宍戸は鳳の手と自分の手の大きさを比較し、鳳の手が少し大きくなったことに気づく。, そしてグリップテープを鳳にプレゼントする。 ・滝と戦い6-1で勝利(宍戸) ・放課後に2人でハンバーガーを食べながら1冊の雑誌を2人で読む ・W-rainbowのCM ・鳳「宍戸さん・・・あんな跡部さん僕見たくないっス」(ぶりっ子) @hk_miku なんでこれ番みたいな感じなのかなぁ?!これ宍戸さんだけ買えても良くない?! bisbis_sin (6/7(水) 12:32)  宍戸「だってよぉ;;」 市連れですが、このメモを英語に翻訳させて頂きたいと思いますが、大丈夫でしょうか? もっと鳳宍の愛を広めたいです! 「は、はいっ!鳳長太郎と言います!よろしくお願いします!」 ・都大会で不動峰の橘に0-6で惨敗し、レギュラー落ち(宍戸) 流石、テニプリ様……。宍戸&鳳ペアは、単体よりペアであってこそ需要があると見抜いてらっしゃる……。真ん中誕生日に二人のリング発売とか、最&高でしょ。テニプリ様、神対応過ぎるわ。恐れ入ったわ。昨今の流行りアニメは、テニプリ様を見習ってくれ。 cloria_k (6/7(水) 12:32) ・放課後にペットショップでお買い物, ・お揃いのブレスレット 「俺は宍戸だ!ったく、ビビりやがって・・・激ダサだぜ」 ファリア. 別に腐じゃないはずなのに、これは見た瞬間「鳳くんと宍戸さんついに結婚するのかぁ〜!」って思ってしまった…rt n0Z0_dream (6/7(水) 12:33)  日吉「やっぱ宍戸さんは特別なんだな」(呆れられている)  大石・宍戸ペアVS菊丸・鳳ペアの練習試合が組まれたが、宍戸とペアを分けられたことに納得いかず、コーチの手塚にクレームをつける(鳳), 鳳「こんなシリアスな場面でよく笑っていられますね」  宍戸「長太郎がそばに居るだけで心が不思議と落ち着く」  7-6で勝利(その後クールダウンのランニングでストレッチ) ・ボウリング場の会員カードに鳳と撮ったプリクラを貼っている(宍戸)  ⇒お互いを認識した瞬間, ▽5〜6月頃  鳳「はい!宍戸さん!」 メモ、ありがとうございました! 纏めて見ると分かり易い<3 ・宍戸が合宿に戻ってきて、同室となり、枕投げで遊ぶ, *いつの出来事かよくわからないことメモ ・鳳「宍戸さんがんばってください!」 (忍足のバレキスなのに忍足そっちのけ) ・鳳「あれ?宍戸さんは?宍戸さんがいなくても一球入魂!」 (宍戸さんがいるのが当たり前) ・ボウリング場の会員カードに鳳と撮ったプリクラを貼っている(宍戸) ・鳳「あ! (ウェブ上には掲載しません). ・スケートが滑れない宍戸に手を貸してあげる鳳 ・自分の帽子を鳳にかぶらせる宍戸 ・鳳「あ!宍戸さん!犬の散歩ですか?俺も行きます!」 表向き、旦那が宍戸で、嫁が鳳ってところが宍戸先輩を立てるのが第一な鳳っぽい…宍戸さんはベッドの中では俺のお嫁さんです!って言いそうだし、宍戸も無理すんなって鳳を抱きしめてくれそうで最の高。 vita1month (6/7(水) 12:31) ・宍戸「愛してるぜ!俺とともに歩むパートナーお前さ!」  鳳は合宿に残り、宍戸は負け組サバイバルに参加 ・ジュニア選抜合宿に呼ばれ、同じ班になる ・初戦VS椿川学園 D1能登・蛯子ペアと対戦 6-0で勝利  鳳「宍戸さぁああ〜〜〜ん!!」 宍戸さんのリング心なしか跡部指輪に似てない…?ねえ… asi_kan_fu (6/7(水) 12:33)  不二「宍戸ってさ、鳳以外に友達いるの?」  鳳「自慢の髪だったじゃないですか!」 ・U-17の合宿に招集される ・宍戸がオーディオコメンタリーに指名され、相方に鳳を選ぶ 変な日本語市連れしました。どうもよろしくおねがいします^^。  (跡部と宍戸の試合を渡り廊下から見ている鳳)  宍戸「また一緒に歌えて嬉しいなぁ(泣)」  鳳「宍戸さん、俺、やりました!」(独り言) ・Party Time(氷帝エタニティ)  鳳「宍戸さん!アナタのその男気、俺は絶対忘れません!」, ▽11月 ・2人で木陰でサンドイッチ(チーズサンド?)を食べる  宍戸「自信持っていけ!俺を倒したんだからな!」 リングの内側に宍戸、鳳それぞれの名前と誕生日が刻印されています リングの内側に宍戸、鳳それぞれの名前と誕生日が刻印されています 146_noble_rot (6/7(水) 12:31) ・次期部長を誰にするかの話し合いを盗み聞きした鳳が勘違いしたことがきっかけで部員を巻き込んだ大喧嘩→夕方には仲直り, ・跡部が主催のイベントで、仁王に騙されてフィーリングカップルの企画に参加する(宍戸), ・関東大会敗退後も部活に顔を出している宍戸。CHと書かれた意味深なTシャツを着用(CHOTARO?), ・氷帝学園の全国大会出場が決定  6-3で勝利(その後クールダウンのランニングでストレッチ) ・鳳「あれ?宍戸さんは?宍戸さんがいなくても一球入魂!」(宍戸さんがいるのが当たり前)  跡部の力添えもありレギュラーに復帰, ▽7月頃 ・鳳と2週間特訓(ラケットを持たずに鳳のサーブを受ける), ・跡部「ダブルスでならてめぇの努力報われるかもな」 てかやっぱ宍戸さんと結婚したい系夢婆は鳳には敵わないよってこと?鳳長太郎をどうにかしないと宍戸さんと結婚は無理って公式に言われてんの?そもそも私は宍戸さんが好きなだけなのになんでいっつもいっつも長太郎に邪魔されて監禁されて挙句長太郎と…? mm_tmr (6/7(水) 12:32)  鳳「泣かないでくださいよ」 ・関東大会初戦 氷帝VS青学 D1乾・海堂ペアと対戦 「おい、お前!氷帝(ウチ)のテニス部入んのかよ」 ・通学時、坂から赤ちゃんが乗ったベビーカーが落ちてくるも、立ちすくむ鳳。横から宍戸が現れ見事赤ちゃんを救出。  宍戸「長太郎は後輩だって!」(からかわれている) ・宍戸を含む合宿から脱落した部員のことを気にしていない素振りを見せた跡部が許せず、決闘を申し込む(鳳) つまり私が言いたいのは、長太郎には宍戸さんが買ってくれた1000円のアクセサリーで、よい。 ngmknachi (6/7(水) 12:32) ・宍戸の代わりにレギュラーから落ちるか?と聞かれた鳳は「構いません」と言うが、宍戸は伸ばしていた髪を切り復帰を嘆願 ・全国大会で青学と再戦 D1大石・菊丸ペアと対戦(試合が雨で翌日に順延する), 衝撃のオーストラリアンフォーメーション封じとパイルミラージュを披露 "【腐向け】臆病ではない筈なのに【宍鳳】" is episode no. ・オーストラリアらしきところでコアラを抱いて2ショット 宍戸先輩と長太郎のペアリング超欲しい!ってなったけど考えてみたら自分の指のサイズわかんないや semt420 (6/7(水) 12:31), メールアドレス:  (その場で応援&見守ってくれていた跡部・忍足・芥川、対戦相手すらも一度も名前を呼ばれていないが、不在の宍戸の名前を5回も呼んでいる。) ・鳳「俺、宍戸さんを本当に尊敬しているんです!3年になっても頑張るので見ていてください!」(なおそのとき宍戸は高校生)  宍戸「おい!長太郎!」 ・Party Time(by断ち切り隊) よく、夫婦は似てくるなどと言われるが、鳳宍にも似たようなことが言えると感じることがある。, 鳳「俺は自分自身のためじゃなくて、宍戸さんのために何としてでも今年のうちに奴らに借りを返したいんです!」, 鳳「それともう1つ、氷帝の黄金ペアが、青学の黄金ペアよりも強いってことを見せつけてやりたいですよね!宍戸さん!」, このオーディオコメンタリーの時系列的は全国大会開会後、青学VS氷帝戦前であるため、8月中旬である。, 宍戸がレギュラー落ちし、鳳との特訓を経てダブルスパートナーとなったのが6月中旬頃と推定されるため、この時点で、宍戸と鳳がペアを組んで大体2ヶ月といったところだろう。, と、鳳は宍戸の体の心配をしているが、お互いの意思や思いが噛み合っている状態とは言い難い会話である。, この特訓(6月中旬頃)から、オーディオコメンタリー(8月中旬)までに、2人の間に一体何があったと言うだろうか。, オーディオコメンタリーで宍戸は「口の悪さまで俺の真似しなくてもいい」と言っているため、日頃から鳳が宍戸の真似をすることがあるということがうかがえる。, 好きな色の系統も、趣味も特技も日課も性格もまるで違う2人は、テニスという繋がりが無ければ知り合うこともなかったかもしれない。, しかし、そんな2人はペアを組んでから相当距離が縮んだようで、お小遣いの使い道もまるで違う2人が、放課後は毎日一緒に帰っており、買い食いしたり寄り道したりしている。, また、宍戸のボウリング場の会員証には、鳳と撮ったプリクラが貼ってあり、そのプリクラには「さすがです宍戸さん!」と鳳が書いたと思われる落書きがしてあることから、休日に一緒ボウリングをしたり、映画を見たり(ドキサバ)と、テニス以外でも一緒に過ごしている時間が結構あることがわかる。, わたしはテニスをしたことがないのでよくわからないが、テニプリを読む限り、ダブルスで大事なのは「相性」と「信頼関係」だと認識している。, ペアを組んで、ものの2ヶ月で、昨年全国大会にも出場している黄金ペアに、「自分たちのほうが強いことを見せつけてやりたい」と言えるのは、かなりの自信の表れように思う。, 宍戸・鳳ペアは、関東大会青学戦の時点ではすでに、言葉を交わさずとも相手の考えていることが理解できており、その様子を見た菊丸は「俺たち黄金ペア並かも」と発言しているため、この鳳の発言は自信過剰やビッグマウスではなく、本心から出た言葉だと思われる。, しかし、氷帝は関東大会初戦で敗退しており、全国大会では青学戦を含め、ペアで試合に出場しているのは2試合のみであり、オーディオコメンタリーの時点では公式戦で1〜2回勝った程度なのである。, つまり、テニス以外の場面で「相性」「信頼関係」を深める場面を多く持っていたのではないかと推測する。, 先述したボウリングや映画はほんの一部で、実際は2ヶ月間相当の時間を一緒に過ごしていたのではなかろうか。, 一緒に過ごす時間が長ければ長いほど、また、お互いを尊重しようとすればするほど、相手の好きなものを好きになったり、そうなろうと努力したりするものである。, 鳳は、宍戸と過ごす時間の中で、「テニスでの戦う姿勢」だけでなく「口の悪さ(考え方)」まで似てきたということだ。, 宍戸「気まぐれ・・・かな。仮によ、その神様ってやつが気まぐれで、もう一度俺たちに青学と戦うチャンスをくれたのだとしたら・・・俺はその神様によ、感謝しなくちゃならねぇ」, 以前の宍戸は自信過剰な面があり、とてもではないが試合の前日に教会で神頼みなんてするような人間ではなかったのである。, そもそも、自らを「庶民」と自負しており、家もよくある日本の民家であることから、おそらく宍戸の家はキリスト教ではなく家には仏壇がありそうである。, 本人は「気まぐれ」だとか言っているが、十中八九、ここに鳳がいるとわかった上で来ているはずだ。, そんな宍戸が、長太郎がいるからという理由で教会を訪れ、そして「柄ではない」と言った神頼みまでしている。この光景はおそらく、鳳とペアを組まなければ見ることは無かったであろう。, また、オーディオコメンタリーでは、冒頭で慌てふためく長太郎に宍戸が、「そんなに慌てて、長太郎らしくもない」と発言している。この2つの発言は、お互いに相手のことを深く理解しているということをよく表していると思う。, 全国大会青学戦D1、大石・菊丸ペアとの試合では、お互い一歩も譲らない実力は五分五分の試合展開であったが、大石・菊丸ペアが絶体絶命の窮地でシンクロし、最終的にはシンクロしたことにより大石の腕の限界を感知した菊丸が、大石が打ち返すのを阻止したことで試合が終了するという結果だった。, 試合では、シンクロはプロの試合でしか見ることができないレベルの現象で、それをやってのける黄金ペアはすごい!という流れであったが、わたしが着目したいのはそこではない。, シンクロについてはよくわからないことが多いが、作中において中学生がシンクロを成し遂げたというのがとんでもないことだということはよくわかる。黄金ペアはすごい。, しかし、「シンクロなしに世界はとれぬ」と言われるほどの威力をもつシンクロを前にしても、相手を思いやる気持ちを忘れず戦い抜いた宍戸・鳳ペアをどうしても褒めたたえたい。(モンペ), この試合で、シンクロした黄金ペアに押される宍戸・鳳ペアだが、宍戸は窮地の場面で「俺たちは勝って跡部に繋げなきゃならねーんだよ」と、脳内で語り、以下のような回想をしている。, (跡部と試合をしている宍戸 負けたようでコートに座りこみ、跡部に見下ろされている), 跡部「バーカ、てめぇはもう終わってんだよ・・・ただ、ダブルスでなら、てめぇの努力報われるかもな」, この日の出来事を思い出し、執念でボールを打ち返す宍戸。しかし、それは相手に読まれていた。だが、執念でボールに食らいつく宍戸の姿を見た鳳は、倒れた宍戸の代わりに1人で黄金ペアに立ち向かう。そして相手に「(死んでも止めます…)来い!!!」と言い放つのである。, ここで全国の氷帝D1ファンは涙を流したことであろう。わたしもそのうちの一人である。, まず、宍戸の回想シーンだが、宍戸が傷だらけであること、長髪であることから、レギュラー落ち後で鳳との特訓中の出来事だと推定される。, 跡部とシングルスで試合し、ズタボロにされたのであろう。このシーンから、特訓を開始してからも、宍戸はシングルスでレギュラーに戻ることを諦めていなかったことが推測できる。ダブルスありきで鳳に特訓相手を頼んだわけではないということだろうか。, そして、渡り廊下からその試合を見守っている鳳だが、ものすごくドヤ顔である。その距離で跡部の言葉が鳳に聞こえているのか疑問だが、宍戸にダブルスの可能性を提言する跡部越しに宍戸は鳳を見ており、2人の視線は絡み合っていると思われる。, そしてその出来事を思い返し、全力で返球する宍戸。宍戸はこのダブルスで多くのものを背負っているのだ。跡部への感謝、自分の代わりにレギュラーから落ちた滝、そしてペアを組んだ鳳への思い・・・それら全てが「俺たちは勝って跡部に繋げなきゃならない」という言葉に現れているように思える。, そして鳳も、普段の温厚で礼儀正しい姿からは考えられないような「死んでも止める」「来い!!(先輩相手には基本的に敬語を使う)」という情熱的な一面をみせるのである。, 鳳との特訓をきっかけに、ダブルスプレイヤーとしての宍戸亮が誕生したこと、宍戸のためなら自分がレギュラーから落ちてもいいと発言するほど心優しい鳳が情熱的な一面を見せたことも、お互いの関わりの中で2人が変化した部分である。, 映画 英国式庭球城決戦では、トレーニングの帰り道に宍戸と鳳は敵に襲撃されてしまう。, 鳳は、中学1年生の入学して間もない頃、学校の近くで宍戸と会っている。そのときは、目の前を通り過ぎていくベビーカーを前に立ちすくんでしまい、手も足も出せなかった鳳をよそに、瞬時に反応し赤ちゃんを助ける宍戸という場面であったが、ここでは怯むことなく得体の知れない敵に果敢に立ち向かっているのである。結果的にものの数秒で足をやられてしまったが、この立ち向かう姿勢は大いに評価したい。, ダブルスのペアを組めと言われ当然ペアになる宍戸と鳳であったが、実はペアで同士討ちを行い、負けたほうが合宿から帰るという内容であった。負けた方は来て早々帰ることになるという何とも無駄な仕組みである。, 宍戸と戦わないといけないと分かった瞬間の鳳は、この世の終わりかのような絶望的な表情をしており、試合が始まってもなお不安な様子。そんな鳳に「ボーっとしてんじゃねーぞ長太郎!!」とボールを打ち込む宍戸。そして宍戸と本気で試合し、結果鳳が勝利する。, ジュニア選抜の合宿では、親離れできない子どものように、宍戸と戦うことに駄々をこねており、U-17でも成長してねぇじゃねーか!と一瞬思わされたが、本気で宍戸と試合することができた。また、試合後に宍戸からもらったグリップテープをまるで形見かのように大切にし、グリップテープのおかげで、宍戸がいない合宿を乗り越えることができた。, 合宿中は宍戸のことを思って泣いたりと、若干不安定な部分はあったが、グリップテープのおかげで何度も自分を奮い立たせ、立ち直ることができた。鳳は宍戸からもらったグリップテープを見つめては宍戸のことを思い出しており、この様子からして、宍戸は鳳にとってかなりの精神安定要素になっていることがわかる。, なお、宍戸も宍戸で合宿に帰ってきて早々、鳳と2人で枕投げをして遊ぶほどの浮かれっぷりであることから、鳳との再会がよほど嬉しかったものと思われる。, また、鳳はU-17合宿時に「(宍戸の)男らしい部分を一番知っているのは俺でしょうね」(ペアプリvol.10より)などと発言しており、この発言からも、宍戸と過ごした半年間がどれだけ濃密なものだったかを窺い知ることができる。宍戸も宍戸で、鳳の手と自分の手を比較しただけで、鳳の手が若干大きくなっていることを見抜いてしまうというスゴ技を披露している。(新テニスの王子様OVA vol.5「男たちの絆」より), 11月→お互いが精神安定剤のような存在になっている。相手のことをものすごく知っている。, 長々と書いたが、2人の関係性の変化を最もわかりやすく表したものがあるので見ていただきたい。, Brandnew Daysは関東大会、W-rainbowは全国大会のときの2人について歌われた曲で、スペシャルな夜は静寂の中にはクリスマスの曲である。, 同じような言葉、似たような言葉で歌詞を抜き出してみたが、見ていただければわかるように、どう考えてもクリスマスの様子がおかしい。, 「日々」という共通する単語を取り出してみても、7月から12月の間に何かが起きていることが見て取れる。, この曲はクリスマスソングであり、ここでいう聖夜とはクリスマス・イヴの夜であると思われ、「2人の絆にメリークリスマス」などと言っていることから、2人はクリスマス・イヴの夜に一緒に過ごしているということが導き出される。, そして、これまで共にダブルスパートナーとして過ごした日々が、最強の聖夜(意味深)を作り出した・・・ということなのである。, 以上のことからわかるように、鳳宍はクリスマスの時点では確実に一線を越えてしまっているのである。, 少し前に書いたように、11月のU-17合宿のときには、お互いがお互いの精神安定要素の役割を果たしていたと思われる。そして12月にはお互いの温もりを確かなものと感じており、温もりを確かに感じられる距離感にあることがわかる。, 頼りなかった夢は確かな力に変わり、そしてこの想いは揺るぎないことを確信し、熱い夢に2人で行くのである・・・。, 冒頭で「夫婦は似てくる」と書いたが、宍戸と鳳は、共に過ごした時間の中で確実にお互いに歩み寄り、刺激し合い、高め合い、そしてどこか似てくる部分もあり、最終的に温もりを分け合う夫婦のような仲に発展した・・・ということなのではないだろうか。, ちなみにこれは余談だが、とんでもない暇人であるわたしは、宍戸と鳳の血液型の相性について調べたことがある。, 「血液型 カップル 相性」で検索した結果、なんと、O型彼氏とB型彼女のカップルは他のカップルに比べてもダントツで相性がいいということがわかった。, (参考:https://matome.naver.jp/odai/2138574230779627601).