ブラジルW杯でドイツを優勝に導きバイエルンのリーグ5連覇にも大きく貢献しています. 4位トルド 素晴らしい反射神経を武器に、並外れたパフォーマンスをみせてきたカシージャス。わずか18歳にしてレアル・マドリーのレギュラーを勝ち取り、2000年にはわずか19歳でチャンピオンズリーグを制した。, カシージャスは、クラブと代表の両方で10年以上に渡り正守護神を務め、2010年にはワールドカップ優勝を経験。さらに、2008年と2012年のEURO連覇にも大きく貢献した。IFFHS(国際サッカー歴史統計連盟)が選出する世界最高のゴールキーパーに、2008年から2012年まで5年連続輝いている。, レアル・マドリーでのキャリアの終焉はほろ苦いものとなったが、それでも歴史から彼の名前が消えることはないだろう。, プレーキャリアの長さという点では、30年以上のキャリアを誇るピーター・シルトンに肩を並べる者はいない。40歳にして、1990年イタリアW杯では、イングランド代表の正ゴールキーパーを務めた。, ピーク時のシルトンは並外れたシュート・ストッパーであり、1979年と1980年には、ノッティンガム・フォレストでUEFAチャンピオンズカップ連覇を達成している。1980年代を通してピークと言えるパフォーマンスを維持し続け、その偉大なキャリアは31年で幕を閉じた。, “スイーパー・キーパー“という役割は、ノイアーが作り出したものではないが、彼はその役割においては史上最高の選手であることは間違いない。, バイエルン・ミュンヘンとドイツ代表の両方での素晴らしい結果を手にし、もう1人のDFとしてバックラインからのビルドアップのキーマンとなり、ただのシュート・ストッパーというゴールキーパーの概念を変えてみせた。ノイアーは新世代GKの象徴と称賛され、2014年ブラジルW杯で優勝後、その年のバロンドールで3位に輝いている。, マイヤーはバイエルンと西ドイツ代表の両方で、歴史上でも最も成功を収めたと言える絶対的な守護神だった。, バヴァーリア地方生まれのGKは、代表チームでは1972年のEUROと1974年のW杯優勝を勝ち取り、バイエルンでは1974年から1976年までの3年連続でチャンピオンズカップ優勝を経験した。, 優れた人格の持ち主で、その情熱とユーモアのセンスはチームメートたちからの尊敬を集め、世界中から愛された伝説といってもよい選手だった。, サッカーの歴史上、間違いなく最も有名なセーブをしたゴードン・バンクスは、信じられないような技術と身体能力を兼ね備えたGKだった。イングランド代表として1966年W杯を制し、1970年大会でブラジル代表のペレの放ったヘディングシュートをバーの上に弾いたセーブは最も記憶に残るものである。, 1972年に交通事故の影響で右目を失明したことにより、キャリアは突然幕を閉じることになったが、その事故までに1966年から1971年の間、6年連続でFIFAの年間最優秀ゴールキーパーに選ばれた。, 史上最年長の40歳で、イタリア代表キャプテンとしてW杯制覇を成し遂げた偉大なGK。イタリア史に名を残す伝説的なゾフは、ユヴェントスで6度のセリエAタイトルを獲得した。, 寡黙で謙虚な姿勢を持ち、見本的な存在とも言えるゾフは、プレッシャーのかかる状況でも冷静さを保ち、リーダーとしての能力で彼の右に出るものはいない。, 規格外のサイズ、パワー、技術を備えたGKであるピーター・シュマイケル。アタッカー達にとっては悪夢のような存在で、この巨大なデンマーク人からゴールを奪うことは至難の技であった。“スター・ジャンプ"をトレードマークにし、全ての若いゴールキーパー達にインスピレーションを与える存在であった。実際、カシージャスはシュマイケルを手本として挙げている。, マンチェスター・Uのレジェンドであるシュマイケルは、正確で長い飛距離を飛ばすスローイングとともに、リーダーシップ溢れる選手だった。サッカーファンからは賛否両論あるが、真の勝者であることは間違いない。, “赤い悪魔”でのキャリアで通算15のタイトルを手にし、1992年のEUROではデンマーク代表として世界を震撼させるパフォーマンスを披露。優勝を達成し、全世界のサッカーファンを驚かせた。, 史上唯一、GKとしてバロンドールを受賞したヤシン。このポジションの真のパイオニアとも言えるこの守護神は、まだGKがゴールライン上での仕事だけが求められていた時代に、ゴールマウスから飛び出してのクロスボール処理や、向かってくる相手フォワードを抑えに行くなど勇敢なプレーを披露し、多くの称賛を集めた。, IFFHSによる20世紀最高のGKに選ばれたヤシンは、彼の象徴とも言える全身黒ずくめのユニフォームを身にまとい“黒蜘蛛"というニックネームで呼ばれ、またアクロバティックなセーブで観客を喜ばせ、多くのファンから愛された存在であった。, GKの新たなスタンダードを築いたこの男は、、1994年以降のW杯最優秀GKに与えられる賞の名前にもなっている。, 17歳でミラン相手にセリエAデビューを飾り、以降偉大なキャリアを歩んできた。直近6年間ではユヴェントスの6年連続スクデット獲得に大きく貢献し、先日40歳になったが、未だ世界のトップを走り続けている。, 彼の最高のライバルであり、友人でもあるカシージャスは「弱点を見つけ出すことは不可能だ」と語っている。, 2006年のW杯では、許した失点はオウンゴールとPKのみ。優勝したイタリア代表の中心メンバーとしてチームを牽引した。また、同じ年に「カルチョ・スキャンダル」により降格を余儀なくされたユヴェントスへ残留し、ファンの絶対的な存在にもなっている。, キャリアでかけている唯一のメジャータイトルは、CL優勝。ライバルクラブのファンでさえも、多くがその偉大なキャリアの最後にビッグイヤーを掲げることを望んでいるだろう。, Copyright © 2020 Goal.com All rights reserved. そのうえキック精度も抜群です 金EP (5 points) ゴッドハンド+金EPの日本人GKでクラチャン向き: G87 クォン スンテ [2020 MAJESTICS] 485 points: GRADE 87 (435 points) Aスキル:ゴッドハンド (40 points) Bスキル:制空権の掌握(10 points) GKで最高のスキルのセットで純粋に通常排出の強化版 9位シリグ All Rights Reserved. 日本代表にも数々のピンチを防ぎ、勝利に導いてくれたゴールキーパーが多く存在します。, 近年では、日本代表のゴールキーパーも個性が溢れる選手が多くなり、注目を集めるようになりました。, 日本代表のゴールキーパーにも様々な選手がいましたが、貢献度、インパクトでランキングを作成してみました。, 只今より公開ーー✨#まりびと MOVIE第9弾は、トップチームの松永成立GKコーチ。, 少しでも気を抜いたら命取り。 松永成立が”鬼”になるワケとは、、、 https://t.co/gmziWLho8M, #fmarinos #Jリーグ @J_League pic.twitter.com/khividZoPe, — 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) August 28, 2018, 松永成立の特徴としては、サッカー日本代表のゴールキーパーとしては小柄ですが、反射神経の良さや果敢な飛び出しでピンチを防いでいました。, 「ドーハの悲劇」後もサッカー日本代表に選出されていましたが、川口能活の台頭もありクラブでもポジションを奪われてしまうことになってしまいました。, 日韓戦の左足でのセーブは有名な話!松永成立のスーパーセーブのシーンを見て見ましょう!, サッカー日本代表のゴールキーパーが国際試合で取るなんて珍しい時代だったので覚えています。, 11 – 西川周作はJ1の2015年シーズン以降、ラストパス本数がゴールキーパーの中でリーグ最多。, 11 – 西川 周作 7 – 東口 順昭 7 – 六反 勇治 6 – キム・ジンヒョン 6 – キム・スンギュ, お手本。#HappyBirthday pic.twitter.com/uae829rjyi, 左足から繰り出されるキックの精度は、歴代ゴールキーパーの中では一番凄かったと思われます。, ゴールキーパーがビルドアップを要求される時代ですので、西川周作のような足元に技術があるゴールキーパーは重宝されます。, 「構築する」という意味で、サッカーの場合は、「攻撃を組み立てる」ことを指す。 ゴールキーパーから、もしくはディフェンダーから、中盤、前線へとパスやドリブルで攻め上がっていく一連の動き、プロセス, 引用:https://www.sakaiku.jp/words/ha/000166.html, 西川周作は足元の技術も優れているので、現代的なサッカーをする選手で期待をしていたのですが、中々、サッカー日本代表に定着できずに残念です。, 守備範囲も広く、高いポジショニングで相手の攻撃を防いでくれるのが魅力的だったので・・・。, 西川周作 浦和レッズ 今節の勝利の立役者。 キックに注目されがちだが、シュートストップがとても優れているGK。 浦和レッズの守備は彼にかかっている。 pic.twitter.com/sAlHkM3NQp, W杯以来一年ぶりの代表でのピッチ。 自分の生まれ育った国を背負って戦う、誇り、名誉、情熱、そして何より喜び。に時間という概念はいらない。 そしてこの舞台で堂々とプレーする若い選手達を本当に誇りに思います。 次に向けてまた準備。 たくさんの応援ありがとうございました。 vs Uruguay @copaamerica #copa#america#2019#brasil #コパアメリカ#2019#ブラジル, 川島永嗣 Eiji Kawashima(@eijikawashima01)がシェアした投稿 – 2019年 6月月21日午前4時06分PDT, W杯南アフリカ大会からロシア大会まで、サッカー日本代表の正ゴールキーパーとしてピッチに立っていました。, 川島永嗣=ドヤ顔というイメージがついてしまいましたが、気合の入ったプレーは凄まじいです。, 2016年6月から2017年11月までの過去1年半のPK阻止率は「83.3%」という記録があり、川島永嗣はPKに強いと言われる証拠になりました。, 結構、川島永嗣のビックセーブで救られるシーンが多いですよ!批判ばかりしないで、川島永嗣のセーブも見ましょう!, AFCアジアカップ中国2004 準々決勝#日本代表 1-1(PK4-3) ヨルダン代表 重慶 ⚽#鈴木隆行, 16年前の今日。PK戦に突入し、日本は2人連続で失敗。窮地に追い込まれるも #川口能活 選手が連続セーブ。劇的な勝利となった。#jfa #daihyo #SAMURAIBLUE #AsianCup2004 pic.twitter.com/ci2XGG64wv, — サッカー日本代表 (@jfa_samuraiblue) July 31, 2020, アトランタ五輪、W杯フランス大会と世界に挑戦する時のゴールキーパーは川口能活でした。, 川口能活というと、ゴールキーパーでは小柄ですが、反射神経、度胸の良さで生きてきた選手であると思います。, 川口能活と言えば、アジア杯ヨルダン戦のPKセーブでしょう。川口能活の甥セーブを振り返りましょう。, 【発表】 42歳GK楢崎正剛、現役引退を決断「最高のサッカー人生で後悔はありません」https://t.co/kQ8WoiJi0r, 楢崎正剛の出場歴 J1リーグ:631試合 J2リーグ:29試合 リーグカップ:71試合 天皇杯:49試合 ACL:19試合 ゼロックス杯:2試合 日本代表:77試合 pic.twitter.com/2Uf5FLqNUK, — サッカーキング (@SoccerKingJP) January 8, 2019, 安定したセービングとハイボールの強さは、サッカー日本代表では1番と言えるでしょうね。, 堅実なプレーで流れを引き寄せる楢崎正剛は、味方からの信頼も厚く、敵には嫌がられる存在でしたね。, ※2010年にはゴールキーパーで初めてJリーグMVPを獲得するなど新しい歴史も作ってくれました。, 二人そろっていたから、サッカー日本代表のゴールキーパは層が厚かったのかなと思われます。, 今のサッカー日本代表のゴールキーパーは、権田修一、シュミット・ダニエルらがポジション争いをしています。, 次世代の方では、ポルトガルの強豪ベンフィカU-23に所属する小久保玲央ブライアン、五輪代表候補の大迫敬介がいます。, 100試合達成できるのか?今後のサッカー日本代表の試合を楽しみにしていきたいと思います。, W杯も近づいてきているので、サッカー日本代表にはアジア予選を突破してもらいたいものですね。, ※予選敗退となれば、サッカー日本代表の人気は、さらに落ちると思われるので頑張ってほしいです。, 最強のゴールキーパーは、その時のチーム状況で変わってきますので、誰が最強かは難しいと思います。, 今後は、楢崎正剛、川口能活、川島永嗣を超えるゴールキーパーが出てくるのか?楽しみですね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。.