことがある。.