MSZ-006-3 Zガンダム3号機(グリーンダイバーズ) RX-93-2(RX-93-ν2) Hi-νガンダム (小説『逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』), パーソナル・マークは、自身のイニシャルである「A」とユニコーンを図案化したもの。 その際、シャア(クワトロ)と7年振りの再会を果たす。 同じ様に物事を感じ取れるニュータイプ同士として、ララァとの邂逅はアムロのニュータイプとしての能力に磨きをかけ、その存在はアムロの中で強くなる。 やがて大尉に昇進後、北アメリカのシャイアン基地に勤務。シャイアン基地は防空監視システムが、衛星とレーダーが分断されている為機能しておらず、北アメリカ大陸の光ケーブルで繋がれた地域の情報を収集、監視するだけの閑職軍人用の基地だったのである。(アムロ以外で主に働いているのは一線を引いた年老いた軍人のみであることからもそれが分かる) なおSDガンダム Gジェネレーションスピリッツにこの『人工アムロ脳』が登場した際、能力値は「機動戦士ガンダム」時の天然アムロとまったく同一(指揮・整備など含む)に設定されていた。, 今の時代でこそ『ガンダム』におけるアムロのような「内向的な性格で、自分自身の戦う理由と意義に思い悩む主人公」というキャラクター造形は一つの定型として定着しているが、それまでのロボットアニメの主人公像は「正義感に燃える、強くて明るい熱血漢」というのが通例であった当時としては非常に斬新なものであった。 スーパーロボット大戦 兜甲児 流竜馬 安室透 降谷零 原点にして頂点 リボンズ・アルマーク 黄金の精神 しかしシャアからは「ララァと再び会うのが怖いのか」と胸中を看破され、一年戦争時代に負ったトラウマを克服できていない自身の精神的な脆さを否定できず、ハヤトらと共に地球に残った。, 宇宙にて消息不明 ガンダムVSハローキティ, アムロ・レイとは、宇宙世紀ガンダムの登場人物であり、TVアニメ『機動戦士ガンダム』及び『逆襲のシャア』の主人公。, 9.1 スーパーロボット大戦・Another Century's Episodeシリーズでは. これに怒ったアムロはシャアの脱出ポッドをアクシズの壁面に食い込ませ、地球へ落下していくアクシズの片割れを押し出そうとする。 RGM-79 ジム(『機動戦士ガンダムTHEORIGIN』) 1: 無名のガンダム乗りさん 2018/12/18(火) 16:32:40.574 なんであんなことになっちまったんだ… 2: 無名のガンダム乗りさん 2018/12/18(火) 16:33:35.231 アムロと遊びたいだけだよ!!!ほらサイコフレームあげるから!!! 3: 無名のガンダム乗りさん 2018/12/18(火) 16:34:43.736 シャアが1人で完敗してるや … 時は流れて一年戦争から7年後、tvアニメ「機動戦士zガンダム」の世界でもアムロ・レイ専用機が登場します。おそらく、ぱっと見て「え? これアムロの機体?」と驚かれること間違いなし! その頃にはシャアのゲルググを、通常のパイロットではありえない距離(ララァさえも、実験の際にはかなりの苦痛を伴った距離)から正確に狙撃する鬼神の如き働きを見せる。 ヤクト・ドーガを駆るギュネイ・ガスを退けるのには成功したものの、サザビーで出撃してきたシャアには圧倒された上に、落下阻止限界点を越えてしまい、5thルナを巡る攻防は惨敗に終わる ラルの駆るグフを退けたものの、その口から「勝てたのは腕ではなくモビルスーツの性能のおかげだ」と指摘され、ここで初めて「あの人に勝ちたい」と、パイロットとして「生き残る」以外の意味を見出した。 アムロはシャアを逃がすまいと脱出ポッドを捕まえるが、シャアにブライト達が行った作戦のおかげでアクシズ落下という目的を果たせると、高々と勝利宣告をされる。 そのララァとは敵同士として戦場で邂逅し、その中でニュータイプ同士としての精神の交感を体験するが、その最中に襲い掛かるシャアに反撃した際、シャアを庇ったララァを戦死させ、さらにララァの死を共感してしまう。 これを偶然聞いてしまったアムロは脱走を決意し、ガンダムに乗って砂漠の大地に消えていった。 救援として駆けつけた連邦士官マチルダ・アジャンより「エスパーか」とも評されたアムロは、ラル、黒い三連星等、数々のジオンの戦士との死闘を経ていつしかニュータイプとしての覚醒を見せ始め、ジャブローでは再びあいまみえたシャアと互角以上の戦いを演じた。 第一次ネオ・ジオン抗争期から引き続き、シャアの行方を追うため内偵活動を行っていたが、ロンド・ベルは旧ハマーン派をはじめとするジオニスト系セクトやそれ以外の反連邦活動の弾圧・残党狩りが目的というその性格上、ティターンズと同様の組織とスペースノイドの多くには認識され、憎悪の対象となっていた。その結果、無策な連邦政府とコロニーの民衆との間で板ばさみの立場を強いられ、シャアの行方を追うことすら叶わなかった。 当時の階級は大尉。既に一人のプロの軍人として立派に成長しており、大人の男として振る舞い、かつてのような神経質さやナイーブさは鳴りを潜めていた。これは自らの在り方や思想に拘泥していったシャアとは対極的とも言える。 そして、最終決戦となったア・バオア・クー攻略戦でシャアの駆るジオングと交戦、両者相打ち(ただしジオングは撃破、ガンダムはAパーツの頭部と両腕、Bパーツの右脚を失う大破)となり、ガンダムは破壊されるものの、最終的に一年戦争を戦い抜く。 シャア・アズナブル ララァ・スン ランバ・ラル クラウレ・ハモン 黒い三連星 マ・クベ これ以降、消息不明となったシャアの居場所を探るべく、数年にわたる内偵を開始する。 その後、シャアから宇宙に上がり共闘することを薦められたが、無重力の感覚への恐怖を理由に固辞している。 劇中での活躍. ジャブローから再び宇宙に舞い戻ってからも、ドレン大尉率いるキャメルパトロール隊のムサイを撃沈し、コンスコン機動艦隊との交戦では、敵艦隊擁する12機のリック・ドムのうち9機を3分で撃破した上に、コンスコンの乗る旗艦チベまでも撃沈して見せた。 なお現在、EXVSでのリボンズの担当声優は『蒼月昇(古谷徹)』と表記されている。, たいていの場合逆襲のシャア版で登場。個性的な味方メンバーを纏めるリーダー役、もしくは経験不足な若いパイロット達を教え導く先輩役として活躍し、他のガンダムシリーズの主人公たちに対して援護攻撃・防御時に専用のセリフを喋ることもある。逆もまた然りで、出自が軍属のキャラ(ヒイロ・ユイ、シン・アスカなど)は「アムロ大尉」、民間のキャラ(ロラン・セアック、キラ・ヤマトなど)は「アムロさん」と呼び捨てにされることは少ない。 「ENTRY GRADE RX-78-2ガンダム」を徹底検証!, MG 1/100 RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版), MG 1/100 ガンダムセンチネル MSZ-006A1 ゼータプラス(テスト機カラータイプ), HG 1/144 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア RX-93-ν2 Hi-νガンダム. ニュータイプへの覚醒 サイド7移民後は、隣家に住んでいた少女フラウ・ボゥとその家族によく面倒を見てもらっていた。また、この時期にペットロボット・ハロを自分で作り上げている。, 劇中でサイド7でのMSの戦闘で当時民間人だったアムロが偶然にも父親が開発したガンダムに乗り込んで操縦し、ジオン軍のザクⅡを2機破壊したのが最初で、その後は愛機ガンダムを駆って多くの強敵たちと渡り合い、ニュータイプとしての覚醒以降はその卓越した能力はなお加速し、シリーズを通して超人的な戦績を挙げた。 なお、この戦闘が歴史上初の実戦におけるモビルスーツ同士の対戦であった。 宇宙世紀0079年9月18日、地球連邦軍の新造艦ホワイトベースを追ってジオン公国軍の巡洋艦ムサイが周辺空域に侵入、コロニー内へのザクⅡ強襲に遭遇する。 RGZ-91 リ・ガズィ これは、あくまで富野が思い描く「ニュータイプの究極像」であるカミーユと比べての評価であり、同時に富野は『逆襲のシャア』のインタビューで「パイロット技術最高はアムロ、ニュータイプ能力最高はカミーユ、精神的なメンタリティの強さではジュドーが強い」とも発言している。 以後の消息は語られていないが、伝説的英雄の生存を信じ続ける者は少なくなかったという。 そのとき観測された光の虹(サイコフレームの共振現象とも言われるが詳細は不明。「人の心の光」とも形容される)が、敵味方問わず「地球への落下を阻止する」という意識の統一を促し、数多のMSがアムロに同調して落下阻止に駆けつけた。 ガンダムの世界において、専用機といえばシャア専用の機体が有名ですが、実は、「機動戦士ガンダム」の主人公でもある、アムロ・レイ専用機ともいうべき機体もいくつか種類があるのをご存じでしょうか? あれ、アムロってガンダムだけじゃないの? とお思いかもしれませんが、劇中はもちろん、設定上でもさまざまな機体に搭乗しているのですよ。そこで今回は、アムロ・レイ専用機を手持ちのガンプラで振り返る企画をご用意しました。, アムロ・レイ専用機といえば真っ先にこのRX-78-2 ガンダムが浮かびますよね。テレビアニメでも初回から搭乗し、以降アムロ・レイ専用機として活躍します。ガンプラもこのファーストガンダムを軸に商品展開をしておりまして、現在発売されているガンプラのフォーマットであるHG、MG、PG、RGシリーズすべてでファーストガンダムが製品化されています。まさにガンプラの基礎となる製品ですね。ではラインアップを見ていきましょう。, 1980年に発売された「1/144」のガンダムのガンプラから35年。2015年にHGUCのフォーマットで「リバイブ」されたガンダムです。2001年に一度発売されたHGUC版と同等数のパーツ数ながら、可動領域は1.5倍以上になり、3枚のランナーで誰でも簡単にグリグリ動くガンダムが作れるということで人気の製品。量販店なら700円台で買えるのも魅力です。, 1/100スケールのMGではすでに3代目となったガンダム。コア・ファイターの変形合体ギミックを持たせながらプロポーションも両立したキットです。本体色のホワイトに2色の色分けがなされていたり、金属感をアップさせるデカールが付属していたりするなど、ハイディテールな製品。筆者的にはかなりオススメなのですが、デカール数が多く、ちょっとゴチャゴチャした見た目になる感じはありますね。RG版はこれの1/144スケールといった感じです。, 以前、いいモノ調査隊でも紹介しましたが、なんと1/48というガンプラ史上最大のスケールの製品で、全長はなんと375mm。圧倒的な存在感ですが、しっかり可動もし、ガンダムらしいポージングもとれるのでディスプレイには最高のガンプラだと思いますよ。, さて、アムロ・レイ専用機というわけではないのですが、初代ガンダムの劇中で、アムロがガンキャノンとガンタンクに搭乗したことがあるのをご存じですか? テレビ版では第16話「セイラ出撃」にて、セイラさんがガンダムで出撃したのをサポートするため、アムロが一時的にガンキャノンに搭乗して出撃します。これなかなかいい戦い方でしたよね。さらに第17話「アムロ脱走」では、命令を無視してガンダムではなくガンタンクに搭乗したアムロが見られます。またテレビ版とは設定が異なる小説版「機動戦士ガンダム」において、マグネット・コーティングを施され、グレー1色の色合いとなったG-3ガンダムという機体にアムロが搭乗します。しかもその後、撃墜されてアムロ死亡になったりするのですが……。これらの機体ももちろんガンプラで販売されています。ほか、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」では肩口にキャノン砲がついたガンダムに搭乗しています。, 【一年戦争時にアムロが搭乗したモビルスーツ】・RX-78-2 ガンダム・ガンキャノン・ガンタンク・G-3ガンダム(小説版「機動戦士ガンダム」)・ガンダム(「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」版), 時は流れて一年戦争から7年後、TVアニメ「機動戦士Zガンダム」の世界でもアムロ・レイ専用機が登場します。おそらく、ぱっと見て「え? これアムロの機体?」と驚かれること間違いなし! その名もディジェ。設定ではリック・ディアスという機体をベースに設計されたモビルスーツで、第35話「キリマンジャロの嵐」でシャア、カミーユを助けるためにディジェが登場します。ガンダムとはおよそほど遠いデザインは、ジオン軍のモビルスーツをほうふつとさせます。そんなディジェが、2018年12月にHGUCとして発売されました。最新技術のガンプラでディジェを堪能できる日が来るとは! ほか、ディジェはRE 1/100シリーズでも発売されています。ディジェは最新作「機動戦士ガンダムNT」でもグレーの機体が登場します。, グリーンのカラーにどっしりとしたデザイン。背中の独特のフィンのデザインもディジェならでは。劇中ではこれにアムロが搭乗し、カミーユのZガンダム、シャアの百式とともに戦います。キットは最新技術を駆使したガンプラになっており、可動の優秀さはもちろん、組みやすく、ポージングも決まってとてもよくできています。, 「機動戦士Zガンダム」では、アムロはほかにもリック・ディアスに一時的に搭乗しています。再び戦いに身を投ずることになったアムロの決意ともとれるシーンが印象的でした。ただその前は、ガンダムMk-IIにカミーユを乗せて自分が乗れないということに、ちょっといじけていたシーンもありましたよね。テレビアニメ版「機動戦士ガンダムZZ」にアムロは登場しませんが、小説版ではシュツルム・ディアスというモビルスーツに搭乗し活躍するシーンが描かれています。その後劇場版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に続く過程で、いくつかのモビルスーツにアムロが搭乗したという設定があるようです。, 【グリプス戦役〜第一次ネオジオン抗争時代にアムロが搭乗したモビルスーツ】・リック・ディアス・ディジェ・シュツルム・ディアス(小説版「機動戦士ガンダムZZ」)・ΖプラスA1型 (ガンダムセンチネル設定)・Ζガンダム3号機 (全天周映画「ガンダム新体験 -0087- グリーンダイバーズ」 ※搭乗者がアムロだと明言はされていません)・Ζガンダム3号機A型 ホワイト・ゼータ(OVA「GUNDAM EVOLVE../9」 ※同上), 劇場版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」にてアムロが最初に搭乗するモビルスーツです。Zガンダムから変型機構を排除したいわば量産機のようですが、劇中で見られるのはこの1機だけ。しかも劇中ではギュネイに「ガンダムもどき」などと散々罵られているのが不遇ですな。劇中後半ではアムロに代わりケーラ、チェーンが搭乗しています。キットはHGUC、MG版が発売されていますが、かなり古く、再生産もあまりないので市場には定価で出回っていることが少ないです。, このリ・ガズィに乗る前に、「ジェダ」というジェガンもどきのMSにアムロが乗ったことがある、という資料があるのですが、ガンプラ展開はありません。小説「機動戦士ガンダム ハイ・ストリーマー」に登場します。, 「逆襲のシャア」でアムロ専用機となるガンダムです。ようやくアムロにガンダムが戻ってきました。アムロ初となるファンネル搭載型モビルスーツで、アンシンメトリーの形状が当時斬新でした。2018年にNHKで行われたガンダム総選挙のモビルスーツ部門で堂々の1位を獲得した人気のモビルスーツです。キットはHGUC版、MG版、MG Ver.Ka版などが発売されており、いずれも秀逸な出来。今回はHGUC版とMG Ver.Ka版をご紹介しましょう。またキットではνガンダムをフルアーマー化した「νガンダム HWS」もHGUC版で発売されてます(2019年2月再生産)。, 1/144スケールながら、この時代の大型モビルスーツに合わせてボリューム感もある秀逸なキットです。, 以前、いいモノ調査隊でも紹介しましたが、発売から7年がたってもいまだに神キットとして根強い人気を誇るガンプラです。独自の解釈で搭載されたサイコフレームの露出ギミックや、マーキングデカールのスタイリッシュさもνガンダム好きにはたまりません。, νガンダムのバリエーションの1つで、小説版「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場するアムロ専用機。オリジナルのνガンダムとはファンネルの位置やカラーリングが異なります。キットはHGUC版、MG Ver.Ka版が発売されており、こちらもνガンダムに負けず劣らず秀逸なガンプラです。, さきほどご紹介したHGUC νガンダムをベースにしており、パーツ構成や組み方もほぼ同じ。大きく異なるのはバックパックとフィン・ファンネル周りです。可動するフィン・ファンネルは2基のみ。またビーム・ライフルやニュー・ハイパー・バズーカは設定色と異なるので塗装が必要になります。, νガンダムと並べて。どちらも格好いいですが、個人的にはやはりνガンダムが好きですね, いかがでしたか? 実はアムロもシャアに負けず劣らずいろいろな機体に搭乗していることがわかりますよね。設定や小説にのみ登場するモビルスーツを合わせると、本記事では網羅しきれないほどいろんな機体を操ってきたみたいです。特にディジェのスタイリングは当時度肝を抜かれました。アムロがどんな思いでディジェのコックピットから、Zガンダムに搭乗したカミーユを見ていたのか心中お察しいたします。個人的にはお金と余裕があるならMG Ver.Ka版のνガンダムをぜひ一度組み立ててほしいと願いますが、HGUC版のνガンダム、Hi-νガンダムもとても出来がいいので、試してほしい次第です。あとはメガサイズのガンダムの迫力を感じながら飾ってほしいですね。, 「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。, ※情報の取り扱いには十分に注意し、確認した上で掲載しておりますが、その正確性、妥当性、適法性、目的適合性等いかなる保証もいたしません。