A new connection requires a re-authentication and must be started manually. We are sorry for the inconvenience, エラー: This installation package could not be opened. このエラーは、デッドピア検出(DPD)が原因で DTLS チャネルが切断されたことを意味します。 このエラーは、DPD のキープアライブを微調整して、以下のコマンドを発行することによって解決します。, ASA バージョン 8.4(1) 以降では、svc keepalive と svc dpd-interval のコマンドを次のように、anyconnect keepalive と anyconnect dpd-interval のコマンドに置き換えます。, ASA を介した AnyConnect セッションでプライベート ネットワークへのトラフィックの通過に関する問題が検出された場合は、次の手順でデータを収集します。, Microsoft Outlook など、一部のアプリケーションは機能しません。 ただし、小さい ping など、他のトラフィックはトンネルを通過できます。, このことは、ネットワーク内のフラグメンテーションの問題に対するヒントとなります。 一般消費者向けのルータは、パケットのフラグメンテーションと再構成に関しては特に貧弱です。, 一連の ping の規模を変えてみて、特定のサイズで失敗するかどうかを確認します。 たとえば、ping -l 500、ping -l 1000、ping -l 1500、ping -l 2000 などです。, フラグメンテーションが発生する特別なユーザ グループを設定し、このグループの SVC Maximum Transition Unit(MTU)を 1200 に設定することが推奨されます。 こうすることで、広範なユーザ ベースに影響を与えることなく、この問題が発生しているユーザに対して修正を加えることができます。, ユーザにフラグメンテーションの問題が発生しているかどうかを確認するには、ASA で AnyConnect クライアントの MTU を調整します。, 接続が終了すると、AnyConnect VPN Client が自動的にアンインストールされます。 クライアント ログには、keep installed が無効になっていることが表示されます。, AnyConnect は、Adaptive Security Device Manager(ASDM)で keep installed オプションが選択されていないと、自身のアンインストールを実行します。 この問題を解決するには、グループ ポリシーの下で svc keep-installer installed コマンドを設定します。, 問題: AnyConnect クライアントにはクラスタの完全修飾ドメイン名(FQDN)の代わりにホスト名が事前に入力されます。, SSL VPN にロードバランシング クラスタが設定されている場合、クライアントがクラスタへの接続を試行すると、この要求はノード ASA にリダイレクトされてクライアントは正常にログインします。 少し経ってから、そのクライアントが再度クラスタに接続しようとすると、[Connect to] エントリにそのクラスタの FQDN がありません。 代わりに、クライアントのリダイレクト先となったノード ASA のエントリが存在します。, これは最後に接続したホスト名を AnyConnect クライアントが保持するために発生します。 この動作はバグとして登録されています。 このバグの詳細については、Cisco Bug ID CSCsz39019 を参照してください。 推奨される回避策は、Cisco AnyConnect をバージョン 2.5 にアップグレードすることです。, ユーザが選択したメイン サーバが到達不能になった場合に備えて、バックアップ サーバ リストが設定されています。 これは、AnyConnect プロファイルの [Backup Server] ペインに定義されます。 次の手順を実行します。, SetupAPI.log ファイル内の次のエントリは、カタログ システムが破損していることを示しています。, W239 ドライバ署名クラス リスト:" C:\WINDOWS\INF\certclas.inf" was missing or invalid. つのファイル(debug_routechangesv4.txt4 と debug_routechangesv6.txt)がすでに存在する場合、これらのファイルは上書きされます。, 問題:AnyConnect クライアントは、接続後、プライベート ネットワークにデータを送信できません。, show vpn-sessiondb detail anyconnect filter name コマンドの出力を取得します。出力にフィルタ名 XXXXX が指定されている場合は、show access-list XXXXX Unable to verify the identity of as a trusted site. VPN クライアントと AnyConnect クライアントからローカル LAN へのアクセスの設定例, https://community.cisco.com/t5/vpn/how-to-enable-quot-allow-local-lan-access-quot-on-ssl-vpn-client/td-p/596279. 問題:AnyConnect が初期接続を確立しないか、または [Cisco AnyConnect Secure Mobility Client] ウィンドウで [接続解除(Disconnect)] をクリックすると予期しない結果が得られます。 解決策: 次の点をチェックします。 AnyConnect 4.9.00564 (Android)をWi-Fi経由で接続しているとき、Android画面をMiracastで外部モニターに投影したいのですが、Miracastへの接続に失敗するようです。AnyConnect利用時は、Miracastは利用できないのでしょうか? @Vadzim alludes to this in a comment above. Applications utilizing the private network may need to be restored. このドキュメントの情報は、バージョン 8.x が稼働する Cisco 適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)に基づいています。 本書の情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、初期(デフォルト)設定の状態から起動 … Cisco AnyConnect は VPN クライアントソフトウェアです。一般ユーザが利用する端末にインストールし、SSL-VPN 接続を利用します。 Verify that the package exists, エラー: Error applying transforms. このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。, Page optimized by WP Minify WordPress Plugin, Lenovo ThinkPad と Windows 10で指紋認証が使えない時の対処方法, ネットワークのほかのユーザーに、このコンピューターのインターネット接続をとおしての接続を許可するのチェックボックスのチェックを外し、OKボタンをクリックします。, スタートボタンを押し、検索ウィンドウに「services.msc」と入力しENterを押します。, Internet Connection Sharing(ICS)をダブルクリックし、スタートアップの種類を無効にします。. エラー: AnyConnect Essentials can not be enabled until all these sessions are closed. いいえ。この機能は Clientless(ブラウザモード)の SSL VPN でのみ使用できます。該当する場合、CSD キーストロークロガーを有効にすればパスワード キャプチャを特定できます。, A. いいえ。現時点ではできません。将来はこの機能がサポートされる予定です(CSCso83167)。, A. AnyConnect VPN クライアントを ASA に接続すると、次のエラーが出ることがあります。 User not authorized for AnyConnect Client access, contact your administrator. いいえ。AnyConnect にはパスワードを開始するためのオプションが備わっていません。, MSCHAPv2 RADIUS の有効期限が切れた場合、または Lightweight Directory Access Protocol(LDAP)のパスワードが期限切れとなった場合、必ずヘッドエンドからパスワード変更がトリガーされます。ユーザがネットワークにログインしていれば(Start Before Login)、通常どおり Ctrl + Alt + Delete キーを押すことで Active Directory(AD)パスワードを変更できます。, A. IPSec フルトンネル クライアントと同様、AnyConnect SSL VPN クライアントにはそれぞれ一意な IP アドレスを割り当てる必要があります。したがって、この場合は AnyConnect に PAT プールが適用されません。Linksys/IOS 871 ルータ/ASA 5505 PAT を経由することは AnyConnect にとって問題ではありません。, A. Cisco AnyConnect カスタマー エクスペリエンス フィードバック モジュール, インストールまたはアンインストールの問題についてデータを収集するためのログの収集(Windows), VPN クライアント ドライバで(Microsoft Windows アップデート後に)エラーが発生する, AnyConnect が vpndownloader でクラッシュする(Layered Service Provider(LSP)モジュールおよび NOD32 AV), 有線接続が導入された場合のワイヤレス接続のドロップ(Juniper Odyssey クライアント), ASA への接続に失敗(Kaspersky AV Workstation 6.x), ホスト デバイスへの接続に失敗(Microsoft ルーティングとリモート アクセス サーバ), AnyConnect がダウンロードに失敗する(Wave EMBASSY Trust Suite), ルーティング テーブルの更新に失敗(Bonjour Printing Service), NETINTERFACE_ERROR(CheckPoint と、Kaspersky などの他のサードパーティ製ソフトウェア), パフォーマンスの問題(Virtual Machine Network Service ドライバ), [診断(Diagnostics)]:AnyConnect Diagnostics and Reporting, [ツール(Tools)] > [設定(Settings)] > [アクセラレーション(Acceleration)] > [スタートアップ(Startup)], [アプリケーションとサービス ログ(Applications and Services Logs )](Windows 7)で、, WinDbg のマニュアルに記載されているとおりに vpnagent.exe プロセスを接続します。, IPv6/IPv4 IP アドレス割り当てで競合が存在するかどうかを確認します。特定済みの競合がないか、イベント ログで確認します。, 特定のレジストリ エントリ(Windows)またはファイル(Linux および macOS)を追加して、接続用にワンタイム単位でルートのデバッグを有効にします。, [ツール(Tools)] > [設定(Settings)] > [アクセラレーション(Acceleration)] > [スタートアップ(Startup)] から AT&T Communications Manager を起動します。. および ip6tables の出力が DART に表示されます。, macOS のオプションは、[デフォルト(Default)] のみです。バンドルに含めるファイルは、カスタマイズできません。, [カスタム(Custom)] を選択すると、バンドルに含めるファイルを指定でき、また、ファイルに対して異なる保存場所を指定できます。, DART がデフォルト リストのファイル収集に時間がかかっていると思われる場合は、[キャンセル(Cancel)] をクリックし、DART を再実行して、[カスタム(Custom)] を選択して含めるファイルを減らします。, [デフォルト(Default)] を選択すると、DART はバンドルの作成を開始します。[カスタム(Custom)] を選択した場合、ウィザードのプロンプトに従って、ログ、プリファレンス ファイル、診断情報、およびその他のカスタマイズを指定します。, DART CLI 内では、クライアントの固有デバイス識別子(UDID) を表示できます。たとえば、Windows で、dartcli.exe (C:\Program Files\Cisco\Cisco AnyConnect Secure Mobility ヘッドエンドでのデュアル ISP を意味しているのであれば、可能ではありません。ただし、リモートでのデュアル ISP を指しているのであれば、SSL VPN は失われた接続を再開できます。接続が中断された場合、AnyConnect は再接続を試行します。この処理は自動的に行われます。ASA でのセッションが有効である限り、AnyConnect による物理的な接続の再確立が可能あればセッションが再開されます。, A. SSL VPN では、複数のトンネルを同時に作成し、一方がダウンしたときもう一方へ切り替えることはできません。, A. AnyConnect クライアントから Web ベースで接続したり、インストールしたりするには、ActiveX または Java は必要になります。ActiveX の場合、ユーザは Web ブラウザにインストールするためのアクセス権が必要です(または ActiveX がプリインストールされている可能性があります)。ActiveX がサポートされていないか使用されていない場合、Java が試行されます。Java ランタイム環境バージョン 1.4.x 以上が必要になります。Java 実装はアプレットであり、ブラウザ ベースです(ダウンロードではありません)。, 最初の接続では、ActiveX または Java を使用して AnyConnect クライアント ソフトウェアがインストールされます。そのためには管理権限が必要です。その後の接続では、(クライアントをアップグレードする場合でも)管理者権限は必要ありません。管理者権限がユーザに与えられていない場合に備え、クライアントにはスタンドアロン インストーラが用意されています。, A. さまざまな AnyConnect ファイル(プロファイル、プリファレンス、モジュール)の格納場所は? エラー: The secure gateway has rejected the agent's vpn connect or reconnect request. Windows 7 で AnyConnect の切断後に IE Proxy の設定値が復元されない. というトピックがあり、Cisco AnyConnect の代替として OSS の VPN クライアントである OpenConnect VPN client を利用するという提案がありました: For those looking to maintain control of their routing table when using a Cisco AnyConnect SSL VPN, check out OpenConnect. オンラインセミナーは、シスコの有効なサービス契約をお持ちのお客様向けのイベントです。   Session limit of 2 reached」と表示されます。 ASA では AnyConnect essential ライセンスを使用していて、ASA のバージョンは 8.0.4 です。, このエラーは、ASA バージョン 8.0.4 が AnyConnect essential ライセンスをサポートしていないために発生します。 つまり、ASA を 8.2.2 にアップグレードする必要があります。 これによりエラーが解決されます。, 注: 使用するライセンスに関係なく、セッション上限に到達すると、ユーザは「login failed」エラー メッセージを受け取ります。, このエラーは、確立が許可される VPN セッションの上限を設定するために、vpn-sessiondb max-anyconnect-premium-or-essentials-limit session-limit コマンドを使用すると発生する可能性があります。 session-limit を 2 に設定すると、インストールされているライセンスでサポートされるセッション数に関係なく、ユーザが確立できるセッション数は最大 2 になります。 このエラー メッセージを回避するには、必要な VPN セッション数を session-limit の値として設定してください。, AnyConnect を ASA に接続しようとすると、「Anyconnect not enabled on VPN server error message」というエラー メッセージが出ます。, このエラーは、ASDM を使用して ASA の外部インターフェイスで AnyConnect を有効にすることにより解決します。 外部インターフェイスで AnyConnect を有効にする方法については、『SSL VPN Client プロトコルの有効化』を参照してください。, 「%ASA-6-722036: Group < client-group > User < xxxx > IP < x.x.x.x> Transmitting large packet 1220 (threshold 1206)」というエラー メッセージが ASA のログに出力されます。 このログの意味と解決方法を教えてください。, このログ メッセージは、大きなパケットが該当クライアントに送信されたことを示しています。 該当パケットの送信元は、クライアントの MTU を意識していません。 また、圧縮不能なデータの圧縮が原因の場合もあります。 その場合の回避策は、svc compression none コマンドを使用して、SVC 圧縮を無効にすることです。 これにより問題は解決します。, AnyConnect Client に接続すると、次のエラーが表示されます。 "「The secure gateway has rejected the agent's vpn connect or reconnect request. The vpn client agent was unable to create the interprocess communication depot. © 2020 Cisco and/or its affiliates. バージョン 2.3.0.185 より前の AnyConnect にはありません。バージョン 2.3.0.185 以上には、クライアントが自動的にアップグレードされないようにする機能が備わっています。そのためには、プロファイル Autoupdate パラメータを使用します。これらのプリファレンス オプションについてはリリース ノートを参照してください。, http://www.cisco.com/en/US/docs/security/vpn_client/anyconnect/anyconnect23/release/notes/anyconnect23rn.html#wp908334, A. 概要 このドキュメントには、Cisco AnyConnect VPN Client に関連する FAQ(よくあるご質問とその回答)が記載されています。ドキュメントの表記規則については、 「 シスコ テクニカル ティップスの表記法 」 を参照してください。 Q. AnyConnect クライアントを使用するにはどのレベルの権限が必要 … Cisco AnyConnect SSL VPN の使用時にルーティングテーブルの制御を維持したい場合は、OpenConnect を調べてみてください。 同様に Cisco AnyConnect SSL VPN をサポートしますが、ルーティングテーブルエントリをさまたげたり、「保護」したりしようとしません。 @Vadzimは、上記のコメントでこれを暗示しています。, AnyConnect Secure Mobility Client にパッチを適用する以外のすべての方法を試した後、Windows で OpenConnect GUI を使用して正常に置換することができました。 これによってローカルリソースへの接続を維持できました(そしてルーティングテーブルを更新しました)。, 私は Windows で OpenConnect を使用していますが、プロジェクトページによると、Linux、BSD、macOS(他のプラットフォームの中でも)もサポートしています。, VPN クライアントを OpenConnect に差し替えることでローカル LAN アクセスを維持するわけですね。, インターネット宛てのトラフィックをトンネリングするだけでなくローカル LAN 接続に制限を与えているのは情報持ち出し等のセキュリティリスクを低減させるためでしょうか? ↩. はい。AnyConnect バージョン 2.3 にはモバイル サポートが追加されました。サポート対象プラットフォームに関するリリース ノート(http://www.cisco.com/en/US/docs/security/vpn_client/anyconnect/anyconnect23/release/notes/anyconnect23rn.html#wp878382)を参照してください。, A.