4、低栄養患者に対する看護計画. 標準看護計画. Copyright© 看護計画と看護問題の書き方~症例を使ったop・tp・epと書き方~ 看護計画 2016.11.19 転倒転落による身体損傷リスクの看護計画(op・tp・ep) 看護計画 2016.10.8 褥瘡の看護計画4つのポイント~原因に対する具体的なケア計画~ 医療知識 2017.11.16 ナースのヒント|明日のヒントが見つかるWebメディア , 参考資料:標準看護計画 糖尿病患者の看護計画2. 2017/01/30 高血圧症の看護計画(具体策) #a に対する観察計画(op) #a に対する看護ケア計画(tp) #a に対する教育計画(ep) #c に対する観察計画(op) #c に対する看護ケア計画(tp) #c に対する教育計画(ep) 必要な情報収集とアセスメント 1.患者背景. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 長年看護師をしてきました。看護計画には苦労しましたし、勉強もたくさんしてきました。職場で使用した看護計画を、疾患別にまとめました。見ていただいた方の参考になるようなことがあれば幸せです。, 2020年8月ユーチューブはじめました。 「プリンセスモナコ60代主婦の日常」で料理しています。 よろしくお願いします。, すぐに使える看護計画を知りたくないですか?実際に病棟で使用した看護計画を紹介しています。病棟で使用しなかったものは看護計画の教科書参照しています。急いで看護計画を立てたい人は必見です。, 入院時、見るからに痩せていて栄養が足りていないことが一目瞭然の患者さんが入院してくることがあります。, 全く食べることが出来ないという情報がありますが、経口的に一口ぐらいは食べることが出来るかもしれません。, エネルギーゼリーなどを少しの一口を提供してみます。むせなく摂取できる人もいます。経口的に摂取することが無理な患者さんは、観察しただけでわかることもあります。, 経口的に摂取することが出来ても初めから必要量を摂取することが無理です。栄養を確保する為にまずは点滴で、または中心静脈栄養で栄養管理をします。, 最初から医師が家族と相談して胃瘻を造設することになる場合もあります。個別性のある看護計画にする為に、患者さんに適したものを作成します。. 嚥下障害は、不安から患者の心身状態を細かく観察し、何か問題があれば迅速に対処しなければいけません。 ここでは、嚥下障害の看護に関して詳しく説明していますので、適切なケアを実施できるよう、看護師の方は是非参考にしてみて下さい。 病棟で使用している看護計画を紹介します。 入院時、見るからに痩せていて栄養が足りていないことが一目瞭然の患者さんが入院してくることがあります。 全く食べることが出来ないという情報がありますが、経口的に一口ぐらいは食べることが出来るかもしれません。 期待される結果(看護目標) 感染を起こさない。 感染が防止できるように生活環境を整えることができる。 感染予防のための清潔行動を実施できる。 感染予防のための自己管理(服薬、食事など)ができる。 看護師 看護計画 東京都 全科共通, 「食べる」ことは生命維持や健康の維持、増進に必要不可欠です。食べることで生きることに必要なエネルギーを確保するとともに、食べることにより楽しみや満足感を得ることができます。普段の生活では口から食べることは当たり前のことですが、病気により口からの摂取が困難になったり、うまく食べられなくなる場合があります。, ここでは、生命の維持に必要な食事に大きく影響を及ぼす可能性のある嚥下障害について説明します。, 嚥下とは、食べ物や飲み物を飲み込み、胃に送る運動のことを言います。嚥下は、咀嚼により食塊を形成し口腔から咽頭に送りこむ「口腔期」と、食塊を嚥下反射により食道まで送り込む「咽頭期」、食塊を食道の蠕動運動により胃へと移送する「食道期」に分けられます。, 嚥下には口腔、咽頭、喉頭、食道、喉頭蓋など様々な器官が関わっていますが、このいずれかが障害を受けると嚥下が円滑に行われなくなります。これを嚥下障害と言い、むせる、つかえる、飲み込めないなどの症状を呈し、食事に時間がかかったり、口腔内に食べ物が残りやすくなったりすることがあります。, 嚥下障害は子供から高齢者まで幅広い年齢層で見られ、原因は大きく「器質的要因」「機能的要因」「心理的要因」の3つに分けられます。, 先天的な異常や腫瘍、炎症、加齢に伴う器質的変化(義歯)など、口腔内や咽頭、食道の構造自体が障害されることにより、食べ物がうまく通過できなくなります。, 構造自体には異常がなく、それを支配する筋肉や神経に障害があると、咀嚼や飲み込みができなくなることがあります。脳血管障害による嚥下障害は頻度として多く見られます。その他、神経筋疾患や加齢による筋力、筋緊張の低下が原因となる場合があります。, 摂食障害や認知症、うつ病などで食欲に関わる機能が障害された場合にも嚥下障害が引き起こされる場合があります。精神疾患患者には嚥下障害が多くみられる傾向があり、誤嚥による窒息事故を起こす頻度も高いとされています。, 嚥下障害自体は病気ではなく、原因となる疾患や異常によって出現する症状です。まずは患者の病歴や基礎疾患の有無などを把握することが大切です。また、基礎疾患がはっきりとしないケースもあるため、あらゆる角度から情報収集を行い、総合的に判断していくことが重要となります。, 嚥下障害のスクリーニングテストとして、座位で30秒間に3回以上の空嚥下ができるかを確認する「反復唾液嚥下テスト法(RSST)」や、座位で30mlの水を1回でむせなく5秒以内に飲めるかを確認する「水飲みテスト」があります。, 嚥下障害の原因となる疾患がある場合は、疾患の治療を優先的に行います。嚥下障害の程度や状態によっては、嚥下訓練が必要となる場合があります。, 嚥下訓練には、体操やマッサージ、発声訓練などの間接的嚥下訓練と、食事を使い、食事の形状(ゼリー、ペースト、ミキサーなど)を変化させ、量や回数を調整していく直接的嚥下訓練があります。, 嚥下に対する訓練を行っても改善が見られない場合は、咽頭挙上術や輪状咽頭切除術、誤嚥防止のための手術などが検討される場合もあります。, 嚥下障害が起こると①低栄養や脱水症②誤嚥性肺炎、窒息③口腔内汚染、感染④QOLの低下などを引き起こす可能性があります。, 食物をうまく摂取できないため、栄養バランスが崩れやすくなり、十分な栄養が摂取されない状態が続くと低栄養状態になることがあります。また、むせやすくなるため、無意識に食事や飲み物の摂取量が減り、脱水症を引き起こす場合もあります。, 誤嚥により、食べ物や飲み物、唾液が気管や肺に入ってしまい、肺炎を引き起こすことを誤嚥性肺炎と言います。誤嚥性肺炎では発熱や膿性痰、肺雑音や呼吸苦などの症状が出現します。誤嚥により、食塊などが食道を塞いでしまうと窒息を引き起こし、生命の危機に陥る可能性もあります。, 食物が口腔内に停滞しやすくなるため、口腔内が不潔になりやすい環境となります。不潔な状態が続くと細菌が繁殖し、感染を引き起こす可能性があります。, 食事をうまく食べられないことにより、食べる気力が低下し、食べる楽しみを失ってしまう場合があります。自分で食事ができなくなった場合は、鼻や胃ろうからの経管栄養に切り替えなければならないこともあり、QOLに影響を与える場合があります。, 嚥下障害のある患者における看護の目標は「誤嚥による合併症を起こさないこと」、また「確実に安全で楽しく食事ができ、栄養状態を保持できること」、さらに「口腔内の清潔を保ち、感染を予防することができること」です。, 以下のO-P、観察項目)、T-P(ケア項目)、E-P(教育と指導項目)を参考に、できる限り口からの食事ができるよう、個々の患者に合わせた看護計画を立案し必要な援助を提供していくことが重要となります。, 「食べる」ことは人間の基本的欲求のひとつです。加齢や疾患により、嚥下機能が低下した場合でも、食事の内容や食べ方を工夫することによって、安全で楽しく食事ができるよう援助することが大切です。誤嚥や感染など合併症を引き起こさないよう注意し援助していきましょう。, 場合によっては、嚥下訓練を行うなど言語療法士との連携が必要となります。患者の状態を把握し、患者のペースに合わせて、言語療法士と協力しながらゆっくりと訓練を進めていきましょう。, 食事は生きることや生命の質に直接的な影響を与える可能性があります。個々の患者の状態に合わせた適切な方法を選択し、患者のQOL向上を目指した看護が提供できるよう心がけましょう。, 東京都在住、正看護師。自身が幼少期にアトピー体質だったこともあり、看護学生の頃から皮膚科への就職を熱願。看護学校を経て、看護師国家資格取得後に都内の皮膚科クリニックへ就職。ネット上に間違った情報が散見することに疑問を感じ、現在は同クリニックで働きながら、正しい情報を広めるべく、ライターとしても活動している。, 手術室の看護師というと“大変そう”、“難しそう”などのイメージがあるかもしれません。病棟のよ, 看護師は、患者さんの名前と顔は一致していなくても、名前と腕の血管の特徴は一致していることがあ, 患者の苦痛軽減・QOLの向上におけるスペシャリストである緩和ケア認定看護師。医療・看護技術の, 摘便は入院・外来問わず、臨床では日常的に行う基本的な看護技術です。便秘には内服による緩下剤で, VATSとは胸腔鏡下手術のことで、患者への侵襲が少なく、早期離床・早期退院が可能であることが. 看護目標 よい姿勢を保持して上手に咀嚼・嚥下し,楽に食事をすることができている o—p 1 筋緊張の状態(毎食前) 2 口腔および口腔周囲の過敏状態の確認 3 嚥下の状態(vf検査) 4 食事形態の確認 5 食事中の良肢位の確認 6 体重と必要摂取カロリーの計算 : 2017 All Rights Reserved. 看護計画に個別性を持たせるために、患者さんに合っていない部分は削除し、 たりない部分を補足して使用します。 #1 効果的治療計画管理:糖尿病 ①栄養状態 ・BMI(kg/m2):肥満度、体脂肪率、ウエスト周囲径 (補足) 肥満は高血圧の増悪因子である。特に中枢性肥満は高血圧と関連が深い。また、脂質異常症や糖尿病によって動脈硬化が生じる。努責による血圧上昇があり、高血圧症の患者では、排便コントロールが必要になる。 高血圧はほぼ自 … ①現病歴 最終更新日:2018/01/18 公開日: 病棟で使用している看護計画を紹介します. 看護計画とは、看護を進めるうえでの規準や道筋となるものです。基本でありながら、常時修正する柔軟生が必要です。必要性は分かっていても、いざたてるとなると難しいものです。看護計画のポイントや実例を挙げていきます。ぜひ参考にしてくださいね。 https://nursereport.net/nursing-careplan/dietary-intake-nplan.html ⑨ 嚥下障害による随伴症状の有無と程度(咽る、咳、嚥下時痛、誤嚥、悪心、嘔吐、つかえ感), ④ 食べることが苦痛にならないように気分転換を図る(環境を変えたり、精神的支持や励ましをする), ⑥ 舌の動きが障害されている時には、口腔内の後方に食べ物を置く(えだの長いスプーンを使用する), ① 食事摂取時はリラックスして焦らず、自分のペースでゆっくり飲み込むように指導する。. 十分なアセスメントを行った後に、看護問題を提起し、患者それぞれに適した栄養ケアを提供するため看護計画(看護目標、op-観察項目、tp-ケア項目、ep-教育・指導項目)を立案していきます。 看護問題 転倒転落による身体損傷リスクの看護計画(op・tp・ep) 看護学生 2019.3.24 看護学生は【ノートパソコン】が必須?正しい選び方とオススメモデル 看護学生 2017.8.6 妊娠によるホルモンの変化~女性ホルモンと妊娠・出産の仕組み~ 看護学生 2016.12.8 食事摂取量が少ない患者の看護計画の例です。看護上の問題点、看護計画の行動目標、op、tpなど。シャボンラッピング,喉のアイスマッサージ, 嚥下訓練,口腔ケア,唾液腺マッサージ,足浴などを行いました。看護学生のレポート例です。 「食べたいものが食べられないなら、悪くなっても構わない」 食事指導はベテランナースでも難しいと感じる看護です。 食事制限の必要性を説明しても、患者さんから「食べたいものが食べられないなら、悪くなっても構わない」と宣言されることがあります。 このページでは、2型糖尿病患者の患者の看護について、症状や看護計画について紹介しています。詳しくは、2型糖尿病患者に対する治療方法や患者の看護をする際の注意点、2型糖尿病患者の看護で求められるスキル等についてそれぞれ説明しています。 胃がん患者の看護計画や手術後の2次的合併症等、看護師が注意すべき症状について説明しています。その他にも、胃がん患者の症状や治療方法、看護する上での注意点等についても詳しく説明しています。 心不全患者に対する看護計画(具体策) #a 知識不足に関連した非効果的自己管理 患者の目標(成果目標) ・自己の健康管理状態を把握することが出来、指示された薬物療法、食事療法が実施することが出来る。 #a に対する観察計画(op)